この2−2は、フランスから深海潜水船バチスカーフが日本に訪れた記事特集だ。

 
  バチスカーフは、深海飛行船とも言うべきもので、飛行船のヘリウム風船に当たる部分が、水より軽い液体であるガソリンが詰められていて、その下に深海の圧 力に耐える球体が取り付けられている、重錐とガソリンの浮体のバランスを取って潜降してゆく。耐圧球をワイヤーで吊下ろすかわりに、浮体で下ろして行く。 浮くときには、重錐を捨てて、浮いてくる。スクリューもついては居るが、走る能力はほとんどない。動く程度だろう。
 これと同じ方式のアルキメデス号が、世界の海、最深部であるマリアナ海溝で、1万何メートルか潜った。最深部であるから、記録が破られることはない。ちなみに、今の深海潜水艇は、小型潜水艇が深く潜れるように作られたものであり、運動能力は優れている。
 来日したバチスカーフは、フランス海軍のもので、日本沿海で何回かの潜水を繰り返して、日本の学者何人か(水産大学の熊凝教授、久保教授など)が同乗し、3000mぐらいまで潜り、その感想文を「どるふぃん」に載せている。
 バチスカーフの艇長であるフランスのウォー少佐のこと、バチスカーフの母船になった水産大学の練習船の小沢船長、城戸船長の書いた記事もあり、バチスカーフのすべてが、だいたいわかる。


 その他の記事では、水中写真に関する知見という題で、僕にアクアラングを教えた白井祥平兄貴が書いていて、僕の撮った水中写真が載っている。残念ながら、撮影須賀とは記されていない。
 とにかく、今読んでも面白い。読む時間はないけれど。

The American Academy of Underwater Sciences (AAUS )
 Standards for Scientific Diving

  AAUSは、1954年の米国スクリップス海洋研究所の流れを引いている。
 とても、日本ではこんな組織は作れない。作ったとしても、この域の達するのには、50年かかるだろう。全日本潜水連盟に一身をささげてきた40年間が無駄な時間つぶしだったかもしれない。しかし、過ぎ去った時間はもどらない。死んだ後のためにリンゴの木を植えよう。

 どるふぃん 2−4に飛ぶけれど、その中の「スキュバ・ダイビングの技術 (T) 猪野峻 菅原久一の一節、遊泳能力の重要性でこんな部分があった。
 「アメリカ、カリフォルニア大学のスクリップス海洋研究所では、次のような遊泳能力を持つことを、SCUBA潜水者の資格として、第一に要求している。
 1 鰭なしで1000フィート遊泳
 2 磯波の中での遊泳
 3 75フィート鰭なしで、顔を水面に出さずに潜泳
 4 18フィート水深に潜水
 5 10フィート潜ってダイバーの救助
 6 75フィート遊泳者を表面曳行
 7 人工呼吸 」

 現在のAAUSでは、
泳力評価
 受講者は、DSOあるいはDSOが認めた試験官の監視のもと、次のテストに合格する事。
 a) フィン・マスク・スノーケルなどを着けずに、25ヤードを潜行できること。
b)
 フィン・マスク・スノーケルを着けずに400ヤードを12分以内に泳げる事
c)
 tread (立ち泳ぎ)フィン・マスク・スノーケルを着けずに、10分間、もしくは手を使わないで2分間、立ち泳ぎできる事。
d)
 フィン・マスク・スノーケルを着けずに、自分と同じ大きさの人を25ヤード曳航できること。
 としている。

 どるふぃん 2−3 にもどろう。

冬の真鶴潜水雑記
 真鶴にダイビングセンターを作った後藤道夫が書いている。
「潜りに来る人は皆一様にドライスーツ、ウエットスーツを用意しており、わがセンターでも昨年使い古した「五十三つぎ」のウエットスーツを着用に及んで専ら、冬海を楽しんでいる次第です。2月中旬、水温は17度前後」
 水中クリスマスもやっていて、
 「昨年12月21日東京より同行の有志10数名を集めて真鶴海岸防波堤で第二回の海中クリスマスパーティが開かれました。
  水温18度C、晴天、波静かなれど風強しといったコンディションで、ある者はドライスーツ、ある者はウエットスーツ、ある者は裸と男女さまざまな格好で防 波堤に向かいます。海は日当たりも良く、焚き火を囲んで潜水開始11時30分、クリスマスツリーを海中に沈め、その周りをトライトン(海神)たちが泳ぎま わります。タフな人もいるもので、水泳パンツだけで泳ぎっぱなしです。」
 何時、独立気泡のウエットスーツが普及したかだが、僕がドライスーツで 死にかけたのは、大学4年の1958年であり、1959年に卒業して浪人し、秋に東亜潜水機に入社したときには、もう独立気泡のウエットスーツをどんどん 作っていた。ドルフィンの2−3が59年の4月号だから、後藤道夫によれば、58年のクリスマスには、ウエットスーツがあったことになる。
 後藤さんは器用な人で、ウエットスーツつくりの元祖だった。当時、後藤さんの作ったウエットスーツの型紙が、いちばん生地のロスが少なく、なおかつ、身体にフィットした。
 この業界で、ウエットスーツに関わった人はみんな財をなすことができた。

  どるふぃん 2ー3の潜水地だよりは 「伊豆大島の海」で水産試験場の倉田洋二先生と三村哲夫先輩が書いている。僕は伊豆大島で卒業論文のための調査をし て、倉田先生にはお世話になった。その後、ずいぶん経ってから、小笠原が返還になり、倉田先生が小笠原に赴任され、ここでも僕は倉田先生宅に宿泊してお世 話になった。返還直後の小笠原は、水道の便が悪く、住民、との職員の他泊まるところがなく、船に泊まるのだが、船と船の便の間も滞在するとなると、宿がな い。倉田先生の弟ということで、先生宅に泊めてもらった。小笠原ダイビングセンターの古賀さんは、そのころに、ダイビングサービスを小笠原で始めた。苦闘 の連続だったと思う。


 伊豆大島の海だが、潜水地だよりを読むと、当時の伊豆大島の海がいかに豊かだったのかがわかる。伊豆大島だけでなく、1959年、日本中どこの海も豊かであった。以来、右肩下がりで豊かさは減り続けて今日に至っている。
 僕たちは、伊豆大島でサザエの調査で卒業論文を書いたが、今、伊豆大島でサザエでは論文を書けない。居ないのだ。僕たちの論文は、昔、1958年夏にどれほどのサザエが居たかの記録になる。
 このまま、右肩さがりを続ければ、日本沿岸の海はどうなるのだろう。


 昔から考えられた、潜水器のいろいろ 佐藤賢俊 さん
 旭式マスク潜水器の考案者の佐藤さんが、いろいろな潜水器の製作をこころみ、クストーのアクアラングに今一歩のところまで来ていたことが書かれている。
 しかし、ついにフィンで泳ぐということは考えなかった。「足ひれがあったならば、と今は嘆く」と書いている。
 茨城県海洋高校の潜水訓練プールで、旭式に手押しポンプで空気を送り、フィンで泳いだら全く快適だった。南の海ならばこのままレクリエーションの道具になると思う。佐藤さんの嘆きが良くわかる。とともに、なぜ、戦前、戦中の日本でフィンが生まれ、発達しなかったのか。
  この絵をみていたら、フランスのスクーバの元祖ともいうべきルキヨールの潜水機が頭に浮かんだ。ジュール・ベルヌの有名なSF「海底二万哩」にでてくる潜 水機だ。ただし、ベルヌの二万哩では、改造されて、ほとんど一日、深さでは数百メートル潜れる。現実では、いまだに、ジュール・ベルヌが創作したような潜 水機は生まれていない。

マニュアルを書いている。せっかく集めてきた資料、書いてきたものの大部分を捨てなければならない。
 
 バディシステムの問題点
@
危険が予測される事態では、二人で行けば、二人が事故を起こす。一人ならば犠牲は一人ですむ。
A
技術の劣る者を助けるために、技術の上の者が犠牲になる。レスキューの失敗
B
バディが離れてしまったためにパニック的な行動を起こし事故を起こす。
C
上級者は、バディの事故で責任を追及されるおそれがある。
 これをどうしようか、考え込んでいる。
 この問題点になんとか答えられるような解決を考えることが、マニュアルだろうと思う。しかし、これらの問題点は実は解決できない。解決できないから事故が起こる。書くことは書けるが、事実、現実とは大きな落差がある。
  上級者が初心者とバディを組んで、初心者がパニックのためにとんでもない行動をする。たとえば、レギュレーターからの空気を吸うことが不安になり、外の水 を吸いたくなる。水を肺に吸い込むと、そのまま続けたくなる。上級者がマウスピースをくわえさせようとしても、払いのける。死んでしまった。上級者は訴え られた。なんとか保険で解決したが、その間の出来事で、上級者は変わらざるを得なかった。
 バディシステムがいけない。それとも、お互いの不運とあきらめるしかないのだろうか。
 つまるところ、ダイビングも他のすべての人間活動と同様に、運がすべてを分ける。そんなことは書けない。
 結局、マニュアルを書き終わったら、本を書かなくてはいけない。そのためにも、マニュアルを書きながら、考えて行くことが、役に立つのだけれど、時間が残されていないだろう。

「どるふぃん」2−4 1959年だ。

 「スキュバ・ダイビングの技術 (T) 猪野峻 菅原久一については、すでに述べた。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200910/25/59/b0075059_13312410.jpg

 
 現在、雑誌マリンダイビングの発行をしている、館石昭氏の写真が掲載されている。「海は生きている」という映画の撮影中の一齣だ。スノーケルを刀のように腰に挿しているのが新鮮である。
  この写真のすぐ後で、僕は勤務先の東亜潜水機に入社し、入社したその日に、フランスのアルミボンベと、スピロのレギュレーターを輸入している大同物産の仕 事を館石さんと一緒にやることになった。輸入したタンクを防衛庁の水中処分隊(機雷処理隊)に納品するために、検査官の前で全数、潜って見せることになっ ている。館石さんと僕が、タンクにレギュレーターを付けて潜る。場所は、神田小川町のYMCAのプールだった。
 以来館石さんと仲良くなり、僕は土日の撮影助手をやり、やがて、二人で、館山湾で、100m潜水を企画し、92mで意識を失い、九死に一生の思いをすることになる。


 
 巻末の方に、会員名簿が載せられている。住所と職が書いてある。今は個人保護法があるから、めんどうで、住所録は恐ろしいけれど。
 その頃、僕は大学を出て、どこにも行くところが無く、義理の父親が破産して家を追われて、母親の友人の好意で、空いていた両国の橋のたもとに仮の住まいをしていた。もちろん職は無い。
 やがて、宇野先生の紹介で、10月に東亜潜水機に就職して、潜水にカムバックするのだけれど。その頃は、今の事務所の近く、深川の古石場でブウドーザの修理工をやっていた。そのまま、建設機械屋になった方が良かったのかなと時々思うが、とにかく、潜水に戻ってきた。
 自分のことはさておいて、住所録の名前の一つ一つに、蘇ってくる記憶がある。
 僕の会員番号は80番、ぼくはずっと自分は73番だと思っていた。今見直すと80番だ後藤道夫は74番だ。だから、後藤さんは僕よりも先任だ。
僕に潜水と探検をおしえてくれた師匠の白井祥平先輩は134番になっているから、番号の若いことに別に意味は無いのだけれど、名簿の人たちは、今、どうしているだろう。先輩は大部分が亡くなってしまったのだろうか。
 名簿を全部見わたして、400番台がない。390番が同級生の横塚君になっている。彼は、そのころもう、魚市場に就職している。
 会員が全部で400人、それで良いのだと今の僕は思う。
 
水中写真のAからZまでというタイトルで、本当にAからZまで、竹村嘉夫さんが書いている。竹村さんは東京水産大学の先輩で、僕の写真の師匠の一人である。後に僕と後藤道夫が共著で出した、「潜水と水中撮影入門」のプロデュースをしてくれた。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200910/25/59/b0075059_13324720.jpg


ナイトダイビング

http://pds.exblog.jp/pds/1/200910/25/59/b0075059_13333696.jpg

 昭和53年(1978)年の発行である。まだ、岩波映画社の撮影助手をしていて、後に彫刻家になる加藤たかしさんが、すごい挿絵を書いてくれた。水の中は透視度の問題があるから、パノラマ的に撮れない。絵ならば自由に書ける。
とても良い本だったと思う。
 僕の人生の一つのピークだった時の本だ。水の中のことだったら、なんでもできる。意志さえあればなんでもできると思っていた。
 加藤さんは、その後彫刻家になって有名になったと聞いた。ネットで検索したが、出てこない。どうしているだろう。