2014   平成26年の回顧

1月

10日 後藤道夫お別れの会、 12月20日没

 生涯の親友



2014年、平成26年の回顧
 1月
 1月10日、後藤道夫、お別れの会、12月20日没 生涯助けてくれた親友
一緒にした最後の仕事、原発事故、水中でのスペクトル分析装置を製作

 2月

 2月2日 水中科学協会第三回シンポジウム

会 場 東京海洋大学品川キャンパス楽水会館

プログラム
1 南部もぐり(ヘルメット潜水)の伝統と各潜水機実習  
  岩手県立種市高等学校 海洋開発科  下川 顕太郎
                              コメンテーター 須賀次郎

2.中央大学海洋研究部の活動紹介
  関東学生潜水連盟 中央大学海洋研究部
    中央大学海洋研究部  藤島靖久 監督  齋藤慶介 主将 
3 ダイビング事故防止について事故当事者の視点から 田中恒明   
                       コメンテーター 久保彰良
4.レクリェーショナルダイビングと人工魚礁
          独立行政法人水産総合研究センター 
          水産工学研究所 高木儀昌 

5.ウエアラブルカメラ研究会映像作品発表
        コメンテーター  齋藤真由美

 総合司会  早稲田大学先進理工学部 教授 中尾洋一 

 2月22日 法政大学アクアクラブ50周年式典

  校歌斉唱
  潮美、充君 夫婦 僕はその縁で法政アクアと親類です。

 3月

  工藤和由くんと共著の出版。規則改訂があるので、今後の大きいテーマにしてゆきます
 規則は僕達でどうにもなりませんが、テキストの良否は、評論してゆかなくてはいけないと
 思っています。

5月

 5月GWのツアーは、東伊豆 富戸、赤沢、小学生の時からの村上緑は大学生になった。
 隣は、浦安海豚倶楽部会長
 辰巳国際水泳場でのスキンダイビングトレーニングは、毎月4−5回
 この日は空いていて、気持よくフリスビーができた。
 浦安運動公園のプールでは、親と子のスキンダイビング教室を年に2回やっています。 
 4回が1クールです。 これは5月27日
 浦安海豚倶楽部 毎月2回の月例練習です。

 7月
 7月2日−9日、豊潮丸航海、早稲田大学中尾研究室と、今年は日本海周航  僕の背丈が縮んだみたいです。
 ニッポン潜水グラフィティ出版、7月26日石川さんの隅田川花火大会 90冊も売ってもらいました。

 8月


 地中海の旅、中尾研究室 8月29日ー9月6日  写真はジェノア・ポルト・フィーノ

 久保彰良 くんと一緒でした。どこから撮っても形になるダイバーです。

  ポルト・フィーノ


 ナポリの沖合のイスキア島 イスタンブールのグランバザール
 イスタンブールからジェノア・ポルト・フィーノでの潜水、ナポリに移動、ナポリ沖合のイスキア島で潜水、
 そして、イスタンブールから東京へ戻りました。同行は、早稲田大学中尾先生、九州大学宮本先生、早稲田大学、町田くん、久保くんがダイバーで、伏谷先生、奥さん、学生2名でした。

 9月

 26日、白井さん、久保さん、吉田さんのアレンジで、ニッポン潜水グラフィティの出版記念会を開いて頂きました。
120名がおいでになり、古い友人も何人か来てくれました。
 東京港水中生物研究会としてのお台場海浜公園での潜水は、毎月最終日曜日の月例です。
 9月28日は、この年で、一番透視度がよく、生き物も賑やかでした。
 イサザアミのようなプランクトンでいっぱい。
   トサカギンポ
 11月  10−14日 奄美大島中尾研究室の採集 メンバーは中尾先生、町田くん、石橋くん、
須賀でした

 

JAUS 第4回 ダイビング活動(運用)研究シンポジウム

12月7日(日曜) 東京海洋大学品川キャンパス 楽水会館

1.テーマ1 ダイビング運用の安全管理と危機管理 10時〜12時 

「関東学生潜水連盟、50周年を迎え、これからの50年を考える」

発表・パネルディスカッション・フリートーキング

@ 学連のこれまでの歴史と現状の問題点について、: 須賀次郎

ネルディスカッション

 司会 高野修(筑波大学大学院 高度競技マネジメント研究室 研究員) パネラー

@ 学習院大学宮崎雅博、A中央大学藤島靖久、B法政大学OB会長、宮城良和 C2014年度学連委員長、筑紫哲矢(海洋大学)D芝浦工大 足立吉隆、

E日本水中科学協会 須賀次郎

パネルディスカッションの延長の形で会場を含めたフリーディスカッション

2.テーマ2 ダイビング技能と理論 13時30分〜15時(10分の休憩時間を含む)

 「プライマリーコースについての概要」

JAUSの行っている技能講習会であるプライマリーコースについて、講習会の映像を映写しつつその内容、今後について発表

 報告書の内容JAUSプライマリーコースの概要として、その技法(スキル)のすべて

3.テーマ3  水中撮影 15時〜17時 

 報告書の内容: @、水中映像撮影の現在のトレンド A ウエアラブルカメラのマウント B 棒の先に付けたカメラの撮影法 C マスクマウントカメラに寄るイルカの撮影について D ウエアラブルカメラを中心とした撮影調査について、