練習マニュアル

1.プール練習

概要:海での安全で楽しいダイビングをするために、週三回以上、学校内のプール(25m×7コース、最浅12,5m、最深17,5m)で練習を行っている。練習期間は前期が4月〜7月、後期が9月〜11月である。

主な練習内容は立ち泳ぎ練習、ジャックナイフ、潜泳、曳航練習となっている。

一回の練習は一時間弱。

上級生が下級生を指導するので1年生の人数≦2、3年生の人数となっている。

 

 

〈各学年の練習目的〉

1年生の練習目的:1年生は11月までにバディ卒業(ウエイト無マスク外し・ウエイト脱着)を目標に練習をする。加えて、後期からは来年から新入生を守る立場になるのでその準備として曳航練習をする。

 

2年生の練習目的:1年生バディの練習をみる者のことをスキンチーフと呼ぶ。

         2年生には1年生をバディ卒業させるという仕事が任せられる。そのため、前期は3年生がSKチーフを担当、2年生はヘルパー(SKチーフのサポートをする者)を担当し、3年生からSKチーフの技術を学ぶ。同時に、ヘルパーとしての技術も上げていく。また、1年生が入ってくるまでは3年生バディに対してSKチーフ練習をする。後期からは、本格的に2年生がSKチーフを担当し、1年生をバディ卒業へと導いていく。

 

3年生の練習目的:3年生は練習の全体管理者として各学年の練習が安全に行われるように努めている。バディの安全管理だけではなく、練習全体の安全を管理するので、広い視野と今まで以上の安全意識が求められる。そこで、前期練習が始まる前に今までの技術確認のため3年生だけで練習したり、情報交換をしたりして、3年生同士、切磋琢磨しあう。教える立場になったが、常に学ぶ姿勢を大切にするようにしている。前期は1年生バディの練習、2年生のSKチーフとヘルパーの練習をみる。後期は2年生チーフのヘルパーとして1、2年生の練習をサポートする。

 

 

〈各練習の方法や制限〉

練習前にはアップとして100m泳ぎ、練習後にはダウンとして50m以上泳ぐ。

1年生バディ1〜2人に対して上級生チーフとヘルパーがつき、3〜4人1組で練習をする。

前期練習は立ち泳ぎ練習→ジャックナイフ練習→潜泳の順に練習をする。

後期練習はジャックナイフ練習→潜泳→曳航練習の順に練習をする。

 

立ち泳ぎ練習:適正ウエイトをつけて1年生は5分、2・3年生は7分の立ち泳ぎをする。

 

ジャックナイフ:エントリー前にグループ内で互いに器材チェックをしながら、上級生は下級生の体調をチェックする。プールサイドからジャイアントでENし、EN後再び器材チェックをしてから練習を始める。

        各自適正ウエイトをつけて17,5mの場所でJKの練習をする。1本目は必ず耳抜きの調子や息の長さといった体調確認をする。耳が抜けづらいなど耳の調子が悪い者がいる場合、浅い場所へ移動して練習をする。ウエイトを外す場合やその日定めた練習のMAX、負荷の高いメニューをする時は互いに注意し合うために他のグループに報告する。なるべくその日定めたMAXは超えないように練習メニューをたてる。

        一回の練習でJKにかける時間は20分程度で、メニュー立てによるが10〜20本JKをする。1本やるごとに上級生からの技術指摘がある。

 

潜泳:25m潜泳をする。12,5mくらいのところでマスク外しなどのメニューをこなす。一回の練習で8本(2〜3分サークル)前後潜泳をやる。

   潜泳でも1本目は体調確認をするようにしている(メニューをしない25m潜泳)。息が苦しくなった場合はチーフに浮上サインを出してから浮上するようにしている。その際、浮上速度が速くならないようにするためチーフはバディの肩を押して浮上速度をゆるめてあげる。チーフは1本ごとにバディの体調や息の調子を確認する。それに合わせて練習メニューを決定する。潜泳もJKと同じように負荷の高いメニューをする時は他のグループに報告し、互いに励まし合ったりする。

 

曳航練習:溺者を陸上まで運ぶ練習。距離は75m。チーフ(溺者にマウストゥマウスをしながら主体的に陸上まで運ぶ者)とヘルパー(チーフに様々なサポートをしながら溺者を陸上まで運ぶ者)と陸(チーフが最短距離を移動できるように指示したり、陸上移動の指示をしたりする者)と溺者役(上級生が担当)の4人1組で練習をする。チーフとヘルパー、陸はローテーションして練習する。

     「曳航始め」の掛け声に始まり、溺者の呼吸と脈を確認するところまでをひとつの練習としている。上級生は練習をみて、手順ミスや改善すべきところをひとつの練習が終わるごとに指摘する。さらに、ふざけて練習している者や浮ついた気持ちで練習に取り組んでいる者がいれば厳しく注意するようにしている。

 

 

2.合宿・ツアー

春ツアー、ナビ練合宿、新歓ツアー、夏合宿、小笠原ツアー、仮執行合宿、秋合宿を3〜11月の期間に行っている。ツアーはダイビングを楽しむことに、合宿はダイビング技術を上げることに重きを置いている。執行部がたてた年間目標に沿った各合宿、ツアーの全体目標をたてる。さらに、その全体目標に沿った各学年目標をたて、それを達成することで部の活動を充実させようとしている。

 

〈各合宿・ツアーの特徴〉

春ツアー:3月に7泊8日で場所は沖縄で行う。参加者は1・2年生。2年生  は代が変わり初めて執行部として下級生をダイビングに連れて行くことになる。ダイビング自体はイントラに任せるが、執行部として部全体の安全を管理する立場になるので全体管理者としての意識を高める。その一方で、ダイビングの基本である楽しむということに立ち返り楽しさを再確認し、新しい楽しみを見つけるようにもする。1年生は上級生となり、守られる立場から守る立場になるので、その最初のスッテプとして、安全への意識を高め、自己管理もできるようにする。

 

ナビ練合宿:5月に2泊3日で場所は富戸で行う。参加者は2・3年生とOB。2年生の上級生としてのスキルアップを主な目的として行う。内容はSKチーフとSCチーフ(SC中バディの安全管理をする者)の練習をする。3年生を1年生に見立てて練習をする。

      3年生は部全体の安全を管理すると共に2年生のスキルアップに努める。3年生はここでの反省をこれからの合宿に活かすようにする。

 

新歓ツアー:6月に1泊2日で場所は大瀬崎で行う。参加者は1〜3年生とOB。1年生に初海を経験させることを主な目的として行う。

1年生は海でのダイビングを楽しみ、海とプールの違いを知ったり、部の雰囲気になれたりするようにする。

3年生が1年生の練習を見る。練習を少しこなしつつ、1年生に海でのダイビングを楽しんでもらえるようにする。1年生がダイビングを楽しいと思えるように様々な楽しみを提供する。

2年生は夏合宿で主体的に1年生の練習を見ることになるので、3年生の様子をよく観察し、3年生の技術などを学ぶ。

 

夏合宿:8月に7泊8日で場所は大島で行う。参加者は1〜3年生とOB。この合宿で初めて本格的な部の活動として、1〜3年生とOBが揃う。そこで、部の連帯感を高めるために立ち泳ぎ練(部員全員で立ち泳ぎを行う)やタンキャリ(タンクを背負って1qフリッパーをする)を行う。

    1年生は初SCをし、OW講習をする。そして、SKバディとSCバディ卒業に向けて練習をしていく。エア切れに備えAS練習も行う。

    2年生はSKチーフ、SCチーフ、SCヘッド(バディ‐チーフ‐ヘルパーの3人1組を2〜3組連れグループ全体を楽しませながら、安全管理し行って帰ってくる者)、ASチーフの完成に向けて練習をしていく。2年生は合宿前半の3年生の手本をみて学び、後半は主体的に1年生の練習をみる。

    3年生は今までの反省を活かして、過去のどの執行部にも負けない執行をとる。全体目標と各学年目標の達成、1・2年生のスキルアップに努める。初めての要素が多いので、OBのアドバイスを受けながら一層安全に配慮する。

 

小笠原ツアー:9月に14泊15日で場所は小笠原で行う。参加者は1〜3年生とOB。1年生も一通りの技術を身につけているので、部員全員でダイビングを楽しむ。1年生は夏合宿で学んだことを活かしてダイビングを楽しむ。ダイビングをイントラに任せるので、2・3年生も合宿のような制約から少し解き放たれ、ダイビングができるので楽しみを再確認したり、新たな楽しみを見つけたりする機会にする。

 

仮執行合宿:10月に2泊3日で場所は富戸で行う。参加者は1〜3年生とOB。2年生が来年から執行を執るので執行の練習をしに行く。2年生が執行部レベルの安全意識を持ち、ダイビング以外の執行部の仕事を学ぶことを目的としている。1年生はバディ卒業を目指し練習をする。2年生はダイビングの安全管理も含め合宿全体を運営していく。3年生は2年生に合宿全体を任せるが、計画が不十分だと思ったり、部員に危険が及ぶと判断したりしたら2年生にそのことを指摘し改善させる。3年生も現執行部として合宿全体を管理する。3年生は執行部として学んだことを2年生に伝える。

 

秋合宿:11月に4泊5日で場所は八丈島で行う。参加者は1〜3年生とOB。執行部がたてた年間目標の達成や2年生のSCヘッドなどの完成や1年生のバディ卒業を目的とする。1年の活動の集大成である。

    1年生はバディ卒業と曳航練習やASチーフの練習をする。守られる立場や連れて行かれるダイバーとしては最後の合宿となる。そのため、曳航練習やASチーフ練習を行う。加えて、バディ卒業に満足せず来年入ってくる1年生に魅せられるダイバーとなるように努める。

    2年生は仮執行を経験したので新たな視野を持って合宿に参加し、自分達の執行と3年生の執行の違いをよく見て来年からの執行に役立てるようにする。また、SCヘッドなどの知識を上級生から学ぶ最後の機会になるので疑問を残さないようにし、上級生に負けないSCヘッドなどを目指す。

    3年生は執行部としての最後の活動になる。水温が低かったり、最後の合宿ということで気の緩む者がいたりするので最後まで気を抜かず、OBや下級生に魅せつけられるような合宿運営をすることが望まれる。

    年間目標や各学年の目標の達成に努める。