10月23日(月) DP21時-22時
 10月24日(火) DP21時-22時
 10月30日(月) DP21時-22時
 11月6 日(月) DP17時−19時 17時です注意
 11月7 日(火) DP19時−21時
 12月5日(火) DP21時-22時
 12月12日(火) DP21時-22時
 12月26日(火) DP19時−21時
 12月30日(土) DP17時−19時 17時です注意
 1月9日(火) DP21時-22時
 1月11日(木) DP21時-22時
 1月16日(火) DP19時−21時
 1月29日(月) DP21時-22時

 スキンダイビング練習会スケジュール表 DPはダイビングプールの略です。
 問い合わせ申し込みは suga@suga.name  まで、 フェイスブックのメッセージでも可です。
勤めの帰りにちょっと練習する方が増えていますので、21−22時をできるだけ予定に入れています。21−21
の時間帯は 遅刻すると入場できませんので、必ず21時までに来てください。
※フィン、マスク、ウエイトのレンタルは1点 500円とします。必ず事前にご連絡ください。

 練習は商業ベースの講習会ではなく、自己責任による練習とします。軽度の怪我などのために、スポーツ安全
保険に加入していただきます。年間2000円です。申し出があれば、初心者対象の簡単なコーチングは行いま
す。


 下の注意事項をお読みください。

スキンダイビング練習会  
    

それぞれが自己責任で練習していただく練習会です。安全管理について、完全を期して責任を負う事はできま
せん。以下の注意事項を守ってください。

ごく初心者には、指導も致しますが、基本的に講習会ではありません。短い時間のみです。さらに上達したい方に
ついての講習は、岡本美鈴【フリーダイビングの日本記録保持者で、スキンダイビング・セーフティの共著者で
す】の講習レッスンを紹介します。

  ☆ブラックアウトと、溺れ防止について。

 ブラックアウトとは息こらえによる失神です。

@ブレイクポイント(苦しさの限界)を超えないでください。苦しくなく、潜れる範囲で楽しみます。
 ※ハイパーベンチレーションが、BOの原因になります。やらないようにしてください。

Aスタティック 静止して息を堪える練習はしないでください。

B25mの壁をターンしないでください。プールの斜辺を泳がないでください。(ターンされる練習をされる
場合にはコーチに申し出てください)


 Cスキンダイビングもバディシステムが原則です。できるだけ複数のグループでお申込みください。単独
でおいでの場合には、主催者の監視の目が届くところに、泳ぎを限定するよう、お願いする場合がありま
す。


 D主催者も水中にいて、できるだけ見回していますが、眼の届かないこともあります。お互いに注意して見
守っていて、おかしな動きがあったら、すぐに声をかけて、水を飲まないように顔を水面に出させて、(顎を
引き上げるようにして)プールサイドに連れ帰ってください。


 ☆健康管理について、
 この練習会では、健康診断書の提出は求めていません。健康管理については、すべて自己責任であり、
高血圧、心臓など循環器に関わる障害による事故など、一切の管理責任を負うことは出来ません。

 高血圧の方などは、医師との相談の上で参加されているものと考えます。

 安全のためのテキストとして、「スキンダイビング・セーフティ」を作りました。
 この練習会では、座学に類することを一切やっていません。必ずお買い求めください。 
2000 円です。

 プールでの受付の時 あるいは suga@suga.name にメールで申し込み、お求めくださ
い。サイン致します。

  辰美国際水泳場へのアクセス辰巳駅と新木場駅からシャトルバスが運行しています.。
 練習会の考え方
 人間が幸せを感じるのは、自由を感じる時、言葉を変えて言うと、自分の思い通りに物事が運んだ時、
でも、この世の中、特にこのごろは、自分の思い通りに物事は運ばない。ほとんどの時が不幸せです。
  そんな時、自由な空間、いや水間で自由に飛ぶように泳げると、その時だけかもしれないが、自分をく
びきから解放し、大きな声で、「自分は自由だ。フリー!!」と叫ぶような気持ちになる。それがスキンダイ
ビングだと思っています。

参加についてのお願い。決まり。
練習会・問い合わせ、申し込みのメール  suga@suga.name 

    申込メールの返事が届かない場合でも、会員の方は、そのままおいでいただければ対応できます。   
   スキンダイビング・セーフティ    成山堂書店 刊

スノーケリングからフリーダイビングまで、

 素潜りすべての技術、安全確保について、
 安全についての注意は口で語ってもわかってもらえません。練習会が事故なく楽しく続けて行かれる事を願って作った本です。

 岡本美鈴 フリーダイビング競技 水深92mレコードホルダー
 千足耕一、東京海洋大学准教授
 藤本浩一 東京海洋大学准教授  フリーダイビング生理学研究
 須賀次郎
 4人共著で書きました。 6月22日発売
 日本潜水会の練習会においでの方は必ず買ってください。 学科講習に類することを一切やっていませんので
 アマゾンからも買えます。 
 
     須賀次郎の潜水
      略歴     仕事

 ブログ どこまでも潜る スガジロウのダイビング  。

 特定非営利活動法人:日本水中科学協会 の代表理事をやらせていただいていま
     

   事務所 135−0046 東京都江東区 牡丹3−9−1 第一グリーンハイツ 301号
    ファクス 03−3820−6782  地図  mail は、 suga@suga.name

『jack2009さんに、wikipediaに掲載する事を許可しています』

 2015 年の回顧
 2014年の回顧
  2013年の回顧
 2012年. ウエアラブルカメラ の一年
東京港水中生物研究会
日本水中科学協会が発足して、その申請行事になりました。申請名簿の
都合上参加は,日本水中科学協会会員、とさせていただきます。月例で最
終日曜日です。 問い合わせは suga@suga.name まで。
2012年3月ー11月、お台場に沈設された人工魚礁(人工浅場)の観察記録

 潜水の年表                   リンク
「どるふぃん」の時代
  1957−1964  
  日本潜水科学協会機関誌「どるふぃん」による。
 ソロ・ダイビングとバディシステムについて、ブログに発表した原稿をこちらに移しています。
 
 特集
   SAI 2008 関東学生潜水連盟各大学クラブ トレーニングマニ
ュアル
1968年のダイビング