人工浅場観察報告  

                 特定非営利活動法人 日本水中科学協会

                           須賀次郎

 この人工浅場(一般的な名称は人工魚礁)は東京都港湾局が設置したもので、港湾整備部環境計画係が担当している。公式な名称は人工浅場だが、ここでは一般的な名称、人工魚礁と呼ぶ。

 高さ2.0mのものと、1.0mのものが、各1基。 縦1.2m、幅1.0m でブックシェルフのように3段になっていて各段に牡蠣殻をつめた円筒状の金枠が5本ずつ並べられている。

設置位置は水深3mであるが、干満差が1m以上ある。砂浜からの距離はおよそ40m、冲に向かって右側の岸からはおよそ10mの位置にある。


図示するように、お台場海浜公園の北側の隅の部分であり、北駐車場の横である。

この15年来観察を続けている水域(淡い茶色部分)の真ん中あたりに人工魚礁が沈設された。

ダイバーは、右側の矢印からエントリーして、直前の砂地、および石垣の下水深1−2mの転石のあたりを観察撮影していた。この転石はカニなどの隠れ場になり、またマハゼ、トサカギンポなどが集まっており、石にはマガキが付着していて生物が豊富である。

図、および下の写真(左)に示すように、転石から斜面になって深くなり、水深3mあたりで平坦になった部分に人工魚礁は設置された。赤い旗が目印となっている。

東京港水中生物研究会としては、月例(毎月最終日曜日)で行われる研究観察撮影会で、港湾整備部環境計画係に協力する形での観察対象とする。

 

 撮影の方法は、現在テスト中の新しい手法であり、水中実質130度の超広角カメラGoProをマスクマウントで使用して、ダイバーの視野のほとんどを撮影している。これは、濁って視界の悪い水中でも効果的である。また、別に手持ちカメラを持ち、透視度の2分の1―3分の1程度の距離に接近して撮影している。3月25日から、11月25日まで、月例で9回の調査を行った。来年の2月で、1年、12カ月になるので、もう一度まとめるが、その前の中間的なまとめである。

 

第一回調査 3月25日

水温は14度と低く、透視度も1m以下であり、人工魚礁の全貌を撮影することはできなかったが3月上旬の沈設だから、まだ沈設したばかりであり。付着生物も見られず、魚も寄っていない。

 

 

 

第2回調査 4月29日

例年、4月になるとメバルの稚魚が出てくるので、予期していたが、人工魚礁の内外に蝟集している。

なお、岸近くに岩の間にも数尾のかたまりが、散見される。

水温は17.8℃、ダイブコンピューターによる記録。

透視度はおよそ1m強である。

棚の上段には、アカオビシマハゼが数尾見られ、エビの類(ユビナガスジエビ?)が散見出来た。

付着生物としては1cmほどのユウレイボヤが出てきた。

 

第3回調査 5月27日

 

http://pds.exblog.jp/pds/1/201205/27/59/b0075059_2135298.jpg

http://pds.exblog.jp/pds/1/201205/27/59/b0075059_21365327.jpg

 茶色く濁っているが、それでも1.5mぐらいは見えて、1眼レフで撮影した。

http://pds.exblog.jp/pds/1/201205/27/59/b0075059_21423397.jpg

 ユウレイボヤが急成長し、メバルも少し大きくなった。

http://pds.exblog.jp/pds/1/201205/27/59/b0075059_2139850.jpg

http://pds.exblog.jp/pds/1/201205/27/59/b0075059_21395725.jpg

午後、赤潮が押し寄せてきて、水面は自分の手も見えない。1000ルーメンのライトを自分に向けても点灯がわからないほど。1m沈んで、人工魚礁に着くと、水面の赤潮が光をさえぎって暗黒だが、ライトの光速部分 は顔を近寄せればわかる。メバルは、魚礁の隙間に隠れているようだ。


第4回 調査 6月 24日

http://pds.exblog.jp/pds/1/201206/26/59/b0075059_7171650.jpg

http://pds.exblog.jp/pds/1/201206/26/59/b0075059_7195137.jpg

透視度は1m、お台場としては普通である。人工魚礁には、メバルをはじめ、すべての魚が消えた。全体として汚い付着生物が覆ってきて、これが、魚やエビなどが嫌う物質を出しているのかもしれない。

岸近くの転石の部分には今年生まれたマハゼが多数いるのに、魚礁の上、周辺には魚はいない。

第5回調査 7月 29日

水温も高く表面では24℃、底では18℃、人工浅場はユウレイボヤもすべて消え、魚も全く見えない。メバルの稚魚はまだ、岸の岩の部分には少し見られるが、先月以来、人工浅場では見られない。ハゼの類も、ギンポの類も、エビも人工魚礁の上には見えない。

牡蠣殻も、筒の金枠も見えないほど、泥のような付着物に覆われている。

 人工魚礁は、3段であったはずだが、2段にしか見えない。下の段は埋まってしまったのだろうか。透視度が悪く、全体像を撮影することができないが。一番下の段は埋まってしまったようだ。





岸近くの転石では、マハゼがだいぶ大きくなって群れているし、アカニシの産卵、イボニシは岩を覆うようにして集まり、産卵している。イシガニも出てきている。

イボニシの卵とイソギンチャク

アカニシの卵

マハゼはだいぶ大きくなり転石の下、あるいはヘドロの海底に群れている。

海底のヘドロは、なぜか、硫黄バクテリアの成長がない。

転石の下のイシガニ、昨年よりも少ない。

 


第6回 8月26日

相変わらず泥のような付着物で気持ちが悪いが、ハゼの一種が人工魚礁の上に居た。マハゼではない。

 

第7回 9月

東京内湾を襲った青潮の影響で、ほとんどの生物、ハゼの類、もちろんギンポの類などの魚も、すべてのカニの類、ヤドカリの類は、死滅したか移動した。生き物の動きは、小さい多分フジツボが触手をひらひらさせているだけである。

人工海浜の砂浜、二枚貝のホンビノスは死屍累々で、こんなにたくさんビノスガイがいたのかと思えるほど、砂の上に体を乗り出して死んでいる。ここからどのように復活してゆくのかを見て行くことになる。

 水は少し硫化水素のにおいがする。にもかかわらず、水泳の大会のような行事をしていた。設置している人工魚礁は、もちろん、魚も、生物も消えていない。硫黄バクテリアがうっすらとしていて汚い印象をうける。

 人工魚礁は、二基とも3段であったが両方とも最下段はうもれてしまっていることを確認した。

 第8回 10月28日

 お台場海域。都会の海、限界的な海の劇的な変遷に驚く。

岩に付着しているマガキも生きているし、アカオビシマハゼもチチブも戻ってきているし、メバルも一回り大きくなって、転石に来ている。無酸素の青潮をどこに避けていたのだろうか。

 透視度もよくなり、気持ちの悪い付着物もやや少なくなりシマイサキの稚魚が群れている。なお、シマイサキの稚魚が群れているのを見るのは、お台場では初めてである。人工魚礁の効果なのかもしれない。

水が少しきれいに(透視度2mぐらい)なると、人工魚礁の埋まっている部分が良く見える。


第9回 11月

透視度も良く、お台場としては最高の3m程度、水温は18度

さらに汚らしい付着物は少なくなり上段ではほとんど見えなくなり、代わりにユウレイボヤ、刺胞動物の付着が増え、シマイサキの群れもメバルも魚礁に入ってきている。ウエアラブルカメラ(着装超小型カメラ)の性能テストも行った。左側がGoPro、右側がソニーである。

明らかに一番下の段は埋没し、2段になっている。

 


中間的なまとめ

2012年沈設直後の3月から、12年11月まで毎月、最終日曜日、月例の調査を9回行った。13年3月までで一年になるので、それからのまとめと考えたが、4-5月のメバルの稚魚の群れ、6月には魚が消え、7月、8月は汚らしい付着物、9月に青潮による生物の死滅、10月の回復とシマイサキ稚魚の群れの蝟集、11月にはユウレイボヤも復活して、人工魚礁の態をなしてきた。一連の劇的な推移が観察されたので、中間的にまとめた。

筆者は、すでに研究者ではなく、これらの水位を学問的に解析することはできないが、研究したい学生などが居れば、都会の海の環境と生物の姿を研究する場として、最適最高だと考える。

このような場を提供できるだけで、この人工魚礁の効果は大きく、価値のあるものだと考える。その意味で、この結果を来年13年3月に行われる沿岸漁場施設の研究会で発表するよていである。

 気になるのは、埋没であり、3段の魚礁が、最下段は埋もれて2段になっている。さらに沈降が続くならば、一段に、やがては消えてしまうかもしれない。しかしながら、お台場海浜公園は、もと貯木場であったことから木の皮が落ちて、その上にヘドロが堆積していることも考えられ、どこかで沈降が止まる可能性もある。そのことがわかるという効果もある。

 

 なお、撮影はマスクにマウントして使用することができるウエアラブルカメラを使用して動画で撮影し、動画から静止画を切り出してこの報告に使っている。プレゼンテーションには動画を使用することができ、12月9日の水中科学協会シンポジウムでは、動画を使用してできる水中撮影調査の一例として発表している。