編集 | 削除

 

 どるふぃんの第一号 1−1は、1957年のFEB、2月になっている。僕は、この1957年の第一号を持っていない。学生会員になったから、もちろん持っていたのだが、度重なる引っ越しで、紛失してしまった。
 仕方がないので、借りてきてスキャンした。だいぶ前のことなので、スキャナの性能が悪く、文章がほとんど読めない。
 
 表紙をみると、「日本ダイビング協会」とある。発足した時は日本ダイビング協会で、その後、日本潜水科学協会に改名した。
  

 第一号なので、協会便りのページに役員が紹介されている。
  会長は、水産大学教授で、後に学長にもなる佐々木忠義先生だ。この人の政治力はものすごく、フランスに強い。
  アクアラングの創始者であるジャック・イブ・クストーは、知っての通りフランス人である。今でもそうだが、スクーバダイビングにつながる水中科学では、フ ランスが先進国である。後にアメリカが追い付き追い越すが、1957年には、まだまだフランスに遠く及ばない。そのフランスに強い佐々木教授が会長であ る。
  副会長は、太平洋炭鉱の社長である永淵氏、学生であった僕は面識が無いが、太平洋炭鉱は、海底で炭鉱の探査を行っていて、そのころ唯一、 産業にアクアラングをつかっていた。もう一人の副会長が猪野峻先生、アワビの発生の研究で世界的な学者で、このときは水産庁の東海区水産研究所そのしばら く前は水産大学の教授であった。僕の間接的な師匠であり、ずいぶん後になって、猪野先生が海中開発科学協会の会長時代に、僕は、現在神奈川大学教授の関邦 博先生と組んで、世界水中連盟、CMASを日本に持ってきた。この周辺のいきさつについては、今は、悔恨だけが残っている。その時に、猪野先生の名前を借 りた。先生のネームバリューで日本のCMASが出来た。猪野先生は、潜水も上手で、素もぐりでは、僕といい勝負だった。
 専務理事に水産庁の曽根 さん、この人は知らない。そして菅原久一氏がいる。後藤道夫の潜水の師匠であり、そのころ、日本でまだ一軒だけだったアクアラングダイビングショップ?で ある潜水研究所をお茶の水のニコライ堂の前あたりに構えていた。菅原さんがまとめ役になって、この協会ができた。だから専務理事である。
 後に僕 と関わりができるようになる理事は、東京歯科歯科大学(後に埼玉大学)の梨本一郎先生、旭式マスクを開発した旭潜研の佐藤賢俊社長、大同物産の渋谷武之丞 社長、この人は、海上自衛隊のために、日本で最初にアクアラングをフランスから輸入した人である。もと海軍の大佐だったかで、そのコネで、アクアラングに 手をつけた。後にこの渋谷さんと組んで、国際アクアクラブを作り、それが、現在の神奈川県スクーバ協会になる。僕のことをずいぶんかわいがってくれたのだ が、僕は、軍隊の将官級の人は、敗戦で切腹するべきであり、切腹しなくても世の中に出てくるべきではないという超過激な考えを持っていて、最後まで突っ 張っていた。それでいて、一緒にたくさんの仕事をさせられた。やはりすごい人だった。国際アクアクラブでは、兵隊の位で言うと、渋谷氏が将官、今はない、 神奈川県スクーバ協会の会長高島氏が佐官、僕は中尉ぐらいだったと思う。
 本当にすごいメンバーで、日本のアクアラング潜水はスタートした。
 それが消え去ってしまう状態を、ドルフィンを追って行きながら述べて行きたいが、時計の針は、元に戻らない。

1−2号で興味を引いたのは、「太平洋炭鉱におけるアクアラングの利用状況:永淵正叙・佐藤進」である。これで見ると協会の副会長になった永淵さんは社長 ではなくて地質顧問という肩書きになっている。佐藤さんは、地質調査係員である。佐藤さんとは、お目にかかってお話をしたことがある、ような気がするが、 50年前のことだ。
 太平洋炭鉱は、北海道釧路の沖に海底鉱区があり、この会社の当時の掘り出し量86万トンの石炭のうちで、80万トンが海底下 の鉱区から掘り出されている。海底と言っても、潜水器を使った潜水での掘り出しでは無く、陸上の炭鉱が海底下にのびている。太平洋炭鉱にとって、海底の地 質調査は、重要であり、従来のヘルメットダイバーの調査結果を間接的に聞くことよりも、調査員自らが潜水することが要求される。アクアラングが無い時代に は、研究をする調査員自身が潜ることはできなかった。
 そこでアクアラングを入手し、訓練をする

  「昭和28年(1953)東京の新聞に須田・ディーツ両博士がアクアラングを天皇陛下にお目にかけている写真がのっていた。8月下旬両博士同道で釧路鉱業 所(太平洋炭鉱の)を来訪し、Dietz博士が南カリホルニアで撮影した天然色海中写真を2回も公開し、炭鉱人市民を魅了した。さらに10月にはスクリップス海洋研究所の海洋調船ベアード号が函 館に入港した際、佐藤は同船上でアクアラングを着装してみる機会に恵まれた。
 こんなわけで当社は、翌29年6月、東興物産(当時の大同物産・渋 谷さんが社長)へフランス製アクアラング及び付属品一式を注文し、やっと11月ごろになって現品が到着した。何しろ釧路の海は波が荒く、透明度が低いから 果たしてアクアラングが役に立つかどうか疑わしかったので、さしあたり一組だけ注文したものだった。今にして思えばまことに冷や汗ものである。」
  日本に初めてアクアラングが入ってきた時の状況がよくわかる。須田博士とは、須田院次博士のことであろう。海上保安部水路部局長で、潜水科学協会の理事に もなっている。ディーツ博士もアメリカ海軍研究所の海底地質学の研究者である。海底地質学の分野から、アクアラングが日本に入ってきたルートである。 ディーツ博士は、東京水産大学の小湊実習場で、僕の恩師にあたる宇野寛先生らの前で、アクアラングで潜って見せ、手ほどきもしている。かなり長い期間日本 に滞在して、アクアラングの紹介に勤めておられたのだろう。
 太平洋炭鉱の佐藤さんたちは、昭和31年(1956)、フランス製1組、日本の川崎 航空製2組を追加し、4組で練習を開始する。7月から8月にかけて、プール6日間、海で13日間の練習をして、水深14.5mまで潜水している。佐藤さん たち4人の太平洋炭鉱の調査員は、泳げない金槌で、プールで溺れたり苦労はされたが、どうやら海で地質調査ができるようになった。
 釧路の水温は11度から17度と低く、ドライスーツを使用している。透明度が低く、バディが離れてしまい、リザーブ圧力でようやくめぐり合えたりしたことも書かれている。
 9月まで、ライン調査を26日間行って、研究調査員自らが潜る利点を十分に感じた。そしてさらに調査員ダイバを6人に増やし、「絶対無事故を目標とし、かなり厳重な基礎訓練と安全作業基準を作ってみた。今後の経験により、完全なものに作り上げたいと思っている。」
 ちなみに、講習の講師は、僕の探検の師匠である白井祥平(当時はまだ専攻科の学生だったはず)恩師の宇野寛先生、神田献二先生だった。


  研究者の海底調査のトレーニングと調査方法の原型ともいうべき発表であり、今の水準から考えても、立派なものだったと思う。現在でも、せめてこのくらい、 およそ一ヶ月のトレーニングと、発表はされていないが、安全作業基準、そしてこころ構えで研究者の潜水が行われればと思う。