SAI 2008
 SAI とは、2003年に関東学生潜水連盟の安全対策として、東京医科歯科大学 真野先生順天堂大学 河合先生 がバックアップして、学生メンバーの安全管理、安全対策がどのようにおこなわれているか、情報交換を行い、より安全な活動を目指そうとした集まりです。
 下記のプログラム・マニュアルにも書かれていますが、関東学生潜水連盟では、多くの大学が新入一年生を、二年生がマンツーマンで指導し、3年生がそれを監視するような方法で練習が行われています。一応の練習のあとで、OBもしくは関連しているダイビングショップのインストラクターが技術をチェックしてC-カードを発行します。常の合宿、ダイビング活動も、自分たちだけで自主的に行われることが多いので、上級生の知識・技能を向上させ、せめて一般指導団体のアシスタント・インストラクターなみ、ぐらいになってもらおう、という意味で スチューデント・アシスタント・インストラクター というネーミングを当時の学生が命名した名称です。
 しかしながら、学生は3年生の中ごろからは、就活などで部活から引退してしまいます。
 第一回の2003年のSAI で、河合先生が安全とは、知識・経験の記録であり、その継続によって達成されるとお話しされましたが、その考え方で、2008年に各大学のマニュアルなどを文書化し発表してもらいました。これは、その記録です。
 SAIは、2011年まで続きましたが、学生だけでは継続性が困難ということで、監督・コーチの会議も設けようとしたのですが、3月11日の震災があり、中断して今日に至っています。その間に、下記でもっとも充実していると思えるプログラムを発表してくれた青山学院大学が休部の状態になってしまっています。歴史のある倶楽部ですのでとても残念です。
 学生だけになってしまうと、入部者の数が少なくなったり、モチベーションが切れたりすると消滅してしまいます。

 芝浦工業大学の足立先生が、2012年のJAUSシンポジウムでお話しされていましたが、大学生は、高校生から社会人に至る途中経過の時期であり、人格が形成される時期でもあります。ダイビングが教育的な効果を発揮する時期でもあるのですが、これこそ、絶対に事故を起こさせてはいけないので、そのためにはあらゆる手段をとる必要があります。SAIはその試み、努力の一つです。2008年のこのマニュアルの収集がわかりやすくまとまった成果ですので、現在、そして今後のクラブ員、指導者の参考のためにホームページにのせました。 一般ダイバー、関係機関の皆さんにも、参考になれば幸甚です。
概括・方針  仮想学連合宿指針
青山学院海洋研 学習院大学ダイビング部
芝浦工業大学体育会スキューバダイビング部 上智大学
成蹊大学 中央大学海洋研究部
東京海洋大学 東京女子体育大学
日本大学SD 早稲田大学
アイウエオ順 倶楽部名称はマニュアル記載のもの