潜水の歴史年表               西暦 和暦 出典
      項目


 漁労活動が盛んになるのは、気温が上昇し、氷河が後退し、海水面が上昇した新石器時代以降と考えられる。最初は、浅瀬の生物が採集の対象であったであろうが、取り尽くすと次第に深みへの素潜り漁に代わって行ったと考えられる。 縄文時代
「潜水漁業と資源管理」大喜多甫文著
ギリシャ・シェラキーズ攻撃 2300年前
潜水士テキスト
魏志倭人伝 285
潜水士テキスト
ドイツのゲーリケが空気ポンプの開発 1650
潜水士テキスト
ドイツのケレンゲルト(Klingert)金属製の実用的なヘルメット開発 1797
潜水士テキスト
James ジェームスにより実用的な最初のスクーバが開発される。 1825
潜水士テキスト
イギリスのシーベ(Siebe)が現在のヘルメットの原型を作る 1837
潜水士テキスト
長崎の大船修復場で潜水ベル(泳気鐘)が使われる 1858 安政5年 大場俊雄:房総の潜水器漁業史
横浜港で、英国の軍艦に備え付けのヘルメット潜水器による船底修理が行われる 1866 慶応2年 大場俊雄:房総の潜水器漁業史
わが国にヘルメット式潜水器が導入された 1871 明治4年 潜水士テキスト
増田万吉:横浜で潜水業を開始する。 1872 明治5年 大場俊雄:房総の潜水器漁業史
白浜町根本でヘルメット式でアワビ潜水漁業が始まる。 1877 明治11年 大場俊雄:房総の潜水器漁業史
千葉県を中心とする潜水器漁業年表へ →


潜水器によるアワビの乱獲が問題になり始める 1882 明治15年 大場俊雄:房総の潜水器漁業史
明治中期以前、アマは素眼(眼がね無し)で潜水していた。海中で眼を開けると痛いので、米糠や油を潜る前に海面に吹き散らして、海底を見透かして、鮑を見定めておいてから飛び込んで、手探りで採捕した。わが国における潜水眼鏡の製作使用は、1885年熊本県天草郡の出島久八、出島辰五郎が始めとされている。(両眼式) 1885 明治18年 「潜水漁業と資源管理」大喜多甫文著
1886年沖縄糸満で潜水眼鏡(両眼式)が使用された。 1886 明治19年
アーク灯やマグネシュウムフラッシュを水中に持ち込んでブータンLouisBoutanが水中撮影に成功 1893

潜水眼鏡は明治20年代に全国に伝播したが、この眼鏡の使用が資源の枯渇を招くと考えた三重県志摩の組合では、1897年に使用を禁止した。 1897 明治30年 大喜多甫文
大串式マスクの開発 1913 大正2年 潜水士テキスト
片岡弓八/地中海水深70mから八坂丸の金塊引き上げ 1924 大正13年 潜水士テキスト
フランスのル・プリュール(LePrieur)高圧ボンベとレギュレーター を使うスクーバ開発 1926
潜水士テキスト
浅利式(呼吸嚢付き)マスクの開発 1933 昭和8年 潜水士テキスト
クストーとガニアン(Gagnan)のアクアラング開発   1943
潜水士テキスト