「ハイスクール1968・四方田犬彦」読み終わった。団塊の世代が高校生活を送った時代にあたっていて、大学封鎖と高校でも反体制運動が高まっている1968から1971年までの著者の高校生活三年間を書いている。この人の本を他に読んでいない。知ってもいなかったがもっと読んでも良いと思った。

 三宅島の宿で読んでいたら、同行した小久保博士が、売れている本ですねと言っていた。彼が読んだかどうかは知らない。けっこうごちゃごちゃした内容なのに、スムースに読了できた。その時、本屋に並んでいた「1968 世界が揺れた年・マーク・カランスキー」も一緒に買ってしまった。こちらは、その時の世界の情勢を書いていて、まだこちらは、読み始めていない。

 ところで、1968年の僕は?

1967  昭和42年  12月 日本潜水会創立
1968  昭和43年  (関東学生潜水連盟創立      小笠原変換協定)
1968  昭和43年  (7月雑誌「ブルーゾーン」創刊 編集発行人 野尻 純康)
1969  昭和44年  6月(株)スガマリンメカニック設立
1969  昭和44年  ロレックス杯水中スポーツ大会
1972  昭和47年  全日本潜水連盟設立        沖縄日本復帰
1972  昭和47年  水中写真の撮影 出版

 1967年12月に、日本で最初の指導団体であった日本潜水会を設立し、1968年には、つい先頃、3月に創立40年パーティをやった関東学生潜水連盟が創立されている。

 日本で最初のダイビング専門誌、ブルーゾーンが創刊されたが、1号出しただけでつぶれた。よく32号雑誌というが、2号も出せなかった。

 1969年には、サラリーマン生活に終止符を打ち、東亜潜水機を退社して、自分の会社 スガマリンメカニックを作った。やはり激動の時だった。

 もしかしたら、1969年の3月ごろだったかもしれないが、1968年だったと思う。頭に浮かぶ出来事がある。

 日本潜水会は、NAUIと提携しようとしていた。当時のNAUIの代表であった田口哲と仲良くなり、二人で今後の日本のダイビングを作ってゆこうと誓い合ったのだ。日本潜水会の創立者の一人である浅見国治は、彼の勤務先であった日本アクアラングの命でアメリカに留学し、日本人でNAUIのインストラクターになった第一号であった。そのため、日本潜水会の教育指導プログラムはNAUIに近いものになった。また、日本潜水会の会議には、NAUIの田口哲君と、大島君も来ていて、無理な合併ではなかった。

 教育指導プログラムを整合させるための勉強会を僕と田口君が講師になって、新宿の厚生年金会館で開いた。時間無制限の勉強会で、午後の2時ぐらいから初めて、夕食をはさんで、延々と、夜の11時過ぎ、終電が無くなるという時間まで話をした。もっとも、聞いているメンバーの半分は眠ったり起きたりしていたが、講師の二人は話し続けた。

 11時過ぎ、外に出ると、学生のデモで、新宿の街は騒然としていて、僕たちも警官につかまった。デモの流れだとみなされるほど、みんな若かったのだ。ダイビングの指導に夢と理想があった。

 日本潜水会は、関西潜水連盟、中部日本潜水連盟、それにPADI潜水指導協会もいれて、全日本潜水連盟を結成した。NAUIは、日本潜水会とならば、合同するが、全日本潜水連盟には加われないということで袂を分けることになった。

 田口君は、やがて、NAUIとともにやっていたクレッシイサブの代理店の倒産で、北海道に去り、淡水魚の写真家として大成した。

 僕は、ダイビングの指導と、海での撮影、調査と三又をかけて、歳月を送り、全日本潜水連盟については、継続のための妥協だけがあり、夢も理念もすり減らしてしまっている。しかし、人間、完全に倒れて前に進めなくなるまでは、立ち上がらなくてはいけない。もう一度、あの時、1968年の厚生年金会館での勉強会のエネルギーを取り戻さなければ、生きている価値がない。

今、スクーバダイビングが、日本に入ってきた1953年から、今までの僕のダイビング生活を本に書きなおしている。
 書いていて、何か後ろを振り返ることが恥ずかしい。いつも前を向いていなければいけないと筆が鈍る時がある。1968を読んで、自分の1968を思い起こし、後ろの時代の自分を見ることで、今日の自分のエネルギーをくみ上げることもできるのだと考え直した。