どるふぃん 4−1 1960 SEP.

 4卷だから、1961年に入るというわけではないみたいだ。

 この号でも、白 井祥平先輩が、紀伊水中遠征紀行を書いている。どうも白井先輩以外は記事を書く人がいなくなったような感じがする。先輩は、大学の専攻科を卒業し、伊勢の 全国信ず養殖漁業組合に就職した。貝と真珠が専門だから、真珠の組合に就職しても不思議はないけれど、就職なんて似合わないと思っていた。
 まったくそのとおりで、組合に勤めながら、伊勢市の郊外に広大な土地を買って、庭いっぱいにサンゴを引きつめたり、して、太平洋資源研究所という表札が出ていた。こんな人が、サラリーマン一年生だなんて。
 その紀伊水中遠征の装備が書かれている。当時の水中探検装備である。

 (潜水関係)
 アクアラング              2組
 高圧コンプレッサー(東亜潜水機製)   1台
  ※PHCと呼ばれた小型コンプレッサーで、小さなガソリンエンジンでまわす。タンク1本を120キロまで充てんするのに、およそ1時間半ぐらいかかる。2本詰めるのに、およそ3時間だ。帰ってきたらすぐにまわし始めて、遅い夕食が終わることには、充てん完了になる。
 水中マスク               6
 スイムフィン              3
 バンドメス               3
  ※水中ナイフのことだ。
 シュノーケル              1
  ※ マスク3個にスノケルが1に注目
 ブイ                  1
 ロープ                 3
 獲物袋(網製)             5
 プレッシャーゲージ           1
  ※ 残圧計ではない。
 工具                  1式
 燃料
 (写真関係)
 キャノン VT F1.2 (記録用)
 オリンパス        (記録用)
 オリンパスワイド (水中撮影用)
 ワルツワイド   (水中撮影用)
 エルモ 8AA 8ミリシネカメラ
 オリンパスマリン、           1
 グローブマリン             1
  ※ビニール袋にレンズを着けたようなもの、スキンダイビングで潜れる深さ程度では、よく写った。白井さんが、オリンパスマリンを構えている写真は、グローブで撮ったものだろう。

 「網代定置網漁場に於けるスキューバの講習とその利用」 稲葉繁雄 
 稲葉さんは、伊東の水産試験場におられて、自宅に泊めていただいたこともある。三浦定之助という大先輩の弟子である。
  三浦先輩は、マスク式潜水の大家であり、定置網はマスク式で潜った。三浦先輩、山下先輩に教えられた定置網の一級潜水士というのは、水深60−70mまで 潜っていて、重度の潜水病罹患率は、20%ぐらい。軽い潜水病はお風呂に入って温まって治すというすさまじいものだった。三浦先輩は、潜水病の後遺症で、 晩年は健康を害われていて、僕はついにお目にかかることができなかった。稲葉さんも重度の潜水病の経験者で、たしか、慶応大学の植田博士に助けられたと聞 いている。

 網代の定置網の講習は、10日間のプログラムで水深30、まで潜れるようにする。マスククリアーは、毎日やり、4日目には、水中離脱(水中脱着のこと)を水深6.3mでやっている。
 それまで、マスク式で潜水していた定置網の潜水にアクアラングが使われるようになった講習である。
 時化後の網の修理、網の入れ替え作業時間の短縮、潜って観察、補修できるため、使用日数が倍になった。などと述べられている。

 南の海ところどころ 大崎映晋さんが書いている。大崎さんも毎号のように記事を出している。

 僕も一回ぐらい何か記事を書けば良かったと、今は思うが、とてもそんな余裕がなかった。
 


「どるふぃん」4−2・3 
 1961年の7月号だ。
 取り上げなくてはならない記事がたくさんある。
 実は、書き写すという作業があんまり好きではないのだが、書きうつさなければ。

 「三宅島の海」
 大島の水産試験場の倉田洋二先生と三村先輩が連名である。

  僕と三宅島とは、その後、縁が深くなった。伊豆七島と僕の縁は、伊豆大島の倉田先生のところ、水産試験場で卒業論文を書き、大島のトウシキは、ロケの場所 になり、やがて、八丈島には、コンプレッサーを売ったら、お金が回収できずに、その分を潜るということで、ずいぶん通った。やがて、東海汽船のマリンピッ クで三宅島に行き、三宅島ばかりに行くことになった。三宅島に潜水博物館を作ろうというプロジェクトに3年ぐらい取り組んでいた。そして、噴火になった が、それはまだ四半世紀以上あとのことだ。
 どるふぃんでは、
 1961年当時のダイビングポイントが紹介されているが、まだ、もちろんエアーサービスなどない。三宅島は、マスク式潜水によるテングサ取りが盛んだった。潜水病患者が続出した。
 「潜水病患者も続発し、尊い人命もしばしば奪われた。だが戦後では同島に住む米人ジャック・モイヤー氏による米軍ヘリコプターの出動などで一命をとりとめた潜水夫も多い。
  このジャック・モイヤーしは、もと米軍402部隊の総合医学研究所員だったが伊豆七島にすむ世界的な珍鳥カンムリウミスズメの生息場所(大野原島)が米軍 による爆撃演習地だったので、この鳥の滅亡を救うために演習を中止させたり、また、海鳥研究のために年間三宅島中学校で英語の教鞭をとりながら、生活し、 島民からも非常に親しまれたが、昭和34年(1959)8月に惜しまれながらも米本国へ帰国された人である。」
 


モイヤーさんのことを書いていれば際限も無い。もちろん、モイヤーさんは、再び三宅島に戻り、レンテンヤッコの産卵とかクマノミの研究で日本の博士号を とった。僕は、テレビ番組で、2回、モイヤーさんを取材した。アカコッコ館を作り、長太郎池のスノーケリングもモイヤーさんの努力で実った。フィリッピン 女性と結婚し、子供が生まれた。慶良間にロケに行った時に、道ですれちがい。「須賀さん、僕は、東京で一番年寄りのお父さんになるよ。」と幸せそうだっ た。そして、74歳で自殺する。人の幸せは、過ぎ行くものだ。
 


「そ の後昭和35年(1960年)6月9日、坪田漁業組合の一部に潜水病治療センターとして労動福祉衛生協会(千葉労災病院)の三宅島診療所が完成した、ここ に設置されている再圧タンクは、斉藤春雄博士の特許によるもので、福生会が製作した大型のもので、長さ4.5m、巾1.5m使用圧は、5気圧までである。 タンクの内部は寝室と椅子室の2室になっていて、最大収容人員は2−3人、硝子窓が2個あって内部にいる患者の様子が観察できるようになっている。また、 タンク内部との連絡は2通の電話で話せる。この他に病室のベッド数は9台、医師と看護婦がおのおの1名づついる。この治療センターは開所以来、35年の9 月末日までに潜水病患者だけで160余名が利用しているが、これらの施設は潜水夫にとって一大福音といわねばならない。

 35年の6月 から9月の三ヶ月で、160名が治療を受けた。本当かなとおもってしまう。けっこうな話なのだが、問題があった。この斉藤春雄先生は、再圧室の特許をとっ てしまったのだ、再圧室の構造とか、ある部分ならば良いのだが、再圧室そのものの特許をとってしまった。斉藤先生の特許は、再圧室そのものだから困る。
  そのころ僕が勤務していた東亜潜水機が、一人用の再圧タンクを作ろうとしても、特許に触れてしまう。そんな馬鹿な話はない。もう、海外の本には、再圧室な どたくさん出ているのに。しかし、なぜか、斉藤博士の再圧タンクより先に作られた再圧タンクを見つければ良いということになった。横須賀に、再圧タンクの スクラップが出たと聞いて、僕は横須賀まででかけた。そのスクラップにネームプレートが残っていれば、製造の年月日が書いてあるだろう。残念なことに、タ ンクは、バラバラにされて、どこかに行ってしまっていた。
 その後、この特許は話し合いがついて、他でも再圧室が作れるようになった。
 三宅島の治療施設がその後どうなったのか、知らない。僕が三宅島に通うようになったころには、もう無かった。


 イセエビの話  猪野峻
  イセエビがイソギンチャクの後ろに隠れていて、身を守っていると書いてある。イソギンチャクの個体の間、触手の隙間から小さいイセエビの子供がたくさんい るなどとも書かれている。そんなのは、僕は見たことが無い。本当ならば、イセエビとイソギンチャクの共棲になる。猪野先生が、いいかげんなことを書くわけ は無い。どこで見たのですか、と聞きたくても、とうの昔にお亡くなりになってしまっている。
 イセエビの主食は小さい貝類だとも書かれている。
 イセエビは、どうやっても飼育が出来ないことが書かれている。
 その後、イセエビ幼生のある時期に、海流・黒潮に乗って、太平洋を巡り、1−2センチのグラスエビになって戻ってくるという説が発表され、それが正しいらしいということになっている。僕たち今、このイセエビの子どもを捕まえるコレクターを毎年、海に沈めて調査している。
  イセエビの孵化養殖も実験的にはなんとかめどがつきそう。でも、同じこと、が、1961年の猪野先生も書いている。「多くの人が飼育をこころみたが失敗に 帰している。しかし、最近になっていろいろの稚仔を養成する餌料の培養について進歩するにおよんで、神奈川や静岡、三重などで鋭意人工飼育の試験を始めて いるので、近い将来生活史の全貌が明らかにされよう。」


 「河童の仲間」 大崎映晋  
 東海林君が助手になっていて、水中の岩陰で「大」をしているなどと愚にもつかないことを書いているが、対島にロケに行き、撮影している対馬「曲がりの海女さん」は、全員トップレスの裸だ。
映晋さんは粋な人だったから、そのことを書いてくれていたほうが良いのに、と思うのは、今の時代だからか。もしかして、裸のアップを載せたら、発行禁止になるのかも。
今はもう、裸の海女さんは、どこにもいない。