さて、ドルフィン2−3 April 1959まで来た。
 

 魚のアパートをしらべる 宇野寛
 人工魚礁調査のことを恩師である宇野先生が書いている。
 そして、僕はこの人工魚礁調査で、エア切れのために危うく命を落としそうになる。
  潜水事故、そして、危機一髪のニヤミスには、水に入ったその時だけの出来事ではなくて、まず時代背景がある。その頃、どんな社会だったか、ダイビング社会 の状況はどうだったろうか。事故を起こした本人の性格、グループ全体の空気、流れ、成し遂げようとしていた仕事、つまり、ダイビングの目的と目標だ。そし て使った器材、その器材を使ったために死にそうになった。その器材のために助かった。もちろんその日の天候、海の状態、波浪は、水温は、透明度は、すべて の条件を考えなければならない。事故を起こした条件を考えれば、どのようにすれば事故を起こさないですむかもわかる。
 これがすなわち、今やろうとしている企画、マニュアルの作成ということになる。
  現在のことは、後においておき、とにかく、危機一髪になった時代背景をまず見てみよう。1958年、昭和33年だ。まず、自家用自動車は、よほどの金持ち でなければ、持っていない。僕たち学生が車を持つなど、夢のまた夢、一家に自動車が少なくとも一台があるなんて、そんな時代が来るとは思っていなかった。
  だから、タンクを車で運ぶことなど考えなかった。タンク、そのころはボンベと呼ぶことが多かったのだが、後から、ボンベとは、英語ではボンブ、爆弾のこと だ。ボンベは破裂するから爆弾と言われても仕方が無いが、本当に破裂して何人かの人が死んだ。しかし、爆弾ではまずい。タンクにしようということになっ た。が、その頃はまだボンベだ。
 ボンベを車で運ぶことなどできない。どうしたかと言えば、背負って行くしかないに決まっている。問題は電車に乗 るときだ。爆弾を背負って公共の交通機関に乗ることはできない。大きなリュックの中に入れて、わからないようにごまかして、改札を通過する。破裂したらど うしよう。たくさんの人を殺すことになってしまう。心配しないではなかったが、仕方が無い。
 割合早く、1960年代の最初には、自動車を持つようになった。僕も日産のオースチンの中古を3万5千円で買った。しかし、まだ1959年には車は無い。


     左側がフランス製アルミタンクで銀色 右側が消火器改造型 レギュレーターはダブルホース

 そのボンベだが、何種類かある。まず、本国、フランスのスピロテクニック社から輸入したアルミボンベがある。これは純正のアクアラングである。大同物産が輸入している。だから高価である。
  川崎航空が作っているボンベの広告が「どるふぃん」に出ている。こちらは、きっちりとSCUBAと書いている。アクアラングと言う名称は商品名だから、使 えない。アクアラングという呼び名とスクーバが何時入れ替わるのだろうと考え込んだことがあったが、1957年ごろにはもう広告にはSCUBAと書いてあ る。広告こそ公文書だから、正しい名称を使わなくてはならない。ただ、その読み方だが、スキュッパと読んだり、スクーバ、スキューバといろいろだ。そのこ ろはスキューバと読む人が多かった。


 川崎のボンベは、やはりアルミ製で、これも高価である。
 フランス製は高価なので、国産で、戸塚高圧というメーカーに作らせたボンベがある。これは、マンガンスチール製で、重くて地肌がスムースではない。充填圧は、120キロまでだ。
  そして、もう一つ、僕たちが使っているボンベは、米軍の放出品である、消火器改造ボンベだ。消火器と言っても、家庭用の消火器とはまるで違う。高圧で消化 剤を吹き出す高性能の消火器だ。軍艦には、角を曲がれば消火器が置いてある。軍艦が恐れるのは、焼夷弾の命中による火災である。消火器は重要な兵器であっ た。兵器だから、最高の材質を使う。クロームモリブデンと言う一級品のスチールで作られている。地肌も美しい。その頃、たくさんのアメリカ軍の船が、日本 で解体されていて、この消火器が放出された。川崎やフランスのアルミタンクよりも、大幅に安く、しかも国産のボンベよりも高性能である。僕たちの使ってい たのは、この消火器ボンベである。
フランス製には、そして川崎航空のスクーバにもリザーブバルブと呼ぶ、バルブが付けられている。タンクの残圧が20キロぐらいになると、空気が出てこなく なる。後ろに手を回してレバーを押し下げると、残りの20キロが出てくる。この20キロは、ダイバーが浮上するためにリザーブされている空気だ。その頃 は、まだ残圧計が無い。だからリザーブバルブがたよりだが、僕たちの消火器改造型には、リザーブバルブは付いていない。
 
 レギュレーターは、ダブルホースだ。ダイバーが呼吸すると、右側の蛇腹管から、空気が流れてきて、左側の管から吐き出した空気が出てゆく。背中のタンクに付けられているレギュレーターから、空気が出てゆく。
  ダブルホースのレギュレーターには、残圧計を取り付ける高圧プラグが無い。ダブルホースは背中の方から排気の泡がでるから、視界を妨げない。だからカメラ マンはダブルホースが良いなどと言っていたが、残圧計が付けられるのは、低圧部と高圧部が分離しているシングルースでなければ、困る。BC.の発想もシン グルホースであるから生まれた。最近、日本アクアラングからダブルホースの新しいレギュレーターが発売されたが、これは昔のダブルホースとは別のものだ。

 

1958年のダイビング、危機一髪で、その背景である器材のことを、まずボンベ、そしてダブルホースのレギュレーター、ダブルホースであるが故に、残圧計は無く、空気の消費はリザーブバルブで知るしかなく。僕たちのボンベには、リザーブバルブはない。

  人工魚礁の場所は浦賀の鴨井港沖、水深は30mぐらいだったと記憶しているが、正確にはわからない。秋だったので、潜水研究所からドライスーツを借りてき て使った。ドライスーツは一着だけだから、一人で潜った。バディは、後に日本アクアラングの社長になる上島さんだったが、彼はドライスーツの経験がまだな かったので、僕が一人で潜った。


  そのドライスーツ、ドライスーツは、そのまま潜水すると、服の空間が締め付けられて全身をつねられるようなスーツスクィーズになってしまう。服の中に空気 を入れることが出来れば、スクィーズは解消する。ヘルメット式は、ヘルメットと潜水服の中にどんどん空気が送り込まれているから、大丈夫だ。現在のドライ スーツは、背中のタンクから、中圧ホース、インフレーたーで空気を送り込んでいる。さて、1958年には、レギュレーターはダブルホース、中圧のホースは 無い。取り付けられない。どうしよう。
 これもクストーたちのグループが考えて作り出した。頭も顔も全部ゴムの中、袋をかぶったようなもの、ゴム製のヘルメットといえばわかりやすいだろう。それをかぶった上で、マスクのガラスは、ヘルメット式の窓のように
外 から圧着して窓を閉める。マウスピースはゴムのヘルメットの中、マスクの下に突き出していて、普通はマウスピースをくわえて呼吸する。服の中に空気を入れ るときは、マウスピースを少し浮かせて、服の中に息を吐き出す。これで、服の中に空気を入れて、スクィーズを防ぐことが出来る。
 服の中の余分な 空気は、頭のてっぺんと、両足についているフラッターバルブから抜け出す。フラッターバルブはアヒルのくちばしのような形で、二枚のゴム板が重ねられてい る。内側から出る排気はゴム板を押し開いて外に出る。水圧はゴム板を重ねて圧着しているから、外から中には水は入ってこない。単純だけれど、うすくて軽い 排気弁である。
 服の中の空気は何時でも一定、外圧と釣り合っている。だからコンスタントボリュームなのだが、服の中に空気をためて、浮力にする ことができない。一定になるように抜け出てしまう。現在のドライスーツは、服の中に空気をためて、浮力にすることができる。プロのダイバーは、BC.を使 わずに、ドライスーツの浮力で中性浮力になることができる。コンスタントボリュームでは、それができない。海底深く潜れば、オーバーウエイトになる。

  さて、残圧計というものがない。だから空気がどのくらい残っているかわからない。残圧が20キロになると、浮上する時がきたことを苦しくなることで知らせ てくれるリザーブバルブ装置があったが、僕たちのボンベにはリザーブバルブは付いていない。時計もない。水中の時計はロレックスがあったが、これはそのこ ろでも何十万とかで、とても学生が使える代物ではない。
 いつ空気が無くなるか、わからない。空気が少なくなると、呼吸抵抗が少し苦しくなる。だいたいの時間経過の感覚と、呼吸抵抗の変化で、空気の残りを察知する。
  空気が来なくなってから、どのくらい生きられるかの能力が生と死を分ける勝負になる。素もぐりで潜れる深さまで、あるいは少し妥協して素もぐりで潜れる深 さの倍の深さまで潜って良い。などと言われていた。僕は、20mまで潜れた。これは、大学2年までの魚突きで水深10mまで潜れるようになり、卒業論文を 伊豆大島の波浮でサザエの生態をテーマに書き、毎日素もぐりで、サザエを採ったことで鍛えられ、20mまで潜れるようになったものである。だから、理屈と して、僕は40mまでは潜れる。
 


  フィンはチャンピオンだ。フランスのチャンピオンというメーカーがだしているフィンをコピーして、おまけに名前までいただいている。クストーが映画沈黙の 世界で履いていたのもこのタイプで、猪野先生が外国で買ってきて、後に僕が勤めることになる東亜潜水機に「これをつくりなさい」とすすめたものだ。チャン ピオンの利点は、この一つの型で、だれでも使えるということだ。ものすごいユーティリティーだ。足の小さい女性は、スニーカーを履いて、その上からチャン ピオンを履く。普通の男性は、ソックスを履いてその上からチャンピオンを履く。少し足の大きい人、これはフランス人並みなのか、そのまま素足で履いて丁度 いい。足の大きな人は、むりやり押し込んで、痛さに泣きながら泳ぐ。フィンには右も左もない。四つ持ってくれば2足になる。講習などをやる時には、便利こ の上ない。ドライスーツの上から履くと、泣きながら泳ぐ程度にきつい。我慢する。
 それから、8年後、1967年に日本潜水会という潜水指導団体 を作り、余分な5キロのウエイトを持って10分間の立ち泳ぎという練習方法をはじめた。チャンピオンだと10分でアップアップだ。誰かにクレッシイのロン ディンを借りた。30分立ち泳ぎをしても、なんともない。チャンピオンの推進力の無さを思い知った。
 そして、その後鬼怒川パシフィックのアドバイザーになった時、ロンディンスタイルのフィンの製作を提案し、それが、今でも売られているエムデンになり、やがてはミューになる。 

 

組合参事さんの漁船で出発し、山立てと魚群探知機で魚礁ブロックの高まりを見つけて、アンカーをその上に入れた。
 ドライスーツに閉じ込められ るようにして着ると、腹の部分が見えない。マスクの下方視界が悪いのだ。水に入ると、体が浮いた。頭が浮いて、マスクが上に引っ張られる。手を頭の上に回 して、フラッターバルブをつまむようにして、揉むと、空気が出てゆく、空気を出してもまだ浮き気味だったが、これも借りてきた理研式のカメラを持つと、カ メラの重さでちょうど良くなった。
 理研式は、中にトプコンというカメラが入っていて、スポーツファインダーの見通し棒を立てるとフィルムが巻き上げられるというこった機構を持っている。その頃では、一番信頼できる、使えるカメラ、つまり水漏れが少ないカメラであった。


       理研の水中カメラ、長い棒の先にはフラッシュバルブをつけるが、僕たちはこのフラッシュはつかわなかった。濁った水の中では、レンズと人工光はできるだけ離して発行させる方が良いので、こんなに長くなっている。


  透明度は8m以下、水の色はグリーンだった。アンカーロープは、斜めになっている。水深の2倍程度伸ばさないと、舟をしっかり止めることができない。斜め になっているロープに腹ばいに乗るような感じで、頭を下にして潜って行く。着底したら、柔らかい泥がふんわりと舞い上がった。円形捜索をするつもりだった から、ロープをとり出して、アンカーの根元に結び付けた。ロープをのばしながら進む。30mほどのロープを伸ばしきったが、魚礁は見つからない。そのまま サークルを描くように左に振った。それでも見つからない。水深30mぐらいだから、潜水時間は10分ぐらいと決めていた。そろそろ戻る時間だ。ロープを手 繰りながらもどる。
 アンカーロープを手繰りながら浮上にかかった。10mも戻ったところで、眼の下に魚礁があった。降りる時にはロープに腹ばい になっていたから、下方視界の悪いドライスーツのために、真上を通っても、魚礁が見えなかったのだ。浮上の時は、体が立ったから、見えた。アンカーから ロープを伸ばす捜索では、後戻りすればすぐに見つかったはずだが、降りる時の体の方向へそのままロープを伸ばしてしまった。


この写真はずっと後に、仕事として人工魚礁調査を始めたころに撮ったものだが、当時の魚礁と同じかたちである。


  このまま水面に浮上し、状況を報告すればそれで良かった。しかし、当時はタンクの空気に限りがある。充てんするところは都内で二か所、あとは小湊の実習場 ぐらい。遠くへ行くときには、自前で小さいコンプレッサーを買って、あるいはコンプレッサーを借りて持って行く。1本詰めるのにだいたい二時間だ。このと きは、先生がタンクを荷造りして送っておてくれた。スペアのタンクが船上にあったのかどうか記憶がないが、これで浮上したら、そんな準備がすべて無駄に なってしまうと思った。とにかく、僕は浮上せずに、そのまま魚礁の上に降下した。魚礁の上に膝を突いた時、チクンと痛い、フジツボか何かで、膝の部分に穴 があいて水が入ってきた。そして、空気が渋くなった。イシダイかクロソイが泳いでいたので、そのままの姿勢で写真を二三枚撮った。フィンで底を蹴って浮上 しようとした。フィンでキックするのだが、体が浮かない。BC.のない時代である。30mぐらいで浮上しようとした時、しばらくフィンキックして、もうだ いぶ上まで上がったかなと下を見ると、フィンで砂をもうもうと巻き上げて、体はまだ海底から3mなんていうことが、その後にも経験した。チャンピオンは、 推進力の無いフィンだったから、上がる力が無い。ドライスーツも空気を入れて浮くことができない。コンスタントボリュームだ。オーバーウエイトのままだ。
  身体が上がらない、空気はどんどん渋くなる。カメラを捨てれば上がれるが、理研式の水中カメラは40万だと聞いていた。大学卒の初任給が1万5千円の時代 である。手放せない。片手でカメラを握り締め、片手で水を掻いて、フィンも必死でこいて、死ぬ思いで、ようやく5mほど上の頭上をとおっていたロープを掴 んだ。もう空気はぱったりと来ない。ロープを手繰りながら、横隔膜は空気を求めて痙攣する。まだ水面は遠い。死に掛けた時、走馬灯のようにこれまでのこと が蘇ると聞いたことがあるけれど、走馬灯を見ている暇なんてない。とにかく生きることを求めて、ロープを片手で手繰る。片手は、カメラを離さない。空気塞 栓も減圧症もへちまもない。意識が遠くなりかけたが、なんとか水面に出た。水面に出てもゴムのヘルメットのようなものだから、そのままでは呼吸できない。 引き上げてもらい、マスクのガラスを外してもらって、ようやく外の空気を吸う。
 上島さんによれば、顔色は土気色で死んだかと思ったそうだ。宇野 先生は、猛烈な勢いで怒鳴った。そうだろう。1954年の事故の時も責任者で、刑事訴訟で訴えられていた。それが、ようやくこの年の夏に、無罪になり、 「疑わしきは罰せずと言うことだった」と喜んでいた。それにもう一人学生を殺したら、もはや、大学で出世の道はない。辞職しなければならないかもしれな い。しかし、僕は、僕の素もぐり能力が高かったから助かった。僕だから助かったのだと不貞腐れた態度で黙っていた。
 もしも、ドライスーツでなくて、身軽だったならば、オーバーウエイトでなければ、楽勝で水面に出られたはずだ。
 いくつかの好条件が重なって九死に一生を得たのだが、その時はそんなことは考えない。バスケットの試合と同じような気持ちでいる。最後のシュートが入れば勝てたのにとか、そんな気分だ。
 これで、その日の調査は終了。帰りの京浜急行の座席のヒーターがやけに暖かかったのを覚えている。先生もそれ以上は怒らず、品川駅で解散した。
 恐ろしさが押し寄せてきたのは、家に帰ってからだ。もしも、遺体で家にもどったら、母親はどうしただろう。第二次世界大戦も一人っ子の僕を抱えて生き抜いて、大学の4年生である。先生を訴えただろうか。さまざまなことをそれこそ走馬灯のように考えた。

 

どるふぃん


    透視度が悪く、魚礁の全体像が浮かび上がらないので、模型を作って見てきたように並べて全体を把握しようと試みた。


魚のアパート続き
  残圧計も時計もない、そのころのスクーバダイバーにとって、エア切れは宿命みたいなものであった。どるふぃんでも、菅原さんや大崎映晋さんが、そんな経験 を書いている。僕も、ドライスーツでなければ、楽に上がれたはずだ。ドライスーツで、沈むためにウエイトが多く必要であり、海底では4キロ以上オーバーに なっていた。BC.はまだ無いし、服に空気を入れて浮ける構造ではなかったために浮けなかった。しかし、服に空気を入れて急浮上したら、それこそ肺破裂で 死んだかもしれない。そして、このスーツが、僕が助かった一つの理由にもなっていた。水中で溺れると、ダイバーはマウスピースを口から放して、外の水を吸 い込む。肺に吸い込むために、肺が水浸しになり、ガス交換能力を失って、水面に助けあげられても、二次的に死んでしまう。だから、溺水者は、意識があって も病院の集中治療室に入る。水を吸い込まなければ、意識があればそのまま回復する。服の中に閉じ込めれれていたために、水を吸い込むことが無く、そのまま 助かった。

 このニヤミス、僕にとってはニヤミスというよりも、事故に限りなく近かったが、ニヤミスが起こった理由はいくつかある。その 第一は、浮上を中止して、魚礁に戻ったことだ。モチベーションのコントロールができなかった。残圧計が普及していなかった時代だから、あとどのくらい潜れ るかわからなかったことも原因であるが、残圧計を必ず付けている今でも、モチベーションのコントロールができずに、減圧症になった友達、死んでしまった仲 間も居る。
 僕がその後、ニヤミス寸前で思いとどまって、ここまで生きてこられたのは、この体験があったからかもしれない。
 もう一つ、 アンカーロープを手繰って潜降したことも、原因だった。よほど大きいアンカー、その重さだけでも船を止めていられるほどの大きさと、そのアンカーを強引に 引き上げる強力なウインチを持たない限り、アンカーを立てることはできない。重い大きいアンカーを使ったとしても、流れが早かったり、波が高ければアン カーは外れてしまう。そして、アンカーは、目標物の直上に入れることが難しい。
 自分で調査会社を、はじめてからだが、人工魚礁の調査では、まず 目印のブイを入れる。これは、2キロほどのウエイト玉に細い、5mmほどのトワインを結びつけ、大型のペットボトルを結んだようなものでも良い。この目印 ブイ、仮ブイの周辺を再度魚探で探って、潜りたいものの直上に潜降ブイ、潜降索を入れる。これは、ダイバーがつかまっても動かないように、5キロか10キ ロの重さを付ける。引き上げにはウインチが必要である。たいていの漁船は網漁をするので、ウインチを持っている。ウインチがない場合、潜降索をダイバーが 引き上げると、肩の減圧症にかかる恐れがある。ウインチが無い船では、軽い仮ブイから潜降する。やや不安定だが、技術でカバーできる。
 アンカーを入れていないので、潜降策でダイバーを降ろした後、船は周囲を流していればよい。もしも、ダイバーが潜降索に帰り着けず、そのまま浮上しても拾ってもらうこともできる。

  ドルフィンの宇野先生の記事には、僕のニヤミスのことなど書いていない。僕の潜った浦賀についても触れていない。その後に調査した、横浜の本牧沖の魚礁の ことだけが書かれている。もしかしたら、僕が死にそこなったので、鴨井の漁協は、受け入れてくれなくなったのかもしれない。
 そして、僕は、宇野先生の下では、もう魚礁に潜らせてはもらえなかった。信用がなくなったのだ。
 しかし、人間関係が悪くなったことはなく、その後、自分のサザエの論文を仕上げて、学会でも発表し、好評のうちに、このドルフィン2−3の出た1959年に卒業したが、就職口は全くなかった。