新人合宿 

  器材に対する意識・扱い

→1年生は学校でメッシュに器材をすべていれて、自分のものという意識をしっかり持たせる

  宿泊は松登苑でなければダメか??

→ポイントからの移動の時間がもったいないので、歩いていける近い民宿にしたい

 

プール講習

2年も全員参加で!サポートの練習を取り入れてもいいかも?!

<プール講習までに>

 器材のセッティング、泳ぎ方、スノーケル&マスククリア(プール講習 前も後も)

 浅いプールでならば泳ぎの練習をしてもO.K.

<新人合宿までのプール練で>

 マスク脱着、立ち泳ぎ(適正ウエイトが量れる、フィンキックがきれいになる)

 ヘッドファーストと平行して,フィートファーストも。

 

レクチャー 

  PADIの教本(約¥3000)を一人一冊購入

  テストを海洋実習までに終わらせる

  §5つ 学習目標→Quiz→確認問題

       各自で読んでQUIZを解いてきてもらう

問題のところを集まったときに解説する

 

  ,3年生は器材トラブルに関する対処の知識も!!

   ファースト、セカンドステージのシステムくらいは知っておく必要がある

   Ex.フリーフローはどういう状態なのかetc..

 

 

 

 

 

年間を通して 

<3年>

 最終的に3年生は1年生(初心者をみることができる)

 3年生のスタートは、1年生を見ることからはじまる

 ・・・っということは3年の6月(新人合宿)前までに完成していなければならない

   ↓

 2年生の春・夏、そして3年生の6月はどういうステップUPをしなければいけないのかを決める

 

  2年生のどの時期に初心者ではない人(2年生同士)で潜るのか

 

<2年生>

 2年の夏で1年生を連れて潜れる

  早い段階でナビの練習をする

1年生:コンパス(残圧計を見るのと同じ感覚で見る習慣をつける)

      ↓

2年生:1年生につく練習をする←ここに3年がつく

     (3年が見ているときに1年を見る練習をする)

秋合宿で2年にパーティ管理

     (3年が1年生のようになる。模擬シュミレーション、トラブル解決)

 2年生のプール練

     スクーバの練習も、とりいれたほうがよい

     いろいろなシチュエーションを考えさせる(リーダー・サポートの位置など)

コンパスをファンダイブのときにも使っていく

2年生に早めに自分たちで計画を立てて練習していってもらう

(なにがやりたいか?などでもよい)

 サポートの練習 

<1年生>

 ナビを早い段階でさせて、バディを意識

 早い段階で2人で潜っているという意識をつける

3年生が今年、しっかりとした“こし”をつくれるように!!

来年度からは、実際にどうやっていくかだけにしておけば、毎年同じことを繰り返さずに前に進める。

 

年度の初めに、しっかりと目標を示してあげたほうがよい。