どるふぃん 3〜1・2 1959 DEC.
 まだ1959年度内なのに、3巻になって、しかも1・2である。


巻頭の写真、毎日新聞社の谷田貝カメラマンが撮っているのか、それともローライマリンを持ってかまえているのが、谷田貝さんなのかよくわからない。
 ローラーマリンは、そのころの水中ハウジングの最高級機であり、一般では買える値段ではなかった。
 オーストリー人の有名な水中探検家であるハンス・ハスがプロデュスしたものだ。ハンス・ハースは、クストーと張り合っていて、ハンスは、クストーのアクアラングを使いたくなく、ドレーガーの循環酸素式の潜水機を使っていた。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200910/26/59/b0075059_1452865.jpg


 どるふぃん、2−4でドレーガーの潜水機が紹介されているが、書いているのは、当時の潜水医学の権威者であった梨本一郎先生である。

 竹村さんの水中撮影法(1)当時の水中撮影のテキストである。
 潜水地だよりは、白井祥平先輩が、四国の足摺付近を案内している。
 
猪野峻先生と菅原久一師匠が書いている、スキューバ・ダイビング入門は、二回目で(U)である。
 当時も参考にしたのだが、その後、40年ぐらい後になって、僕がいろいろダイビングについて書くときに、何度も引用させてもらった。

「 スクーバの長所は
@
水上からの拘束を受けず、水中行動が全く自由自在であること。
A
軽快に機動し、迅速に軽作業が可能であること。
B
潜水動作を簡単に習得できること
 一方短所を見ると
@
潜水時間に絶対的制限を受けること。
A
通話が出来ないこと。(連絡がとれないこと)
 と言う致命的弱点がある。
  長所である奔放な運動性は、一転すれば、生命の安全保障はダイバー自身以外には無いと言うことであり、自由の代償として、self-control (高度の熟練と技術が必要)の重責を負わなければならぬことになる。簡単に習得できることと、一連の弱点をカバーし得る能力とは矛盾し、そこに見逃せない 問題が伏在する。」

 1959年、50年前に、僕がダイビングを始める時点で、スクーバダイビングの危険性は、すでに公知されていたのだ。
  スクーバダイビングそのものが、本質的に危険である。その上に、あえて危険を冒して水中を探るのだから、どうしたら、自分が死なないで済むか、どうした ら、仲間を死なせないで済むか、いつも真剣に考え続けて来た。表現を変えれば安全を追求してきたということだろうが、安全を追及すると言うと、到達地点に 安全があるように感じられるが、安全などないから、どうしたら死なないで済むかを考え続けて来た。」 ここまでが、最近書いた文章で、「スキューバダイビ ングの技術」から引用している。

 猪野先生と、菅原さんの連名になっているが、どうも文章の香から、菅原さんがほとんど書いていたようだ。
 ここには、ドライスーツとウエットスーツの比較表が紹介されている。ウエットスーツもようやく普及してきたが、このころは、黒一色だった。と同時に、黒いウエットスーツを着たダイバーの密漁が各地で問題になりはじめた。
 黒いウエットスーツを着ていれば、密漁だと見なされて、追い払われる。
 この密漁はアワビ・サザエの密漁であり、水中銃による、フィッシングは良しと考えられていた。
 

 

どるふぃん3−3 号、1960のMar. 3月号だ。
 1959年に僕は東亜潜機に入社した。まだ、スクーバは、一か月に2セットぐらいしか売 れない。注文が来ると、タンクにバルブを取り付け、レギュレーターは、田無の中央精機の中野さんという人から買ってくる。中野さんは、潜水研究所の菅原さ んのところにもレギュレーターをを売っている。どうも、伊藤精機という会社の売るレギュレーターも作っていたのではないかと思う節があった。単純な減圧弁 だから、つくることは、難しくない。その翌年には、僕もレギュレータを作るようになる。タンクとレギュレーターそして、ウエイト、マスク、チャンピオンの フィンを1セットにして、木箱に入れる。チャンピオンは、東亜潜水機で作っている。木箱に入れて、船具の扱いだ。なぜかといえば、アクアラングは、船のス クリューにロープなどが絡まった時の応急修理をするための道具だからである。まだ1959年には、レジャーのための販売は少ない。1960年代に入ると、 それでも、すこし販売は上向いてきた。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200910/28/59/b0075059_15173794.jpg

 

http://pds.exblog.jp/pds/1/200910/28/59/b0075059_1518482.jpg


 水産大学の神田献二先生が書いた新製品紹介には、東亜の高圧コンプレッサーが載っている。まだまだ、日本ではタンクの空気を充てんしてくれるところは少なかった。
 東亜はコンプレッサーメーカーでもあるから、空気を充てんすることもやっている。タンクを持ち込まれて、充てんする。この充てんも僕の仕事だった。
  古いことなので、時系列がずれているが、そのころアクアラング屋さんは、東京で二軒、菅原さんの潜水研究所と、もう一軒は、太平潜水だ。太平潜水は、太平 洋の太平だとおもったのだが、江東区錦糸町の太平町にある太平メッキというメッキやさんの若旦那の池田さんがはじめたものだった。太平潜水は、後楽園の近 くにあって、訪ねて行ったら、東海林君という若者が店番をしていた。すごいダイバーだと聞いていたから、それなりに尊敬して話をしたのだが、今、どるふぃ ん3−3の巻末の追加名簿をみると、東海林君は会員番号428で、未だ早大工業高校の高校生だったのだ。かれはその後日本潜水会のメンバーにもなるのだ が、今はどうしているだろう。ダイビングの世界で噂を聞かない。
 その東海林君の結婚式に出て、女優の応蘭芳さんに会った。ものすごい美人であっ た。実は、今日10月28日、応さんに会う。さすがにおばあさんになっているが、この人のすごいところは、ダイビングでは、PADY のインストラクター だが、車はA級ライセンス、その上パラシュートジャンプでは、落下傘協会の理事長になった。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200910/28/59/b0075059_15183752.jpg


 脱線をなおして、どるふぃん 3−3の巻頭は、菅原久一さんの「スペア・フィッシング」だ。魚突きをやめようという文ではない。魚突きの応援の分だ。
「 漁族保護のためにスピア禁止と言うならば、全国何百万の釣り人の総漁獲量と、アマチュアダイバーが幸運に恵まれて獲る量とは到底比較になるまい。
中略
  漁業者が「よしのずいから海底のぞく」行き方を固執していては、海底農業の時代おくれになる。ものの見かた考え方はいわゆる一面観ではいけないのは、海と いえども同じであろう。漁民が潜水して横から眺め上をあおぐ見方をプラスし、自分の畑を自分で見回り適時適切な農耕も方法を施すべきなので、その時代がく るためには、どうしても潜水の社会基盤が広くなって行くことが条件となろう。
 アクアラングを使用するスピアフィッシングは、米国ではもっとも先 端的なスポーツとなっているが、わが国でも器財の普及とともに熱中する人がふえてくるのは自然の勢いで、止めようとして止まらないだろう。そのような社会 的な基盤の広がりから、いろいろなトラブルを起こしつつも、海底農耕の時代が生まれてくるのではないだろうか。」
 要するに、漁業調整規則で魚突きは禁止されているが、魚突きを止めさせたならば、アクアラングは普及しなくなり、海底農耕が、望めなくなるという主旨だ。
 残念ながら、菅原さんの説くようには、世の中は動かなかった。魚突きは止めようとして止まらないというが、その7年後、1967年に、僕たちは、日本潜水会で、スピア中止を決議する。
  そして、潜水の社会基盤は広がり、ダイビング人口は数百万人と、言えば言えるほどになった。しかし、海底農耕の時代はこなかった。1980年代、僕は千葉 県の海士さんたちにアクアラングを教え、その人たちの何人かは漁業組合の組合長になったが、海底農耕は実現していない。そのかわり、伊豆方面では、漁業組 合は軒並みにダイビングサービスになり、海底農耕は、マスク式潜水の時代よりも、退化している。日本の沿岸漁業はどこに行くのだろうか。

 今(2009)もスピア・フィッシング愛好家は居る。そのダイバーたちの言い分は、菅原さんの言っていることとほぼ同じだ。

 

どるふぃん 3−4 が表紙では1959になっている。ミスプリントだろう。奥付は、ちゃんと昭和35年の5月になっている。
 宇野先生が「太平洋潜り歩き」
 これは、海鷹丸がガラパゴスに周航した時に研究員として、乗った記録で。まず、ハワイに寄港して、そこでも潜るのだが、その時のアメリカ人ダイバーが12リットルのダブルのようなタンクを背負っている。1959年のことだ。昔から、アメリカ人はすごい奴がいる。
 僕は、その20年くらいあとで、ガラパゴスに行ったが、その時の海底の姿と、ほとんど変わらないみたいだ。ただ、こんなことが書いてあった。


「イ セエビを大量手づかみしました。このエビは大きく、体長18センチ、体重2・4キロもあるくらいで、生息場所は水深2メートル以浅のところに限られていま す。非常におとなしいので簡単にとれます。私たちは裸潜りで1時間余りのうちに66尾計64キロも採集しました。」64キロも、食べるために採ったに違い ない。大学の先生が、こんなことを書いて普通の時代だったのだ。
 その後、僕が行ったときは、イセエビは禁漁で、それをクルーズの船長が大量に 取って、食べさせてくれた。ところが、一緒に乗っていたジミーという、まだ20代前半の若いダイビングガイドが、彼はレンジャー監視員でもあるのだが、こ のことに怒り、もどったら、報告に書いてやる。それで船長は解任になるなどと言っていた。船長とレンジャーが仲たがいでは、僕たちも困るが、翌日にはさほ どのことにはなっていなかった。しかし、ガラパゴスでは、すべての生物が採集禁止になっている。だから、イセエビもたくさんいたのだろう。ジミーが言って いた。ガラパゴスでは人間が生物に触れないことがフィロソフィーなのだと。その時以来、僕はフィロソフィーという言葉が好きになった。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200910/29/59/b0075059_1457145.jpg


右がジミー・イグレシアス、左側が、現在も僕のバディをやってくれている鶴町君

http://pds.exblog.jp/pds/1/200910/29/59/b0075059_1459180.jpg


   ついでにその頃の僕、もう一度あの日、あのガラパゴスにもどりたい。

  そのまた10年後、もう一度僕はガラパゴスに行く企画があった。ジミーは大きくなっただろう。僕のことを覚えているだろうか。ガイドにジミーを指名した。 喜んで受けるという返事が来たが、その企画は流れてしまい、ジミーに再会はできなかった。ジミー・イグレシアスという。

 猪野先生が「H さんの死」という事故レポートを書いている。このH さんは、すごいお金持ちらしく、葉山に5m×20m、水深1.9mのプールが庭にある。クルーザーも 持っている。この報告は、事故の一年後に書かれたものだから、1958年にプールとクルーザーを持っている会社社長で、48歳だ。僕たちは、貝の取りすぎ で、浮かべなくなって死んだ人がいると聞いていた。今で言えば、クルーザーで、貝を採る、典型的な密漁ダイバーだ。空気塞栓も可能性があるが、やはり、重 くて浮けずに、オールアウトしたのだろう。まだ、BC.の無い時代である。
 そして、もの取りが普通だった時代だ。