どるふぃん 5−1 1961年 9月

「あるスキューバダイバーの遍歴」という題で 田辺英蔵さんが書いている。
 田辺英蔵さんは、たしか後楽園の社長の御曹司で、後に熱海後楽園の社長にもなった。熱海へ行き、ダイバーが船に乗り込むその少し先にある大ホテルだ。奥さんの幸子さんは、どこかの映画会社のニューフェイスだったとかの美人だ。金と仕事があって、美人の奥さん、うらやましすぎる。
 後に僕はこの人のエッセイ、キャビン夜話、が好きで、新書版の1−5まで、全部買って持っている。魅力のある文章なのだが、まだ、この1961年のこの文は、それほどよいとは思わなかった。キャビン夜話については、また後で触れる。
 海事常識 ABC と題して、神田献二先生が、ロープワークについて書いている。神田先生は、僕の恩師である宇野寛先生とほとんど同じ年齢で、1953年にアクアラングが始めて小湊実習場に来た時に、ディーツ博士からダイビングの手ほどきを受けた。以来、水産大学の潜水講習は、神田先生の教える漁業科のコースと、宇野先生の教える増殖科のコースの二つになる。 神田先生は、館山の実習場で潜水実習をやり、宇野先生は小湊の実習場で実習をやる。
 身体の大きい丈夫そうな先生だったが、なぜか、早くになくなってしまった。もちろん、このドルフィンの時代には元気いっぱいである。

その頃の潜水実習




 「ドルフィン族への警告 」大島水産試験場の倉田洋二先生が、書いている。
 そのころ、潜水科学協会のアクアラングダイバーたちは、ドルフィン族などと呼ばれていた。御蔵島のほんもののドルフィンは、まだ人間のダイバーとはお友達にならず。大島周辺から、伊豆半島の富戸あたりに回遊するイルカは、富戸と川名の猟師に、港の中に追い込まれ、虐殺されて、食料になっていた。今、ダイバーたちがダイビングポイントにしている富戸の漁港は、イルカの血で真っ赤になった。それでもダイバーたちはドルフィン族、イルカの同族だとよばれてうれしがっていたみたいだ。
  「最近、昭和36年8月の日本水産新聞の「蛸つぼ」に下記のような記事がでていた。
 岩間にひそむイセエビやサザエもけっしてただで棲んでいるのではない。「浅海増殖」というぼう大な家賃がかかっているのであり、沿岸漁業者や漁協の貴重な財産なのである。海を愛する者このくらいは常識として覚えていてほしい。
 「蛸つぼ」では、最近の海水浴客は、アクアラングをつけ、精巧な水中鉄砲を持って、大量に磯魚をとっているだけではなく、海底の石を動かして、ウニやサザエを持って帰るため、沿岸の海藻類が荒らされ、魚が居なくなったと言う。」
 この記事が、ドルフィンに出た初めてのスクーバダイバーの磯あらしへの警告だった。

どるふぃん 5−2 1961年 12月号

高気圧障害防止規則が実施されて、第一回の潜水士の試検が行われた。
ドルフィンも規則の重要部分の抜粋が、中心記事である。
特筆することは、減圧表が、現在と同じだ。49年前の減圧表をそのまま使っている。その間、潜水医学も進んだ。なにしろ、再圧タンクの基本特許が認められて、争っていたのがその少し前なのだから、もう一つ、潜水士には女性はなれなかった。
 免許の欠格事由として 「第57条に、18才に満たない者又は女子」とある。
 日本で第一号の女性潜水士は、正田薫さんといって、後で仲良くなったが、素敵な女性だ。まだ、女子が欠格事由だった時、受験の受付が、名前から女性と判断しなかったという説もある。受験には男装して行ったのだろうか。ついに聞き出せなかった。今度あったら聞いて見よう。もう10年以上お目にかかっていない、お元気だろうか。
 正田さんは、日本のセレブに顔の広い人で、日本のCMASが名古屋で国際大会を行った時に、三笠宮殿下を総裁として連れてきたのは彼女だ、たしか、殿下の奥さんと仲良しだった縁だと聞いた。家族ぐるみの付き合いをしていたのだろう。そんなことで、潜水士もパスしたのかもしれない、それとも、このことが機縁になって、女性も受けて良いことになったのかもしれない。
 
 白井さんが「さんご礁の海を追って・琉球八重山調査行」を書いている。まだ、沖縄は、外国、アメリカだった。もうひとつ、「祝言島水中行」も載せている。五島列島の中の小島で、無人島だった。白井さんの太平洋資源開発研究所は、真珠養殖の研究を主体として、各大学の教授連中を顧問として、奄美大島と五島の真珠養殖場に研究所を持ち、それを足場に南洋真珠とサンゴ礁の生態研究をしようという、気宇壮大なものだ。僕は、白井さんにダイビングの手ほどきを受け、今もお付き合いさせてもらっている。このところ忙しくて、顔を出していない。

「三浦定之助先生を偲んで」伊藤の水産試験場の稲葉繁雄さんが書いている。
 昭和36年、8月18日、潜水界の大先達三浦定之助先生は行年74歳を一期として幽明境を異にされた。
 三浦先生は、試験研究、調査などの論文報告は元より、海洋、魚類についての著作も多く、「魚の国」「魚族」「魚の話」「南海の魚」「海草」「潜水の科学」「潜水生活30年」があり、また「潜水の友」は最初の潜水指導書であって、兜式、マスク式潜水については、いまもなおこの本は後進の人たちの指針となっている。
  以下略 思い出と功績が述べられている。



      潜水の友 より、三浦さん 手に持っているのは山本式のマスク、大串式の進歩した形
      今ではどこにも見当たらない。

 この潜水の友は、前にこのブログでも触れたことがあるかもしれない。戦前、日本はマスク式潜水で世界に冠たるものがあった。そのマスク式がどんなものであったのか、当時を知るには、この本しかない。
 事務所の近くの古石場図書館にあった。この潜水の友は、深川にあった日本潜水というマスク式会社から販促的にだされたものだったから、この図書館にあったのだろう。アマゾンで調べたら、10000円近かったので、図書館の本をコピーした。潜水の歴史について書いたものがあり、まだ出版のめどが立たないが、その中の一節に引用した部分があるので、載せる。

三浦さんたちの行なっていた定置網潜水のマスク式潜水講習で優秀なものは、経験を積み、更に、その上の講習会が行われていた。これは、一級潜水士の講習であり、第一期の講習で選抜された者に対して、17日間の講習を行い、五十尋、75mまで潜れるようにする。定置網は、この五十尋、75m以上の水深に設置されることが多いから、ここまで潜る必要があった。
 そんなに深く潜ったら潜水病になる。
深く潜ろうとする一級潜水士には、減圧症が続出したのであろう。 
 「失敗は成功の母、賢人の教えであるが、我々潜水病の場合は多くの場合絶望!または死亡に終わったのである。小生愛弟子の内でも深海潜水の部に入る人々は、約2割は、之が為、逝っております。」
 五十尋、75mまで潜れるように教育した一級潜水士のことだと思うが、二割の死亡率というのは、本当の命がけだ。壮絶な世界だ。信じられない思いもするが、私たちの時代でも、水深75m以上を潜るダイバーが10人集まれば、二人は潜水病になっているだろう。
 他にもいくつか、好きな文章がある。
 ヘルメット式もマスク式も、ポンプ押しで空気を送ったころのことだ。
そのポンプ押しだが、深く潜っても浅く潜っても、送気の量は変わらない。ただ、その圧力が増加するから、圧力に打ち勝って押し続けなければならない。
「水深一尋から二尋(2mから4m)位の浅い処ならば、女人夫交じりの二三人で、鼻歌交じりで、右手に息綱(命綱のこと)左手にスカル(採集用の網袋)モグリするのも主の為!なんて呑気にやっていられる。労働も過激ではないから、一時間や一潜り位は交代なしでやって行ける。
荒海に出て、15メートルから30メートル位の海深で、アワビでも捕ろうと云うには、女人夫どころか、男子でも屈強の30歳以下の若者で、一日に一升飯では足らないくらいの働き手でなければつとまらない。ヨイトコショの掛け声で十分間位で交代を要する。
益々深さが大になると、60メートル行くには尚急激になる。掛け声もワッショ、ワッショと交えて,一台に八人の若者が同時に力を入れて五分の後には交代を要するであろう。」
 
 まだスポンジのウエットスーツも何もなかった。
 「秋から春に亘り寒い北風の吹く頃、海水も伊豆邊では15度から18度くらいになる。斯様なときに下着を用いる。これは厚いほど良いので、毛糸編みのシャツならびにズボンである。即ちこれを着て、その上に作業衣(上下つなぎの作業衣)を着るのですが、防水には関係ないが、しかし身体の肌まわりの海水の流通を止めるから保温上使って居る。」
私達も、ウエットスーツが普及するまで、このような衣類で潜っていた。
寒さに耐えなければならないから、マスク式の潜水は40歳までだと書かれている。ヘルメットの方は、潜水服の下に厚着できるから、当時でも、60歳を越えるダイバーが働いていた。

 三浦先生自身も潜水病の後遺症に悩まされた。あまり、出て歩かなかったので、ついに僕は、お目にかかることが出来なかった。