11月25日 関東学生連盟 ミーティング
 慶応 宮本君 学習院 小川君 慶応 北野君
 各クラブに監督とコーチを置く件
 監督の役割、合宿、練習などの予定を聞き、アドバイスする。   
       上記の報告を受けること
       これらは文書化して保存すること 科学協会でフォーマットを作る。
       監督が直接に指導しても良いが、直接指導が必須条件ではない。
 コーチ   近いOB 上級生 インストラクターに依頼する。
       合宿 練習、ツアーなどにできるだけ同行できる人
 監督と部長、兼任も可 顧問とは少し違う。
 各クラブの状況に応じて体制、呼称などを変更しても良い。

 監督とコーチの役割についてのマニュアル原案を作る。
 クラブのトレーニングマニュアル、活動マニュアルは、これまでのSAI資料に基づいて、協会で原案と作る。
 原案を基に、各クラブで監督、コーチ 現役部員が検討して、各自のものを作る。
 各自のマニュアルは、実際に使用してのフィードバックをシンポジュウムなどで検討する。
 ニヤミスの定義をして、確実に記録を残して、シンポジュウムで報告、マニュアルに反映させる。

 第一回のSAIシンポジュウムで、学生のクラブの特色とするばきことは、記録を残し、次の行動に反映させることであるとまとめをした。
 
  
 これを受けて、2011年に心当たりの監督、顧問に声をかけたのだが、停止している・