日本大学スキューバダイビングクラブ

 

ライセンス講習の時にショップを経営するOBの下である程度指導はありますが、それ以外は基本的に練習はしていません。実践での技術向上を狙っているためにツアーと合宿が混同しています。

合宿は年五回ほど。比較的波が穏やかなポイントを選び、セルフダイブでダイビングの基本動作に慣れます。ボートダイブはある程度慣れてから行います。

ミーティングの時間にその日の反省、注意点等をまとめて伝え、次のダイビングへの助言や課題を出したりします。

練習をしない分、短期間に数多く潜っているので技術向上や問題改善に結び付きやすいのが長所です。ただ、安全面では他の団体と比べるとやや希薄な部分もある(実践だけでは培えないものもある)のが短所であると思います。