千葉県を中心とする潜水器漁業年表     潜水の歴史年表へ   トップページへ

:大場俊雄著「房総の潜水器漁業史」および、同氏による特別講義レジュメの千葉県漁業略年譜より抜粋。

幕末から昭和初年にかけて欧米の機器や技術がわが国に入ってきた、それらを巧みに漁業に導入して千葉県の漁業は急速に進展する。一つの例として、ヘルメット式潜水器によるアワビ漁業や東京湾のタイラギ・ミルクイ漁業がある。




項目 西暦 和暦
千葉県安房郡根本村でヘルメット潜水器による採鮑が始まる。増田万吉指導により森精吉郎らが経営する。 1878 明治11年
茨城県大津村でヘルメット潜水器による採鮑が始まる。 1879 明治12年
北海道でヘルメット潜水器による採鮑が始まる。 1879 明治12年
静岡県下田で田崎忠篤らが潜水器漁業を出願する。 1880 明治13年
千葉県川津村で鮑潜水器漁業が始まる。 1880 明治13年
北海道で水深15尋以内での潜水器採鮑が禁止される。 1881 明治14年
静岡県御前崎村、静岡県田牛(とうじ)村、千葉県布良村で、鮑潜水器漁業始まる 1882 明治15年
農商務省は沿海府県あてに潜水器漁業取締りの方法について布達する。 1882 明治15年
神奈川県城ヶ島村で鮑潜水器漁業禁止の嘆願書を漁民が県令に提出する。 1883 明治16年
島根県隠岐で潜水器16台を使用し鮑乱獲となる。 1883 明治16年
千葉県:水産集談会で潜水器使用制限を可決する。 1884 明治17年
千葉県大原沖に無尽蔵と思われるほとの鮑礁(器械潜水で鮑漁を行うので器械根とよばれる)が発見される 1885 明治18年
千葉県、茨城県、静岡県、神奈川県、東京府では9月から翌年3月までの潜水器による採鮑が禁止される。 1885 明治18年



潜水器採鮑は明治11年以降、1,2年の間に全国的に広まっていった。

しかし、高能率漁具である潜水器の無制限な使用は鮑の乱獲を引き起こし全国各地で問題となる。

安房郡七浦村の海士(素潜り漁師)がカリフォルニア州で鮑素潜り料を行う。 1897 明治30年
安房郡白浜村根本、砂取で海士・海女がウエットスーツを着用。 1960 昭和35年
しかし、ウエットスーツも乱獲につながるとして、現在でもウエットスーツの着用を許していない組合も多い。