芝浦工業大学体育会スキューバダイビング部

 

練習マニュアル

・長期休暇でないときの練習

 

前期は主にスキンを中心、後期はフリッパーを練習。

主な使用プールは辰巳だったが、東亜潜水機のプールを今年から使うつもりである。

 

・長期休暇中

生理、潜水物理、器材、気象学、レスキュー、魚について講習を行い、ダイビングの知識を十分に備えて合宿を行う。

間にプールをはさみ、スキルチェックを行う

 

 

〈各学年の練習目標〉

1年生の目標     :一年生は夏までにCカードを取得するのに必要なスキルを練習で身につけさせる。部の流れを理解してもらう。

 

2年生の目標     :一年生の指導を中心とする。ワッチの関係上二年生はレスキューの資格を取る。練習を動かすのは二年生である。

 

3年生の目標     :練習の監修を含め、全体の流れを指示、下級生の手本となるようにと意識し部活に参加する。

 

 

 

 

セルフダイビング

前後半に分かれ、各班に幹部が必ず一人つく。チーフ・サブチーフが割り当てられ、   チーフがナビを取る。前半組が潜っているとき、後半組がワッチと呼ばれる陸番役を する。ワッチはワッチリーダー、レスキュー、平ワッチに割りふられ、定められた仕事をする。

 

ガイド付きのダイビング

各班に幹部が必ず一人つくように班分けを行い、チーフ・サブチーフが割り当てられる。春合宿のみガイドを付けてボートダイビングを行っているので、ワッチは行わない。

 

 

 

<チーフ>

班員の安全管理、潜水計画を立ててナビゲーションする、EN・EX方法も指示。

予備ウエイトを必ず持っていく。

 

<サブチーフ>

チーフの補助、班員の安全管理を行う。シグナルフロートを必ず持つ。

 

 

年間の合宿について

 

ナビゲーション練習合宿

セルフ、ビーチ

チーフ:2年、サブチーフ:3年

 

GWを利用して2・3年生だけで行う。合宿では実際に2年生がナビをとり、ダイビング後のミーティングで反省点を話し合う。ナビ以外にも安全管理も行う。もしダイビング中に危険を感じる場面がある場合は2年にかわって3年が指揮をとる。ナビ練合宿前に 3年によるナビ講習を行っている。

夏合宿

セルフ、ビーチ

チーフ:2年、サブチーフ:3年

 

合宿初日にレスキュー練習として、合宿前の強化練にて勉強したレスキューの方法を 実際に海で訓練する(曳航、引き上げなど)。1年生には合宿・ダイビングの流れとワッチ体制についての認識を徹底させる。

 

 

 

秋合宿

セルフ、ビーチ

チーフ:2年、サブチーフ:1年(ナイト時→サブチーフ:3年)

 

1年生にサブチーフをさせて、チーフの補助、班の一番後ろからついて行くことにより広い視野で安全管理の意識の向上を図る。

秋合宿では毎回ナイトダイビングを行い、昼間の海との違いを見たり、ライトの使い方などナイトで注意すべきことを学ぶ。合宿前には2・3年生によるサブチーフ・ナイト  ダイビング講習を行っている。3年生にとっては執行最後の合宿。

 

 

春合宿

ガイド付き、ボート

チーフ:1年、サブチーフ:2年

 

春合宿より2年生が幹部として執行をとる。

春合宿ではいつもガイドを付けているので、ナビ以外のチーフの仕事(安全管理など)を1年生に行わせる。また合宿中1人1本ナビを体験させている。

合宿前には2・3年生によるチーフ・ナビ講習を行っている。

 

 


ダイビングに関して

 

  PADIレクリエーショナルダイブプラナーで定められた減圧不要限界内において ダイビングを行う。

ナビ練合宿、夏合宿・・・テーブルダイビング

秋合宿・・・テーブルダイビング、ダイコンダイビング

春合宿・・・ダイコンダイビング

  潜水深度はセルフの場合は18mを基準に設定し、イントラ・ガイドがいる場合は

最大でも30mとする

  最大潜水時間は50分とする。ただしナイトダイビングでは40分。

  潜水計画の5分前には浮上するようにする。

  浮上速度は1分間18mを超えないこと。

  水中カメラの使用は禁止。ただし春合宿のみ2年生以上は使用してもよい。

  薬を服用している場合はダイビングを絶対に行わせない。

ただし船酔い止めとして部で指定した薬であれば許可している。

 

合宿中の行動について

 

  毎朝、海峡判断をしに行く

海況判断の仕方

→前日の天気予報で天気または風、波などをチェックはするが、あくまで目安で あり、毎朝トレーナーが主立って、潜ると思われるポイントに出かけ最終判断をする。また現地のショップからの情報もなるべく収集するようにしている。

  毎朝、ストレッチを行う

  各自が起床時に体温を測り、メディカルチェック表に記入する。

また表の他の項目を個人の判断の下で書き込み、ダイビング前に主将が全員の表に目を通す。

  ダイビング前〜直後は禁煙

  ダイビング前日から禁酒

  原則として主将以外の幹部が運転する

  潜水後の飛行機搭乗は18時間を過ぎてからとする

  長い合宿では必ず中日を設ける

  中日にはマリンスポーツを行わない


緊急ワッチ体制(2008年度版)

 

緊急時、現場での指揮はワッチリーダーが執る事を原則とする。

 

連絡の優先順位

1、ショップ(指示を仰ぐ)

2、病院  (救急車の手配)

3、警察  (事故発生の連絡)

 

連絡事項

  発生時刻

  発生場所

  状況(事故内容)

 

 

ワッチ体制

ワッチ中は全員時計を付け、目視にて潜水班のバブルの追跡を行う。

ワッチリーダー・記録・連絡はポイント領域を見渡せる場所へ、

レスキュー・バブルウォッチャーはEN・EX付近の邪魔にならない場所でワッチを行う。

 

  ワッチリーダー

基本的にすべての指揮を執る。

主将バック(ファーストエイドキット)を持つ。

 

  レスキュー(レスキュー資格保持者、原則2人)

レスキューはスキューバ装備でレスキュー活動を行う。

ダイブホーンを付ける。

 

  バブルウォッチャー

目視+双眼鏡にて、潜水班のバブルの追跡を行う。

レスキューの補助としてスキン装備で待機。

 

  記録

班のメンバー、潜水計画、潜水時間などの記録、時間の管理を行う。

 

  連絡

緊急時、各機関への連絡を行う。

 

  荷物番(余裕がある場合、1名配置)

荷物番する。

 

  幹部交代とともに新幹部が更新する。

  原則として一年通してワッチ体制の変更は行わないが、上級生の人員不足により多少の変更をすることもある。