海洋研
マニュアル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青山学院大学理工海洋調査研究会

 第35代幹部

 

NAME            

 

 

 

 

l 活動方針

 

l SCUBA MANUAL

 

l RESCUE MANUAL

 

l CHECK DIVE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<活動方針>

 

安全を最優先する

 

ダイビングを通じて海の魅力を知る

 

全員で助け合い部活を作りあげる

 

礼儀を大切にする

 

時間厳守

 

                              

                   青山学院大学理工海洋調査研究会

35代幹部

SCUBA MANUAL

                

                   青山学院大学理工海洋調査研究会

35代幹部

前日の打ち合わせ

l  グループのメンバー全員がリラックスし、全員で打ち合わせにのぞむ。

l  体調、精神状態、耳の抜け具合をチェックする。

l  その回のダイビングの目的を明確にする。

l  器材の調子、使用方法を確認する。

l  ウェイトが適正かどうか確認する。

l  セッティング、点検の場所、手順を確認する。(a)(b)

l  装着、バディチェックの手順を確認する。(c)(d) 

l  エントリーの場所、方法、注意点を確認する。(e)

l  水面移動及び水中での隊列の順番、注意点を確認する。(f)

l  潜降方法を確認する。()

l  アイコンタクトの重要性を確認する。(h)

l  耳が抜けないときの対処法を確認する。(i)

l  水中点検の手順を確認する。(j)

l  残圧について確認する。(k)

l  トップが、ポイントの説明 (地形、深度、潮の向き、強さ、注意点、魚、見所)をし、

次の日のダイビングに備え、気持ちを高める。

l  深度に関する注意点を確認する。(l)

l  スキューバ中の注意点を確認する。(m)

l  サインについて確認する。(n)

l  はぐれたときの対処法を確認する。(o)

l  音に対しての注意点を確認する。(p)

l  安全停止について確認する。q

l  浮上の手順、注意点を確認する。(r)

l  エキジットの場所、方法、注意点を説明する。(s)

l  脱着の手順を確認する。(t)

l  バディごとのミーティングに移り、技術面で見てもらいたい点、不安な点を話し合う。

l  その他重要だと思った点を話し合う。

l  2回目のダイビングは反復を調べること、及びその方法を確認する。

 

直前での確認とブリーフィング

l  グループのメンバー全員がリラックスして参加する。

l  体調、精神状態、耳の抜け具合をチェックする。

l  ガイドもしくはトップが、その時の海況に応じてナビゲーション、深度、流れ、注意事項を説明する。

l  エントリー、エキジットの順番、隊列、注意点を確認する。

l  全ての面での最終チェックをする。

2回目のダイビング前は反復を調べる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(a)セッティング

l  セッティングしやすい場所をトップとリーダーが指示する。

l  テープはタンクに貼っておく。貼れない場合はBCのポケットにしっかり入れておく。

l  タンクのOリングを確認する。

l  タンクにBC、レギュレーターをつける。

l  中圧ホースとインフレーターホースをつなぐ。

l  ゲージを下に向け足で軽く踏みつけながら、バルブを少し開けて全開にし、半回転戻す。

(バルブを開く際はセカンドかオクトパスのパージボタンを押すこと!)

l  ボートの場合はバルブを閉め、エアーを抜いておく。

 

注意

n  互いに、正しい手順を踏んでいるか、体調、精神状態等をみる。

n  器材は大切に扱う。(引きずらない、砂をかませない)

n  タンクから離れるときは、タンクを寝かせ、ボートの場合は更にウェイトをかませる。

n  ビーチエントリーの場合は、できる限りブルーシート上でセッティングを行う。

 

 

 

(b)点検

l  充填圧、コンパスは回るか、最深計の針は戻っているかを確認する。

l  残圧計を見ながら、セカンドとオクトパスのパージボタンを押してみて、針が振れてないか確認し、吐いてから吸ってみて、異常がないか確認する。

l  BCにエアーが入るか、出るか、異常はないか確認する。

l  ファーストに耳を近づけ、エアー漏れがないか確認する。

l  BCを持ってゆすってみてタンクとBCが外れないか確認する。

l  反復記号、開始圧をリーダーに報告する。

l  バディ同士で再度点検する。

 

注意

n  互いに正しい手順で行っているか確認する。

n  開始圧が少ない時は、上級生かガイドに報告する。

 

 

 

(c)装着

l  マスクの曇り止めをする。

l  ウェイトをつける。

l  ナイフ、マスク、グローブをつける。

l  周囲に十分気をつけながらタンクを背負う。

 

注意

n  タンクを背負う時や立つ時は、必ず背後に人がいないことを確認する。

 

 

(d)バディチェック

l  髪の毛がマスクに入ってないか、ストラップがねじれてないか確認する。

l  ホースがからまっていないか、正しい方向(右1左3)にあるか確認する。

l  ウェイトベルトの余りが左から出ていて、バックルが真ん中でしっかり止まっているか確認する。

l  BCのバックル類はしっかり止まっているか確認する。

l  BCの排気バルブの紐が引っ掛かってないか確認する。

l  BCとタンクが外れないかタンクをゆすって確認する。

l  以上のこと(セッティング?バディチェック)をバディ間でチェックし、リーダーはトップにOKサインを出す。

 

 

(e)エントリー

 

 ビーチエントリー 

l  エントリー方法と位置を海況や状況(岩等)によりトップが指示する。

l  移動する際は常に足場の確認をする。

l  BCにエアーを入れる。

l  水に入るときは、必ずシュノーケルかセカンドをくわえる。

l  1列目から、上級生が先にエントリーする。

l  フィンをつける位置をリーダーが指示する。

 

 

 

 

 

 ボートエントリー 

《ジャイアントストライド》

l  BCにエアーを入れる。

l  水に入るときは、必ずセカンドをくわえる。

l  ゲージ類は、肩越しに持っていき、船縁にひっかからないようにする。

l  右手でマスクとセカンド、左手でマスクのストラップを押さえる。

l  タンクのバルブが頭にあたらないように顎をひく。

l  先にエントリーした人のOKサインを確認してからエントリーする。

l  飛び込む際に下方の安全を確認する。

l  片足を大きく踏み出した状態で飛び込む。(この際、視線は前方遠くの方、姿勢は直立)

l  頭が沈まないように大きくひとかきする。

l  エントリー後はすぐに船から離れ、流れに注意しながらバディ間でまとまる。

l  自分がエントリーしたら次の人にOKサインを出す。

l  バディごとに行い、互いに正しく行っているか注意する。

《バックロール》

l  BCにエアーを入れる。

l  水にはいるときは必ずセカンドをくわえる。

l  船縁に深く腰掛ける。

l  先にエントリーした人のOKサインを確認してからエントリーする。

l  飛び込む際に下方の安全を確認する。

l  ゲージ類は船縁にひっかからないように、股の間に挟むか、船の外に出す。

l  右手でマスクとセカンド、左手でマスクのストラップを押さえる。

l  顎を引き、足をあげ、膝を曲げずに尻から落ちる。(一回転しない。)

l  エントリー後は、すぐに船から離れ、流れに注意しながらバディ間でまとまる。

l  自分がエントリーしたら次の人にOKサインを出す。

l  バディごとに行い、互いに正しく行っているか注意する。


()水面遊泳

l  トップ、リーダーは方向指示をはっきり出す。

l  バディがついてきているか確認する。

l  トップは後ろがついてきているか確認する。

l  ペースを合わせ、アイコンタクトをこまめにとる。

 

注意

n  海況やその時の状態に応じて、セカンドかシュノーケルか判断する。

 

 

(g)潜降

l  トップまたはリーダーの指示により潜降する。

注意

n  必ず息を整えてから潜降する。

n  再度、目、顔色等から健康、精神状態をチェックする。

 

l  下方と周囲の確認をする。(深度は適切か、人はいないか、珊瑚・危険生物はいないか等)

注意

n  ボートの場合、アンカーの内側にはいかないように気を付ける。

 

l  潜降は潜降ロープ付近で行う。

l  リーダーはシュノーケルとセカンドの交換サインを出し、変える。

l  リーダーはBCの排気サインを出し、エアーを抜く。

l  バディごとにフィートファーストで潜降する。

l  潜降中はアイコンタクトをこまめにとる。

l  耳抜きはこまめに確認し、無理な場合はリーダーの判断で浮上する。

l  潜降速度を守り、相手をすぐにホールドできる状態を保つ。

l  下方の安全をこまめに確認する。

l  リーダーはバディより少し下か、同じ位置をとる。

l  流れがあるときは、リーダーの判断でロープ潜降をする。

l  潜降中に、耳や器材等に異常が認められたときは浮力を確保し、落ち着く。

その後、対処をした後、再び潜降できるなら上級生の判断で潜降する。

l  再潜降は2回まで。それでも潜降できない場合は浮上し、下にダイビングを中止することを伝える。その後水面遊泳でベースに戻る。

 

(h)アイコンタクトの重要性

l  バディとはぐれないようにする。

l  相手の精神状態を把握する。

l  意志疎通を図る。

 

 

(i)耳が抜けにくい、抜けないときの対処法

l  抜けない方の耳を上にして抜く。

l  顎を動かす。

l  唾を飲み込む。

l  少し深度を上げて耳抜きをする。

 

 

()水中点検

l  水中点検はリーダーの指示で集合場所付近において行う。

l  流れがあるときは、岩などにつかまる。

l  砂の巻き上げに注意する。

l  「水中点検します」サインを出してから水中点検を始める。

l  残圧計を見ながらオクトパスのパージボタンを押し、針は振れてないか確認する。

l  髪の毛がマスクに入ってないか、ストラップがねじれてないか確認する。

l  ホースがからまっていないか、正しい方向(右1左3)にあるか確認する。

l  ウェイトベルトの余りが左から出ているか、バックルは真ん中でしっかり止まっているか確認する。

l  BCのバックル類はしっかり止まっているか確認する。

l  BCの排気バルブの紐が引っ掛かってないか確認する。

l  BCとタンクが外れないかタンクをゆすって確認する。

l  ファーストから過度のエアー漏れがないか確認する。

l  水中点検の際は、水中生物を傷つけないように注意する。

l  以上のことを潜降終了後バディごとに行い、終わったらリーダーはガイドにOKサインを出  

す。

 

注意

n  BCの操作、セカンドの点検はやらない。

 

 

 

()残圧

l  残圧チェックはこまめに行う。

l  残圧は1007050気圧になったら各リーダー・トップ・ガイドに報告する。

l  ガイドに残圧を聞かれたら、リーダーはバディ間で少ないほうの残圧をガイドに知らせる。

l  時間が経つと、タンクが軽くなり、浮き気味になるので注意すること。

l  タンクは30気圧残す。

 

報告の際の注意

n  手を重ねない。

n  1の位は切り捨てる。

n  ゆっくり、はっきりと。

n  ウソは絶対につかない。

 

 

()深度についての注意点

l  スキューバ中は最初深く行って、徐々に浅くする。

l  深度が変わるときは、耳抜き、リバースブロックに注意する。

l  浅瀬ではBCのエアーを抜く。

l  深度はトップ及びリーダーを基準にする。

l  深度確認はこまめに行う。

 

 

(m)SCUBA中の注意点

l  常に深度・残圧を意識する

l  アイコンタクト、深度、残圧チェックはこまめに行う。

l  呼吸は止めない。(息こらえをしない)

l  バディ間、列間は離れすぎず(アイコンタクトのとれる位置)、何かあってもすぐに対処できるようにする。

l  時間が経つと、タンクが軽くなり浮き気味になるので注意すること。

l  水中で器材を引きずらないよう注意する。

l  砂の巻き上げに注意する。

l  危険生物には注意する。

l  常に周囲に気を配る。(船のアンカー、エンジン音、珊瑚、他のダイバー等)

 

 

グループ潜水での注意点

n  隊列の順番を守る。

n  トップは後ろのバディにも気を配る。

n  リーダーは残圧報告の際、バディ間で少ない方の残圧を知らせる。

 

 

(n)水中サイン


   


 

テキスト ボックス: エアーが切れた



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


            

 

 

 

 


      

   水中点検します      シュノーケル・セカンド交換       アイコンタクト

 

 

 

 

    mで3分安全停止           残圧               キレイ

 

 

            

息ごらえするな

 

 

            

気持ち悪い

(o)はぐれたときの対処

l  ガイドがいる方はガイドの指示に従う。ガイドのいない方は、その場で一分待機してから通常の浮上をし、水面遊泳でベースに戻り、待機する。

 

注意

n  事前にガイドと打ち合わせをした場合はその対処法に従う。

 

 

(p)音に対しての注意点

l  音源確認をする。(船のエンジン音、ダイブホーン、タンク等)

他バディを呼ぶとき タンクをナイフで23回叩くか、ダイブホーンを23回鳴らす。

SOSサイン タンクをナイフで永続的に叩くか、ダイブホーンを永続的に鳴らす。

l  水中でSOSサインを確認したら、全員の安全を確認し、ガイドの指示に従う。

 

(q)安全停止 

l  どんなダイビングを行った後でも、必ず5mで3分の安全停止を行う。

l  流れの強い時は、ロープにつかまって流されないようにする。

l  中性浮力が十分にとれない場合は潜降ロープにつかまる。

 

(r)浮上

l  上方を確認し、混雑してないか等で浮上するかどうか判断する。

l  ガイドの指示により浮上する。

l  BCの排気サインを出し、エアーを抜く。

l  息を止めるなサインを出しながら、速度を守ってゆっくり浮上する。

l  砂の巻き上げに注意する。

l  アイコンタクト、耳、上方の確認を忘れない。

l  リーダーはバディと同じか、やや上の位置を取る。

l  浮上速度を守り、相手をすぐにホールドできる状態を保つ。

l  浮上後必ず浮力確保し、シュノーケルとの交換サインを出し、交換する。

(海況、その時の状態によりセカンドを使用)

l  バディ間でOKサインを出し合う。

 

注意

n  ゆっくり浮上し、息こらえしない。

n  浮上速度は18m/分以下を厳守。1番小さな泡より遅く。

 

(s)エキジット

l  1列目から、下級生が先にエキジットする。

l  水から完全にあがるまで、マスク、シュノーケルは外さない。

l  グループ全員が完全にエキジットした後、トップが人数を確認する。

l  脱着の場所をリーダーが指示する。

l  ボートの場合は自分がエキジットしたら次の人にOKサインを出す。

 

注意

n  後がつかえないように、速やかにエキジットする。

n  エキジットしている人の真後ろ、ラダーの下には行かない。

 

 

(t)脱着

l  タンクを下ろす。

l  グローブを外し、手の水気を取る。

l  タンクのバルブを閉める。

l  セカンド又はオクトパスのパージボタンを押してエアー抜く。インフレーターホースを外し、

ファーストを外す。

l  ファーストのダストキャップの水、ゴミをタンクのエアーで吹き飛ばす。

l  タンクを片づけ、器材を整理する。

 

注意

n  グローブはファーストを取る前に外す。

n  脱着は迅速に、正確に行う。

n  船上の場合はタンクにウェイトをかませる。

 

 

 

ベースに置いておく物

l  真水、部員の保険証のコピー、携帯電話、連絡先 ビーチの場合は以下のものを追加 救急箱、保健バック、毛布、メガホン)

 

 

 

RESCUE MANUAL

 

青山学院大学理工海洋調査研究会

35代幹部

 

 

目的

l  海に対する安全意識を高める。

l  ダイバーとしての責任感を養う。

l  レスキューの基本的知識および技術を習得する。

 

 

前提

l  事故者は意識なし(ブラックアウト)、口内異物なしの状態。

l  水面にいるものとする。

 

 

1溺者発見・キャリング

 

@水面に、意識不明と思わしき人を発見。(溺者はうつ伏せ。)
 顔あげクロールで常に溺者を見ながら、声の届く範囲に接近する。

 (顔あげクロールの時はシュノーケルをくわえる。)

 

A声の届く範囲に接近したら「おーい、大丈夫ですか。」と大声で数回呼びかける。

(声を掛けるときは、シュノーケルを外す。)

 

B反応がなければ、溺者の左背後から接近する。(その際も、数回声をかける。)

 

C声を掛けながら、横から肩を叩いてみて、反応がなければ、右手でウェイトベルトの余り部分をつかみ、左手で溺者の左肩を押して仰向けにすると同時にウェイトも外す。

 

D気道確保する。

顎がしっかりと上を向くように右手で首を支え、左手で額を下方に押す。

溺者の顔に水がかからないように、わきを締め、首をしっかりホールドアップする。

 

E溺者の顔に水がかからないように、手の水を払い、溺者の口からシュノーケルを外し、次にマスクを外す。

自分のシュノーケル、マスクを外す。

 

F急速喚気をする。

溺者の鼻をつまみ、深くゆっくりと、一度息を吹き込み、吹き込んだ空気が肺から出きらないうちに、一度目と同じ調子で二度目を吹き込む。

水面では、溺者の顔を内側に傾けて行う。

吹き込んだ空気により、肺が膨らんだかを胸を見て、確認する。

 

G人工呼吸をする。

5秒に一度のペースで息を吹き込む。

声をだしてカウントする。

(3で鼻をつまみ、4で首を内側に傾け、5で息を吹き込む。)

 

H岸へ移動する。

 人工呼吸を継続しながら岸へ向かう

 

キャリングの注意点

l  溺者から目を離さない。(特に、目、胸、指先)

l  溺者のマスク・シュノーケルをはずした後は左手に水がつかない様にし、水がついた場合はその都度払う。

l  陸の方向や、波、岩の状態を確かめ、目標物を決め、最短のコースをとる。

l  気道確保の目安として、顎と耳を結んだ線と水面が垂直になるように行う。

l  人工呼吸は5秒に1度のペースを守る。

l  吹き込んだ息が漏れないように、鼻のシールはしっかり行い、11回鼻のシールを解く。(シール=鼻をつまみ、吹き込んだ息が漏れないようにすること)

l  ペース配分を考え、一つ一つの動作を確実にできるまで行い、その中できる限り丁寧に素早く行う。


2引き上げ

 

前提:溺者の左手側にウォッチリーダー、右手側に引き上げ係の状態で行う。

 

@レスキュー(搬送者)が陸に近づいたら、レスキューはウォッチリーダーと引き上げ係に「代わって」と言う。

 

Aウォッチリーダーと引き上げ係は溺者のわきの下から右手同士を差込み、後ろで肘を持ち合

う。

 

Bウォッチリーダーと引き上げ係りはお互いに肘を持ち合い,揺すってみて、はずれないことを確認する。

ウォッチリーダーと引き上げ係がOKサインを確認し合い,レスキューに2人で「OK」と言う。

 

Cレスキューはウォッチリーダーと引き上げ係に「次」と交代の旨を告げる。

 

Dウォッチリーダーと引き上げ係はレスキューから交代の旨を受けたら、「次」の吹き込みが完全に終わった後、引き上げる。

 

E移動中、ウォッチリーダーの指示により、引き上げ係は10秒に1回の急速喚気を行う。

その際に、一旦立ち止まって、気道確保、急速喚気を行い、再び搬送する。

 

Fベースまで到達したら溺者を仰向けに寝かせ、気道を確保し、ウォッチリーダーは急速喚気をし、人工呼吸を行う。

溺者を寝かせる際には、溺者にショックを与えないように引き上げ係は溺者の頭を支え、寝かせる。

また、ウェットのファスナーも下ろし、ウォッチリーダー側の手のひらから上にして、脚を広げる。

 

引き上げの注意点

l  ウォッチリーダーはあらかじめベースを決めておく。ベースは潮の干満を考慮し、平坦な場所を選ぶ。石、ゴミなどは取り除いておく。

l  溺者から目を離さない。(特に,目,胸,指先)

l  ペース配分を考え、一つ一つの動作を確実にできるまで行い、その中できる限り丁寧に素早く行う。

l  意思伝達をはっきりと行う。

l  気道確保は軽く額を押して行う。

l  吹き込んだ息が漏れないように、鼻のシールはしっかり行い、11回鼻のシールを解く。

 

 

 

3陸での人工呼吸

3-1 呼吸あり

@近くに座り、軽く鎖骨をたたきながら声をかける「大丈夫ですか?何か助けがいりますか?」

 大きな声で「反応なし」と言う。

 周囲の人に助けを求める「119番お願いします」「AEDを持ってきてください」

 

A溺者を楽な体勢にする(指先を上、足を肩幅、ウェットのファスナーを下ろす)

気道確保をし、溺者の口に耳や頬を近づけ呼吸の確認をする。

大きな声で「呼吸あり」と言う。

 

B溺者を回復体位にし、救急隊が来るまで観察を続ける。

 

3-2 呼吸なし

@近くに座り、軽く鎖骨をたたきながら声をかける「大丈夫ですか?何か助けがいりますか?」

 大きな声で「反応なし」と言う。

 周囲の人に助けを求める「119番お願いします」「AEDを持ってきてください」

 

A溺者を楽な体勢にする(指先を上、足を肩幅、ウェットのファスナーを下ろす)

気道確保をし、溺者の口に頬を近づけ呼吸の確認をする。

大きな声で「呼吸なし」と言う。

急速喚気を2回し、循環の確認をする。

大きな声で「循環なし」と言う。

 

B急速喚気を2回する。

心臓マッサージを30回する。

救助隊が来るか溺者が意識を回復するまでBを繰り返す。

 

人工呼吸の注意点

l  陸での気道確保はチンアップでしっかり行う。

l  人工呼吸による溺者の何らかの反応があるかどうかを確認する。(特に瞼、胸、指先)

l  気道確保をするときに溺者の首の後ろを持たないようにする。

l  吹き込んだ息が漏れないように、鼻のシールはしっかり行い、11回鼻のシールを解く。

心臓マッサージの注意点

l  胸の真ん中を押す。

l  溺者の真上に体を持っていく。

l  1分間に100回の早さで行う。

l  4〜5センチ沈む程度の強さで。

 

 

 

 

何よりも溺者を大切に扱うこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CHECK DIVE

  

青山学院大学理工海洋調査研究会

35代幹部

目的

l  スキューバの基本的技術を長期合宿前,及び合宿初日に見直し、安全意識を高める。

 

A-1 マスククリアー

l  トップがBCのエアーを抜くように指示する。

l  トップとバディがサインを出し合い向かい合う。

l  トップから行い、トップがやっているときは、バディは岩等につかまっておく。

l  マスクに水を入れて、目を開けて大丈夫ならOKサインを出す。

l  マスクの上部を押さえて、上を向きながら鼻から息を出す。

l  マスクの水が全部ぬけたらOKサインを出す。

l  次に、トップの「どーぞ」サインが出てからバディが行う。

この際に、トップはバディのBCをしっかりホールドして、反対の手で鼻をつまむ用意をする。

 

A-2 マスクリカバリー

l  トップがBCのエアーを抜くように指示する。

l  トップとバディがサインを出し合い向かい合う。

l  トップから行い、トップがやっているときは、バディは岩等につかまっておく。

l  マスクをとって、目を開けて大丈夫ならOKサインを出す。

a)マスクを顔にあて、マスクの上部を押さえて上を向きながら鼻から息を出す。

マスクの水が全部抜けたら、ストラップをかけてOKサインを出す。

b)マスクをつける。

マスクの上部を押さえて、上を向きながら鼻から息を出す。

マスクの水が全部抜けたらOKサインを出す。

l  次に、トップの「どーぞ」サインが出てからバディが行う。この際に、トップは邪魔にならないようにバディのBCを、真正面から利き手でしっかりホールドして、反対の手で鼻をつまむ用意をする。

 

注意

n  バディが焦ったときは鼻をつまむ等してバディを落ち着かせる。

n  髪の毛、ストラップに注意する。 

B レギュレーターリカバリー

l  トップはBCのエアーを抜くように指示する。

l  トップとバディがサインを出し合い向かい合う。

l  トップから行い、トップがやっているときは、バディは岩等につかまっておく。

l  セカンドを外し、マウスピースを下に向けて横に置く。

l  右肩を落とし、右腕を前にのばし、前から体側に沿わせながら、後ろに一回転させる。

l  ホースが腕に引っかかったら、手でホースをつたってセカンドをつかむ。

l  セカンドをくわえ吐く、吸う、吐く、吸う、を繰り返して息を整え、OKサインを出して終了。

l  吐く息が残っていない場合は、舌でマウスピースをシールし、パージボタンを押す。 

(レギュレータークリア)

l  次に、トップの「どーぞ」サインが出てからバディが行う。

 

注意

n  セカンドを外している間は、息を吐き続ける。

n  セカンドを目で追わない。

n  トップは正面から右手でバディのBCの左肩部分をつかむ。

n  いつでも渡せるように左手で自分のオクトの付け根を持ち、バディの口元に準備する。

 

 

C オクトパスブリージング

l  トップはBCのエアーを抜くように指示する。

l  トップとバディがサインを出し合い向かい合う。

l  トップが先に行う。

l  エアーが切れた、エアーをくれサインを出す。

l  バディはOKサインを出し、右手同士で相手のBCの左肩部分をホールドし合い、オクトの付け根を持ってホールドしている腕の上から与える。

l  もらう人はオクトが目の前にあることを確認してからセカンドを外し、オクトのエアーを吸うまで息を吐き続ける。

l  オクトをくわえたら吐く、吸う、吐く、吸う、を繰り返して息を整え、左手でOKサインを出す。

l  バディはセカンドを口元まで持ってきて、オクトをセカンドと交換し、吐く、吸う、吐く、吸う、を繰り返し、息が整ったら左手でOKサインを出す。

l  次に、トップから「どーぞ」サインが出てからバディが行う。

 

注意

n  パージボタンは手で隠さない。

 

 チェックダイブ 
バディと近づけ浮上エアーが少ない