潜水部

安全対策マニュアル

 

 

 

 

 

 

作成者代表 潜水部53代執行部 部長

海洋環境学科 0711089 

古野 倫子   

1.品川から館山ステーション、及び館山ステーションから品川への移動

 1.電車は同じ車両に乗るように心がける

 2.団体行動

 3.代表者が全員の人数を確認

 4.乗車時、乗り換え時、下車時に人数確認をする

 

2.器材車使用時の安全対策について

 合宿の際の器材の運搬に器材車として1BOXタイプのワゴン車をレンタルし、使用している。

 運用時、以下の数点に注意している。

1.交通法規を遵守する

2.積載量および乗車定員を遵守する

3.乗員にシートベルトの着用を指示する

4.乗車前に車輌の安全点検を行う

5.適度な休憩を心掛ける

6.常に器材管理責任者を同乗させる

 

3.飲酒の禁止

 潜水部では合宿中の飲酒を固く禁止しています。潜水部は安全第一の部活であり、万全の状況でダイビングを行うため体調に影響のあるアルコール分の摂取を禁止しています。また、ダイビングとは体にかかる圧力変化の激しいスポーツであり、圧力変化に伴う体内での気泡結成の要因となる炭酸飲料の摂取も禁止しています。

 

4.ワッチシステム

 潜水部はダイビングの安全性を向上させるためにワッチを常に2人以上設置する。

『ワッチ』とはダイバーを陸上で監視する者のこと。ダイバーの行動(練習内容・練習時間・行動範囲)を細かく記録し、常にダイバーの状況を把握することにより、異常事態(海況や天候の急激な変化・船の出現など)の際、ダイバーに適切な行動を取るように指示を出す。

 ワッチはウエットスーツ、三点セット、ウエイトを準備し、すぐ救助に向かえる体制で行う。また、筆記用具・携帯電話・メガホン・双眼鏡・ポケットマスク・タオルを携帯し、緊急時に対応出来るよう備えておく。

 海へ入る前に、リーダーが陸上で、予定「バディの名前・潜水場所・エントリー時刻・エキジット時刻・潜行時刻・浮上時刻・潜水時間・ダイビング中の浮上潜行の有無」を報告し、ワッチはノートにこれを記録する。実際海に入る(、上がる、潜行浮上)際もワッチに報告する。

 万が一、溺者がでてしまった場合、ワッチは連絡係と救助係に別れ、連絡係は救急車とAEDの手配をして助けを呼びに行き、救助係はすぐに海に飛び込み、溺者の救助に向かう。(レスキューやAEDを使った心肺蘇生法は普段練習をしている。)

 

5.練習メニューの決定

〈学校でのプール練習〉

1.事前に練習を行う者(主に一年生)の実力に合わせて、そのとき必要だと思うスキル(ダイビングを安全に行っていくためのもの)を十分安全を考慮に入れ考える。

〈海洋練習〉

1.合宿を行く前にそのとき必要だと思うスキル(ダイビングを安全に行っていくためのもの)を海の状況(干潮・満潮の時刻)や十分な安全を考慮に入れ考える。

2.一年生の練習を見る上級生(バディー)はそのときの一年生の実力とメニューから安全に行えると思われる者をつける。

3.二年生以上のバディーは安全だと思われる者同士で組ませる。

4.決めた練習メニューやバディーは、練習を行う前日や行う早朝にOBとインストラクターの方に報告し、修正点やアドバイスがあったときには、それを考慮に入れ考え直し、了解を得るまで修正する。

 

6.練習を行う際の注意点

〈学校でのプール練習〉

1.天候(特に雷など)を見て練習を行うか決める。

2.体調がすぐれないものは練習させない。

3.練習前にブリーフィングを行う。

4.練習を行っている者(主に一年生)意外にプールの中に人を入れ練習している者の状態(顔色など)など異常がないか見る。異常があった場合すぐに練習を中止にする。

5.プールの外にも人を置き、異常があった場合、助けに行く、救急車を呼ぶ、AEDを持ってくることが出来る状況にしておく。

〈海洋練習〉

1.インストラクターの監視の下、練習を行う。

2.天候(特に波、雷、海の濁り、風)を見て練習を行うか決める。

3.体調がすぐれないものは練習させない。

4.練習前にブリーフィングを行う。

5.練習を行う際、陸にワッチを最低2人以上置き、潜っている者に異常がないか監視する。異常がある場合、助けに行く、救急車を呼ぶ、AEDを持ってくることが出来る状況にしておく。

6.ダイブテーブルに従い、潜水時間を決める。

7.練習を行うものはワッチに潜水時間、進行方向などを報告し、それに沿って練習を行う。

8.バディー同士は海・陸に関わらず相手の状態を気にし、確認する。

9.海に潜るときや海から上がってきたときは、そのことを随時ワッチに報告(サインで)する。

10.潜っている最中に異常があった場合、すぐに潜るのを中止し海から上がってくる。

11.生物に触れない。

12.リーダーは一緒に潜る者の状態を常に気にし、確認する。

13.練習終了後、一年生を見ていた上級生はトレーナーに一年生の現状を報告する。(この報告をもとに次の練習メニューを考える。)

 

7.体調管理

1.合宿前・合宿中は可能な限り早く寝る。

2.健康管理は各自徹底して行い、体調・熱・耳抜き・器材不備・その他、に不良があった場合は報告する。

3.風邪気味だと思う者は話し合い、練習内容を変更したり、見学させたりする。

4.安全第一の部活であり、万全の状況でダイビングを行うため、体調に影響のあるアルコール分の摂取を固く禁止とする。

5.また、ダイビングとは体にかかる圧力変化の激しいスポーツであり、圧力変化に伴う体内での気泡結成の要因となる炭酸飲料の摂取も禁止とする。

6.練習中は救急箱を用意する。中身や使用期限、残量を合宿ごとに確認し、常に使える状態にしておく。

7.練習中はお茶を用意し、各自こまめに水分補給を行い、熱中症といった体調不良に気をつける。

8.海況判断を行い、無理のない安全なダイビングを行う。また、海況に応じた練習内容とする。

 

8.学外活動

1.関東学生潜水連盟に所属し、積極的に活動に参加し、安全対策に関する知識・情報を共有し合う。具体的には週1回の定例会、安全主将会議、SAI等の会議に参加する。目的は、学生ダイバー同士、安全対策についての話し合いや意見交換、他大学で起こった事故の検討、講師を招いての勉強会等である。

 

9.海洋練習

1.ケガの予防のため、必ず、ダイビングの前後には念入りに体操を行っている。

2.潜る前には必ず、セルフチェック、バディチェック(体調確認を含む)を行い、器材の故障による事故の防止に努める。また、相手の器材をチェックすることで、どこに何があるのかを知り、万が一事故が起こったときに、俊敏かつ冷静に対処出来るようにする。

→セルフチェック

自分の、充填ガスの確認、残圧の確認、レギュレーター・オクトパス・インフレーター等、器材に不備がないことを確認する。

→バディチェック
バディのバルブが開いていること、充填ガス、残圧、レギュレーター・オクトパス・インフレーター・コンパスが正常であるかの確認、笛・ダイブアラート・フロート・ダイブテーブル・ダイブコンピューター・時計・スレート・水中ノート・水中ナイフ・ウエイト・グローブ・三点セットを持っているかのチェック、体調の確認を行う。

・海に入る際には必ず潜水旗をあげることで自分たちが潜っていることを船や釣り人に知らせる。

3.ダイビングの安全性を向上させるためにワッチシステムを厳守した潜水を行う。

4.実際に溺者が発生し、事故が起こった場合を想定してレスキューのシュミレーションを行う。また、実際にレスキューを行うことで、溺れた人を助けることがいかに大変かを体験する。そこからどのようにすれば事故を起こさずに安全にダイビングができるかを考え、未然に事故を防ぐ。

 

10.スクーバレスキュー練習

 1.救助者は溺者から少し離れたところで溺者の様子を観察する。呼吸の泡が出ていないことなどを確認する。

2.溺者に近づき、顔の前で手を振って反応するかどうか確かめる。溺者のタンクヘッドを持ち、溺者のウェイトベルトをはずす。溺者の口にしっかりレギュレーター を押さえつけ、自分のフィンで抵抗をつけながら、ゆっくり浮上する。海面に出たら、両方のマスクをはずし、2回人工呼吸を行う。

3.溺者のBC、自分のウェイト、自分のBCをはずす。その際、5秒間隔で1回の人工呼吸を行う。浜まで曳航する。5秒間隔で2回の人工呼吸を行い、溺者の顔が水に沈まないように注意する。浜に近づいたら、溺者を背負って浜に上げ、頭がやや下になるようにななめに寝かせ、回復体位にする。

 

11.スキンレスキュー練習

 1.浜から溺者を発見し、「要救助者発見、救助に向かいます。○○さん、119番お願いします。××さん、AEDを持ってきてください」と溺者から目を離さずに指示を出す。

 2.水面が腰ぐらいになる所まで走っていき、フィンを履く。ヘッドアップクロールで溺者の5m手前まで行き、溺者に水をかけ「大丈夫ですか、ウェイトを捨てて下さい。」と、声をかける。

 3.意識がある場合、ジャックナイフをして、溺者の膝下を持ち回転させ、羽交い絞めにして後ろからウェイトをはずす。溺者のマスク、自分のウェイトを捨てて、自分のマスクを首にかけ、2回人工呼吸を行い浜まで曳航する。その際、5秒間隔で1回の人工呼吸を行いつつ、溺者の顔を沈めないよう注意する。

 

12.陸上練習

1.練習を行う際にはあらかじめ陸でブリーフィングを行う。

2.練習内容に応じては、講義を設ける。(例:ボートダイビング、コンパスナビゲーション)

3.部員の安全に対する理解、意識を向上させるため、テストを行う。

4.危険生物を理解し触らないよう、また万が一刺された場合の対処法について学ぶ。

5.同様に潜水病について、海況について学ぶ。

6.救急の場合の対応と、人形を用いてCPRの練習を定期的に行う。その重要性についても学ぶ。

7.練習用AEDを用いてその使用方法を学ぶ。

 

13.器材管理

1.レギュレーター、ゲージは精密機器であるため、特に乾燥させて保存しなければ簡単に劣化し緑青が生じてしまうので注意する。ホースやマウスピースの部分にはゴム・シリコンが使用されているため、劣化して破裂してしないよう注意する。

2.BCという器材には空気を給気するインフレーターという部分があり、金属製のため緑青など錆が生じてしまい給気できなくなったり給気が止まらなくなってしまったりするため保存方法を注意する。

3.タンクには空気が出る部分にOリングというものがあり、これが劣化してしまうことで、突然破裂してしまう場合があるため、亀裂が入るなどしたらすぐに取り替える。

4.これらの器材は不具合が生じた場合に事故につながりやすいため、移動させる際には衝撃を与えないように細心の注意をはらう。

 

14.その他

1.全員「DANJAPAN」というダイバー用の保険に加入する。

2.夏期の毎昼休みに学内プールでフリッパー練習(スノーケルとフィンを付けて泳ぐ練習)を行っている。その際、安全のために必ず下級生には上級生がつくことにしている。ウエットスーツを着てプール内で見る者とプールサイドから見る者に分かれて行っている。また、一年生のみでの練習は禁止している。

3.プール練習の前後には念入りに体操を行っている。

4.安全にダイビングが出来るように、講義を行い、知識を深める。

5.正しい知識が身についているか定期的にテストを行う。

6.CPRの練習を定期的に行う。