「どるふぃん」 まで

 
     東京水産大学小湊実習場   1950年代

 誰でもそんな風に思うだろうけれども、一つの仕事、一つの生き方を50年続けたら、その経験とか記憶を若い人たちに伝えよう、指導する仕事に専念しようと思うだろう。まして、僕は、1960年ごろから、ということは、ダイビング生活のスタートの時点から、ダイビング生活の一部を指導という部分に置いていた。不幸にして、生活の糧は指導からは得られず、水中テレビ撮影のカメラマン、そして、水産大学出身だったことから、水産のための水中調査から得て暮らしてきた。ここからは、指導と教育の方向を主体としようと思って当然だろう。

 その折も折、組織の創始者であることから、理事長を務めていた全日本潜水連盟で、会計的な不祥事が起こり、監督責任ということで、辞任を勧告された。理事会では、まだまだ全日本潜水連盟のためにやることもあるので、続投を表明していたが、その後も現在の全日本潜水連盟の首脳を占める人から辞めることをすすめられた。別に理事会で決まったわけではないので、理事会で信を問おうかとも思った。しかし、そんなことをすれば、組織が割れてしまう。辞めることにした。

 そうなると、自分の残りの生涯をかけようとする教育・指導をどのように実現するか。全日本潜水連盟の前身の一つであった、日本潜水会は、指導活動を停止してからも、親睦会として続けてきたので、それを復活させようと思い、仲間に相談した。古いものを引っ張り出さず、新しい技術を若い新しい人たちと始めた方が良い、応援するから、となった。

 何をするか考えは決まっていたのだけれど、その考えに行き着くまでの道筋として、原点にもどって、なぜそうなったかを書こうと、「潜水指導の回顧」というタイトルでブログを書き始めた。何回か書き進んで来たところで、海外へ行くことが2回続き、ブログが中断した。読んでくれる人も、なんだかわからなく意だろうし、書くほうも続けられなくなってしまった。

 そこで、1957年に発足した、日本潜水科学協会の機関紙、「どるふぃん」が思い浮かんだ。これまでの分そして、ここから書く「どるふぃん」のこともホームページに載せて整理しておこうと思い立った。

まず、「どるふぃん」にたどり着くまでの分を

 1953年 米国海軍研究所のロバート・ディーツ博士が千葉県小湊の水産大学実験場で、アクアラングを紹介し、大学の若い研究員に使い方の手ほどきをした。

 日本のアクアラング潜水の幕が開いた。水産についての研究手段、研究の道具として使われることが目的で、幕が開いたのだ。もちろん、水産のためだけではない。海の中、水中で行われる科学的な調査、全てのための道具である。そして、水中撮影という手段もスクーバダイビングと併行するように進歩して行く。水中撮影とスクーバダイビングは、切り離せない一体の手段だと思う。

 日本最初のスクーバ事故

 翌1954年、水産大学の潜水実習で、2名の学生が命を落とした。原因は、あまりにも簡単に潜れたための油断だった。

 その頃まで、水産大学の潜水実習は、ホースで空気を送るマスク式潜水器で行われており、マスク式ならば、事故は起こらなかったはずである。

 ホースに繋がれ、水上からの安全管理が出来るマスク式、ホースにも何にも繋がれず、自由に魚のように泳ぎまわれるスクーバ。水上で管理する教官から見れば、糸の切れた凧のように、どこにいってしまうかわからないスクーバ潜水である。安全管理ができず、すべてダイバー自身で水中で起こる事態を処理し解決しなければならない。繋がれるか、自由かの二者択一の歴史の幕開けでもあった。そして、そのことを、誰も正確には理解していなかった。大多数の人は、今でも理解していないかもしれないのだが。

 二人の屈強な、水泳も達者な若者は、マスク式で泳ぎ出すように、スクーバで泳ぎ出てしまった。
 僕も含めてだが、そのころ水産を目指す若者は、自分の命を海にかけることを美化していた。僕もダイビングをやるようになり、ガールフレンドに、「命をかけているんだものね。」などと言われれば嬉しかった。それ以後の水産の若者たちも、何かの集まりの時に歌う水産逍遥歌などを聞くと、命をかけるような表現が必ず入っている。それがいけないというと、僕は自己否定になってしまう。ずいっとずっと命がけでダイビングをやってきた。しかし、だからこそ、経験の少ない若者、学生、研究者のスクーバダイビングは、厳しいレギュレーションで管理されなければいけなかったのだ。

 日本のスクーバダイビング界は、基準を作り運用することをまず第一に、なによりも第一に考えなければいけなかったのだが、残念ながら、そのようにはならなかった。いろいろな事情がありそうならなかった。その事情を書いて行きたい。
 2007年、東大の研究生が八丈島で死亡事故を起こした。そのことが、僕がこのプロジェクトを始めた一つのモチベーションになっているのだが、その、最新の研究者の事故が、1954年の事故と、パターンはまったく違うが、精神的にはまったく同じであるように思う。何の基準も規定もなく海に挑み、将来のある尊い命が失われた。 

1955年(昭和30年)僕は東京水産大学に入学し、7月の水泳実習で、アクアラングを見る。館山の北条海岸にある大桟橋で、魚類学の海老名教授が、痩せた老骨にアクアラングを背負い、潜って見せてくれた。

「僕たち学生は、大桟橋の上から見おろしていた。夏の暑い日射しの下で、平らな水面にポコン、ポコンと気泡が浮いてくる。眼下の水中を潜って泳いでゆく教授の姿は、気泡が上がるときにはもう数メートル先に進んでいる。そのころ「地球は水の惑星である。海が大部分を占めている。海を拓くことに人類の今後がかかっている」そんな言葉をよく耳にした。僕は、このスクーバを使って海を拓く仕事に一生をかけたい。一緒に下宿していた二人の同級生に決意を語ったら、大笑いされた。そのまま現在まで変わらないで生きている。」

 東京水産大学では、1954年に事故が起こり、55年の潜水実習は中止、1956年に潜水実習は再開されたが、学生はロープで繋がれ、サジッタの上で先生がロープを持つという長良川の鵜飼のような実習だった。

 サジッタとは、大型プランクトンで、矢のような形をしていて、採集してガラスのシャーレの中に放すと、矢のように突進する。だから、和名は矢虫である。大学の実習場の櫓こぎの小さい和船は学生の良い玩具で、とても矢のようには走らないが、どこの実習場でも小さな和船をサジッタと名付けているようだ。学生が海になれるための道具には、この小さい和船が役に立つ。水産大学の矢虫も、僕たちの友達だった。

 ロープで繋がれることは、なんとしても嫌だった。海中を自由に泳ぎたい。嬉しいことに僕たちの1957年の実習からロープで繋がれることは無くなった。



  恩師宇野先生 ほとんど学生と見分けがつかない。

  潜水実習の第一日目は、手押しポンプで空気を送るマスク式潜水で始まった。使ったマスクは、旭式(浅利式)で、厚手のスェーターなどを着込んだ上に上下つなぎの作業服を着る。足には地下足袋を履き、18キロの鉛を肩からかけるようにして腹のあたりに縛りつけ、歩いて海の中に入る。マスク式潜水は水中を歩くのだが、初心者は身体を立てて歩くことなどできないから這う。身体が浮けば水面を泳ぐ。小湊は、千葉県外房海域、アラメ・カジメが優先し、アワビ、サザエ、そしてイセエビの多い豊かな磯だ。波でアラメが揺れる海中林を、水中で呼吸して潜れるので嬉しい。

 次の日からフィンを履いて泳ぐ練習をする。フィンが使えるようになると、潜る練習、スキンダイビングを練習する。

 スクーバの手始めは、潜水台から、サジッタの繋いである小さなコンクリートの桟橋まで、海底にガイドロープを張り、ロープに沿って水中を潜り泳いだ。何かがあればこの小舟に引き上げて助けるように、水面には、櫓漕ぎのサジッタがダイバーの気泡を追尾している。



   僕のバディの原田進

 次には、マスクを付けないで、目を水にさらして、素眼で潜って泳ぐ。人間の目は水中でものをはっきりとは見せてくれない。そして水は眼に沁みる。水に曝された目を守ろうとする陸棲動物の本能がマスクを外すことを嫌がる。嫌だからこそ、慣れていないといけない。
 素眼で潜れるようになると、その延長線上でマスククリアーをやった。
  マスククリアーの次は、一台のスクーバから二人が呼吸するバディ・ブリージングを練習する。もしも、二人のうちの一人の空気が無くなったり、レギュレーターが故障した時などに、水面まで浮上してくるための手段として役に立つ。
  最後の仕上げとして、水中脱着をやる。タンクも、フィン・マスクもウエイトベルトも、全部の装備を水中できちんと並べて脱ぎ、また、素もぐりで潜って行ってこれを全部着けて来る。水中での身のこなし、ウエイトの取り扱い、自分の浮力をコントロールする術を身体で覚えないと、うまく、すばやくはできない。マスククリアーも完全にできなければいけないし、スクーバの基本技術の総仕上げとも言うべき練習だ。サジッタのつないである桟橋の前は、水深が1.5mぐらい、ウツボが驚いて頭をもたげたりするし、お尻を乗せると大変なことになるウニも居るが、水中脱着の練習の場として好適だ。 練習の流れは、2009年の今行われている講習もだいたい同じだ。

 「どるふぃん」誕生

 1957年(昭和32年)1 月 、日本のスクーバ潜水(そのころは、アクアラング、もしくはスキューバと呼ぶことが多かった。)を振興させ、安全性を確立するために、日本ダイビング協会が発足した。

  日本ダイビング協会の機関紙「どるふぃん」第一号の記事「日本ダイビング協会の誕生」を紹介する。

 「本会の創立総会は、昭和32年1月28日、東京都千代田区霞ヶ関の合同庁舎七階ホールで午後2時から開かれたが、これに先立ち記念行事として正午から霞ヶ関の科学技術庁前プールに於いて水中器材の展示会及び潜水の実演が行われた。参加メーカーは潜水科学研究所、旭潜水研究所、東亜精機、伊藤精機、川崎航空機、東亜潜水機、大同物産の各社で、各社の誇る潜水器、高低圧コンプレッサー、潜水服、水中カメラ等日本の代表的器材が集められ、数百の参会者の眼を驚かせて熱心な質疑が交わされたのであるが、日本で初めての水中器材展覧会として誠に意義深いものであった。中略

 午後1時よりプールに於いて潜水の実演が行われたが、水温5.5度C、手の切れる様な冷水中でドライスーツに身を固めたスキュバダイバーが軽快な妙技を見せれば、一方からは軽便マスク式潜水器が活動を始め、テレビ・ラジオ・新聞等各報道陣はここを先途とにぎやかに活動を開始した。特に我がダイビング・クラブの発足を祝して特別出場した厚木基地の米海兵隊潜水クラブの面々4氏による強力な水中銃の発射やアクアフォーンによる水中会話が注目を惹き、NHKの水中マイクに向かって水底から習い覚えた日本の歌を放送して爆笑のうちに実演を終わり、会場は合同庁舎7階のホールに移った。」

 東京水産大学の佐々木忠義先生、猪野峻先生(当時、東海区水産研究所)そして、潜水研究所という会社を作っていた菅原久一氏、旭潜水研究所(旭式マスク)の佐藤賢俊氏らが推進力となっていたように見え、水産大学の若手の先生、宇野寛先生(私の恩師)、神田献二先生、他、以後この協会の中心になって行く人たち(とても名前を挙げきれない)も加わっていた。私は発会式の場で会員になる申込をして学生会員の第一号になった。

 日本ダイビング協会は、すぐに日本潜水科学協会と改名し、やがて社団法人 海中開発技術協会になり、そして最期には(社)レジャー・スポーツダイビング産業協会になる。 私的には、学生会員の第一号、そして、普通の会員になり、やがて理事になり、最終的には意見が合わずに辞任に至る長いつきあいのはじまりであった。

 この年、1957年春、ダイビング協会が、クストーの映画「沈黙の世界」の特別上映会を行った。この時、ゴム合羽のような完全密閉型のドライスーツを着て、フィンを履き、日本ダイビング協会のプラカードを持って、有楽町を歩いていた男が居る。生涯の親友になった後藤道夫だった。

 僕は抜群の記憶力があると自負していて、出来事を書き留めておく習慣が無かった。今、すべて忘れてしまっていて、後藤道夫が書き留めておいたメモに助けられている。 

 後藤道夫の行動メモ

 1955年・昭和30年

 5月 はじめてアクアラングを葉山で見た。

 6月 菅原久一氏と会う。

 7月〜10月 江東楽天地プールなど都内プールでアクアラング独習

 12月、米国空軍の軍人と葉山で潜る。

  これだけ書いてくれていたおかげで、そのころの様子がわかる。

 江東楽天地とは、錦糸町にある映画館街で、その中に屋内温水プールがあり、スクーバダイビングをやらせてくれた。やがて、アクアラングの死亡事故がそのプールで起こり、使えなくなってしまった。その事故の詳細は記録がないので不明である。

 江東楽天地は、3月9日の東京下町大空襲で、たくさんの遺体を埋めた上に建設したので、その祟りだろうなどとうわさしあった記憶がある。

 さらに後藤メモによれば、

 1956年・昭和31年

 3月 菅原久一氏 叶水研究所創立 入社する。

 5月〜毎週末は湘南海岸、主に葉山で潜水

 偶然に、後藤がアクアラングで葉山で潜っている時に、彼に出会っている。
 その頃、水産大学の校舎は久里浜にあり、通学生の僕は、鎌倉に下宿していたのだが、学校からの帰り、たびたび途中下車して、葉山の磯に採集に行っていた。

 磯を見渡すと、磯の沖方で、アクアラングを使っているらしい人影が見える。磯伝いに歩いて近くに寄って行った。私と同じ年配の若者が二人、ボンベを背負って水に入ろうとしている。潜水しようとしている二人の他に、もう一人、立って見張りをしている若者が居る。少し太っていて、眼鏡を掛けている。彼に聞いて見た。「アクアラングだね」「そうだよ、命がけなのだから」眼鏡の彼は佐藤光三で、後にウエットスーツのメーカーになる。今まさに水に入ろうとしているのが、後藤道夫とその弟の後藤勇輝君だった。

 その、1956年・昭和31年ごろ、葉山の磯でアクアラングを背負って、海から上がってくる外国人を見た人が多い。後藤道夫も空軍のアメリカ人と葉山で潜ったとメモしている。日本にアクアラングが入ってきたルートの一つはすでに述べた東京水産大学のルート、これを公式のものと考えているが、アメリカ人が持ってきたルートもあり、それが、葉山の海だった。

昭和31年ー32年、1956ー57年頃の葉山の磯の写真を全然持っていない。特別のことが無いと写真を撮るという習慣が無かったのだ。

 写真が無ければ、自分の知らせたいと思うことが伝えられないとなると、僕のものを書く能力は、すごく低い。昔はそんなことは無かったのにとまた愚痴になってしまう。

 写真なしで葉山のことを書こう。

 東京の近くにすんでいる人ならば、ダイバーでなくても葉山のことは良く知っていると思う。東京から横須賀方面に向かうJRに乗る。今、僕はほとんどこのJRに乗った記憶がない。横須賀には良く行くのだが、地下鉄と乗り入れている京浜急行に乗ってしまう。JRに乗ると、横浜、戸塚、保土ヶ谷、大船、北鎌倉、鎌倉、そして逗子、次が田浦、横須賀、衣笠、終点の久里浜だ。僕が入学した東京水産大学は、そのころ久里浜に校舎があった。水産大学は、その前身である水産講習所が全寮制であったから、学校当局としては全寮制にしたかったのだろうが、寮にキャパシティが無くて、東京、神奈川出身者は、家から通学することになっていた。

 寮の生活は、四年生は神様、三年は人間、二年は召使、一年生は奴隷という階級制度が敷かれている。僕が入学した時、品川校舎が出来て、四年と三年は品川、二年と一年が久里浜と二つに分かれた。久里浜では、二年生の神様と一年生の奴隷の二階級制度になった。

東京でわがままに育った僕としては、奴隷制度には耐えられそうも無かった。全寮制でなくて良かった。
 しかし、毎日、東京から久里浜まで通うのはつらい、片道2時間半、往復で5時間である。僕は古都鎌倉に下宿した。鎌倉ストーリーに脱線すると葉山に到着できなくなる。
 鎌倉から、久里浜の間に逗子がある。水産大学に入学し、部活動として、運動の方は、中学高校と続けてきたバスケットボール部に入った。背も高くないし、まあまあのプレーヤーではあったけれど、身長165センチでは、天才でないと、通用しないゲームだ。僕は天才には程遠い。バスケは義理でやって、文化部の水産生物研究会という部に入った。潜水部は、その後に僕が作ることになるので、まだ無い。
 鎌倉にも海はある。海水浴場として名高い砂浜だ。葉山には、広大な磯が、浜から沖に向かって広がっている。水産生物研究会とは、磯で魚の採集をしたり、貝の採集をしたり、する。つまり研究をするわけだ。逗子の駅に集まって、先輩が葉山の磯に連れて行ってくれる。神様と奴隷の身分制度を書いたが、水産生物研究会の先輩は、、田中那三先輩を良く覚えているが、とても優しかった。潜水部を作る時に一緒に仲間になってもらった竹下先輩も、橋本先輩も、イルカの研究で名高くなり、最後までお世話になった鳥羽山先輩も一級上だが、本当に優しくて、それも、生涯を通して優しくしてくれた。
 水産大学の先輩後輩の関係を奴隷制度と見たのは、僕のわがままな目で見た誤解だったのだろうか。

 

 東京水産大学潜水部誕生

 昭和32年(1957)夏、一級上の竹下徹先輩、橋本康生先輩を引き込み、バディの原田進、一級下の浅見国治、遠藤徹、等とともに、東京水産大学潜水部を作った。大学潜水クラブの第一号である。顧問は、潜水実習の教官であった宇野寛先生である。先生に僕は生きることの全てを教えられた。潜る事、水中写真を撮ること、調査して報告書を書くこと、僕が、潜水生活を送るために必要だった全てである。



  そのころの宇野先生 ほとんど学生と見分けがつかないが、怖かった。

 「須賀君、スキューバは、セルフコントロールなんだよ。」 self contained ですと言おうとしたが、後で辞書をひいてみたら、コンティンドは、コントロールの意味もあった。

 「須賀君、潜水はサイエンスなんだよ。」とも教えられた。ダイビングをサイエンスとしなさいということなのか、サイエンスのための道具なのか、多分、ダイビングは科学であり、科学としてアプローチしなければいけないと教えられたのだと思う。

 先生を顧問にした潜水部は、今年2009年、1月、50周年の記念パーティを開いた。先生は健康を害されていて、おいでいただけなかった。


 昭和33年(1958)8月5日〜31日、潜水科学協会は、三越本店屋上に大水槽を置いて、アクアラング・スクーバを広く一般の人に見せ、普及しようとするイベントを行った。 直径3m、深さ3mのアクリル製円筒形のプールが日本橋三越本店屋上に運び上げられた。水を入れたならば、屋上の底が抜けて、三越本店が水浸しになるのではないかと心配されたが、大丈夫だった。考えて見ると、ずいぶん冒険的な試みだった。
 実験公開と言ってもただ潜って見せるだけだ。アクアラングは見世物になるくらい珍しかったと言える。学生会員第一号であった僕は、見世物になって三越に通った。他にも見世物になりたいダイバーはたくさん居たのだが、何とかしてたくさん出られるようにがんばって売り込んだ。
 見世物は、二人で一つのレギュレーターから交互に呼吸するバディブリージングと水中脱着だった。

 一日に4回、ショウを繰り返すから、これで水中脱着に習熟した。習熟とは、眼を閉じていても手探りで楽にできるほどまでに熟達することである。

 水中脱着の習熟には、スクーバダイビングの基本技術の全てが含まれている。この展示への出演で、水中脱着に習熟したことが、僕のスクーバダイビング技術の基本になった。だから、その後も僕の教える講習は、水中脱着が中心になった。今、2009年でも水中脱着が中心である。そのルーツは、1958年の三越本店屋上にある。

目次にもどる