仮想学連合宿指針

連盟員は以下に定めた指針に従って潜水を行い、その意義を認識しなくてはならない。

 

<スキン&スキューバ統一規則>

・決して無理はせず、無理をさせない。

・決して息を堪える事はしない。  

・いかなる状況であろうと、単独潜水は不可。

・スキン・スキューバを行う前に準備体操を行う。

・スキン、スキューバを行う前に班員全員に対してブリーフィングを行う。

・スキン、スキューバ共にバディを組む。原則1年生には上級生のバディがつく。

・スキン、スキューバ共に全員がダイコンを身に付ける。足りない場合は、最低限バディで1人は身に付ける。ダイコンの貸し借りはしない。

・スキン、スキューバ共に陸番をおく。

・事前にトップ以外に、緊急時の健常者管理者を決めておく。

・水面休息時間は十分に取る。

 

<スキンダイビング規則>

・深度は10mまでとし、スキューバ後10時間以内ならば5mまでとする。

・陸番とスキンを行う際のリーダーからの指示が聞こえる範囲内で、スキンを行う。

・カメラの使用は禁止する。

 

<スキューバダイビング(セルフの場合)>

・無減圧限界内においてダイビングを行う。

・減圧潜水を行った場合は反復潜水を禁止する。

NAUIダイブテーブルを用いて潜水計画を作る。

・原則DT60分以内、BT45分以内で計画する。

・原則水深は25m以浅とする。

・浮上速度は毎分9m以下とする。

・原則安全停止は最大水深の半分で3分。その後、3〜5mで3分とる。

・ダイビング前には必ずバディチェックを行い、異常が無ければトップに報告する。

・残圧を50残して浮上できるようにダイビングを行う。

・反復潜水は最多でも1人あたり1日3本までとする。

・アシストは必ずフロートを携帯する。

100本経過より前かつ1年以内にオーバーホールに出した整備された器材を使用する。

・一番レベルの低い人に合わせてダイビングを行う。

<スキューバダイビング(ガイドをつけた場合)>

・基本的に、上記のセルフの場合の指針と同様。

・事前にガイドと打ち合わせをし、指針を説明、理解してもらう。

・ダイビングを行う前に必ずガイドからブリーフィングを受け、十分に理解した上で潜水を行う。

・原則水中ではガイドより前及び深くにいかない。

 

<その他>

・スキン及びスキューバを行う24時間前から1時間後まで、禁酒禁煙。

・礼儀正しく、けじめのある行動をとる。

・朝、必ず健康チェックシートに所定の内容を記入し、役員に提出する。

・早朝と潜水前の海況判断・ショップからの情報で、ダイビングを行うか役員が決定する。

・薬を服用する際は、安対委員長に必ず申告し、許可を得る。

・潜水後、18時間以内は飛行機に乗ってはならない。減圧停止を行うダイビングをした後は、24時間以内は飛行機に乗ってはならない。

・長期の合宿の場合は、役員側の判断で中日を設ける。

 

班編成一例

☆=トップ(ナビ)、★=アシスト(サブ)、A~Dは特に役職はないが、チームの中の最上級生の中で1人、健常