どるふぃん 6・1 1962年 summer




どるふぃん 6・1 1962年 summer
この号から、青地にいるかの表紙から、版も大きくなり、紙もアート紙になった。少し、グラフィックな感じになったのだが、表紙の写真は、なんだかな?と思う。今の水準で考えてはいけないのかもしれないけれど。
この号から田辺英蔵さんが編集主幹で、以下工藤昌男さん、カーンさん、などが名前を連ねている。田辺さんについては、ここしばらく、たびたび話題にしたいので、注目だ。



巻頭の記事は「アクアラング潜水お断り」後藤道夫が日本で最初のダイビングセンターを始めた真鶴の漁協関係者と、猪野先生、神奈川県の水産指導所の国分さん、田辺さん、後藤さんなどが顔をそろえた座談会形式だ。このあたりから、海辺の諸処に「アクアラング禁止」の立て札がたち始めた。全部紹介するわけにはゆかないから、主要な見出し項目だけを並べてゆく。「ダイバーのどこがうまくないのか」「始末におえぬ外人ダイバー」「海女さんのいいぶん」「意外な犯人、鉄道員?」「なかには悪質なダイバーも」「スピアダイバーのいいぶん」「何とかして歩み寄ろう」
 まだこのころは、船を雇って海に出れば、スピアもかまわないという程度だが、スピアフィッシングは、明らかに魚を逃散させてしまう。その後に漁が少なくなる。釣れなくなるという苦情が出ている。
その後、この問題は拡大し、真鶴でのダイビング全面禁止という話にもなる。後藤さんにとっては苦難の道だ。
 一方、漁業とアクアラングと題して、定置網にとってはアクアラングは、欠かせない道具になり、定置網漁師がダイバーチームを結成している記事も載っている。少し前の、ドルフィンの記事では、スピアでも何でも、アクアラングが盛んになれば、漁業でも使われるようになり、漁業を振興させることになる、ような記事が載っていたが、そうはならない。漁業にアクアラングが役に立つことと、魚を突くことは、衝突であり、協調できることではない。



 「われらどるふぃん族、いくらかかるか」という見開きのページを紹介する。
 田辺さんと、その奥さんの写真だ。若い頃の田辺さんである。
 田辺さんのかぶっているマスクは、ラップラウンド型で三面にカーブしたガラスが顔全体を覆っている。こんな内容積の大きい、死腔の大きいマスクは、今はもうない。当時でもよほどもの好きでないと使わなかった。
 そして、レギュレーターでが、セカンドステージとスノーケルが合体している。水面に顔をだして、ハンドルレバーで切り替えれば、レギュレーターを口から離さないで、スノーケルから呼吸できる。これもすぐに廃れた、というよりも、当時だって、こんなものを使う人はもの好きだった。田辺さんは、スタンダードではなくて、特異なものを選んで写したように思える。奥さんの着けているマスクとスノーケルが当時のスタンダードである。
ライフジャケットは、進駐軍(アメリカ軍)の放出品で、飛行機の水面不時着用のものだ。
 そして、ウエイトベルトのバックルだが、現在の形とはまるで違っている。これも一動作ではずれる。



 注目は、足もとのフィンだ。チャンピオンという、僕のいた会社がフランスのモデルをそのまままねをして作ったものだが、僕は、ずいぶん後まで、このフィンがまるで推進力がないフィンだと知らずに、こんなものだと思って使っていた。このフィンのすごいところは、これ一つで、ほとんどのダイバーが使うことができる。そして、左右同じだ。だから適当に二つ持ってくれば良い。そして、足の小さいひとはスニーカーを履いて使う。ちょうど良い人もたくさんいる。特に足の大きい人は、泣きながら痛さをこらえて履く。ものすごいユーティリティだから、講習は、ほとんどこのフィンだ。講習で使ったから、足のサイズのあう人は、僕もそうだが、そのまま使った。
 田辺さんは天地逆にはいている。穴の開いている底面を上にして履いている。どっちが上か下か知らなかったのか、洒落で、逆に履いたのか、それとも田辺さんにとってはこの方が使いやすかったのかわからない。とにかくこのフィンは、底を上にして履いても、なんとか使える。左右も上も下も区別がないすごいフィンだ。



 いくらかかるかの価格だが、タンクは12000円(シングル)、レギュレーターも12500円、これは一番安いもの、28000円は日本アクアラングのアクアマスターだ。
12500円というのは、僕が作っていたTOAスクーバだろう。田辺さんの着けているシングルホースは、まだそのころは、珍しかった。
 僕の東亜潜水機での月給が、30000円だったころの価格である。現在よりも高いことになる。



 もう一つ関西支部がそのころに発足した。京都の大野さん宅が事務所になっている。大野さんの息子さんが、まだ京都でダイビングショップをやっている。関西支部は、やがて関西潜水連盟になる。長い歴史だ。最近(2009)連盟の会長の村上さんが亡くなった。ご冥福を祈る。神戸の人で、神戸大震災の少し前に癌になった。それでも大震災を生き抜き、いままでがんばった。ダイバーらしい生命力の強い人であった。

 
「どるふぃん」62年の autumn   

どういう考えで表紙の写真をえらんでいるのか不明。

「スクーバ潜水安全管理についての一考察」菅原久一さんが書いている。昔も今も安全管理についての問題点は変わらない。「スクーバダイバーは、聾唖である」僕は今、水中で声を出して、しゃべる。しゃべると言っても、「OK」とか言うとうなり声になるだけだが、それでも通じる。水中では聾唖の人の方が、有利ということだ。僕の練習会にも来てくれる人が少なくないが、水中ではべんりにしゃべっているようだ。
 その他、事故に関連する記事がいくつか。
 「偽 マルコポーロの南方見聞記」田辺一家が、式根島をたずねたレポートだ。今月末には、式根島に行くので、今の様子と比べてみよう。
 小さい記事だが「漁民とダイバー問題拡大す。」
「真鶴の町長が立って、激しくダイバーを攻撃しました。アクアラングは禁止してしまえ、と」 協会の佐藤副会長が立って、「お言葉を返すようだが、時代の流れにさからって、ただ禁止するばかりでは、かえって、みんな隠れて悪いことをやるようになるだろう。」と述べ、協会の内容、性格その活動を説明しました。」佐藤副会長は、佐藤賢俊さん、マスク式の開発者で、後に勲章をもらったが、禁止するとみんな隠れて悪いことをするとは、反論の論旨になっていない。この程度のことしか、ダイバーは反論できない。それでも、漁業者の側は、協会を仲介者として、認めようと話し合いをするのだが、こんなことでは、解決できない。以後、ますます、禁止の動きが強くなる。 
 会員の頁で、一つの提案と題して、宮澤徹二という会員が。「海岸、乃至は海辺の岩礁地帯での、アクアラング潜水によるスピアフィッシング及びアクアラング潜水による研究目的以外の貝類採集の厳禁」と述べ、さらに水中写真の奨励が述べられている。副会長よりも会員の方がまともな論を展開している。宮沢さんは、関西の人だ。
 時代の流れに逆らっているのは、協会の方だったのだ。まだ、そのことは、だれもわかっていない。僕もわかっていなくて、スピアフィッシングを熱心にやっていた。



どるふぃん6・3 62年 winter

表紙は、博多湾で元寇の役に沈んだ、元の船の遺物を探そうと、九州駐屯の進駐軍のGIたちのダイビンググループが行ったエキスペディションの様子、多分、減圧停止をしているところだろう。
本文の方でも、見開きのグラビアと使って紹介している。撮影したのは、伊藤則美さん、女性ではない、そのころ館石さんと双璧の水中写真家だった。伊藤さんについては、次の号で紹介している。



  GI ダイバーたちと引き上げられる碇



この調査の結果、元の船の碇石らしいものを引き上げ、やがてこれが本物であることが証明された。
進駐軍、駐留軍と言っても今の人にはわかりにくいかも知れない。日本は戦争に負けて、アメリカに占領されていて、米軍が日本各地に駐屯していたのだ。前のどるふぃんで、外国人の密漁にちかいダイビングが漁師、海女さんに迷惑をかけている記事がでていた。そのころ、すでにアメリカでは日本以上にダイビングが盛んになっていて、ダイビングとしては、それ以後も、米軍関係のダイビングと日本のダイビングが平行して共存してゆく。
彼等も、文化的な探検をしようとしたものだ。その後、元寇の水中遺物の探索は、日本の水中考古学として、最近まで続けられるようになった。その嚆矢は米軍のグループだった。



    田辺さんの書いた雲見の地図 すてきな地図だ。

田辺さんが、「雲見有情」として、雲見に遊びに行った記を書いている。田辺さんは絵心のある人で、どるふぃんの挿絵も描いている。雲見の地図もとても上手で、素人には思えない。その後、どるふぃんが終わってから、田辺さんの書く、海のエッセイ、「キャビン夜話」のフアンになり、今でも5冊全部を大事に持っている。キャビン夜話については、どるふぃんが一段落付いてから、どるふぃんの後日談もあるので紹介するつもりでいる。
が、このころの田辺さんの文章はそれほど感心しなかった。
「水深20m中点にある秋の陽がこの海底までも明るく透き通ってくる。大きな根のかげに竜宮を思わせるような岩のアーチ、このあたりには大小様々の魚の群れが何の恐れもなくにぎやかにむらがっている。目の下、30糎帆とのニザダイの群れの次に名も知れぬ稚魚の大群が続く、悠然と泳ぐ海の王様舞鯛。」
 どうだろう。海の中は文章にはしにくいのかも知れない。一枚の写真があれば、こんな情景は、より美しく表現されてしまう。海の中は、グラフィックな世界なのだ。やがて、そして、今のダイビング雑誌は、海の中の写真が売り物の、グラフィックなクラスマガジンになっている。




 島の海、大島の水産試験場の倉田洋二先生が、「珍しいテングダイ」、テングダイを紹介している。この魚は釣りには全くかからない。だから珍しい。美しい魚で、ダイバーを見てもあまり逃げない。それなりに美味しい魚だから見つけられたら必ず虐殺されてしまう。
今のダイバーだったら、テングダイはみんなの財産だから、殺すようなことは考えもしないだろうが。
 「昭和33年までの日本全国の水族館ではテングダイを飼育した記録はありません。」とある。そういえば、水族館でテングダイを見ない。飼うのが難しいのかも知れない。とにかく、この頃までは、テングダイは珍しい魚だったのだ。

 「海の向こうの、ころしや、大いに反省する」ユージン・カーンさん
 そのころ、スピアフィッシング愛好者を殺しやと呼ぶようになっていた。
 「あちらの常識では、スポーツダイバーのうち、写真を撮ったり、海底を散歩する人達はアクアラングを使用し、ころしは、まず、すもぐりに限ることになっています。」
 このあたりで、スピアフィッシングは素潜りならば良いと言う意見が出てきた。

 工藤昌男さんが、「海底人の誕生」
 「1962年九月、J・クストーのカリプソ号と曳き船エスペドンが、フリーウール島にディオゲネスを運んできた。そこは地中海、マルセイユ沖の小さな無人島だ。これが、その後、世界的に流行?する海底居住の始まりだった。世の中、世界は少しずつ海洋開発、海底開発の時代に向かってゆく。 

 世の中は、黄金の1960年代、今日よりは明日、今年よりは来年、必ず科学技術は進歩し、都市は立派になり、生活も向上する。明日が信じられる時代に入り、科学協会のメンバーも増え、会員紹介では、今も思い出に残る人が、次第に増えてきている。
 太平潜水の池田和一郎さんが紹介され、31歳だった。僕は27歳だ。




どるふぃん 6・4 1963年 Spring



「水中写真あれこれ」伊藤則美さんにインタビューしている。写真をみても格好の良い人だったとわかる。





「本格ケース」
ローライマリンとキャノンマリン、ニコンマリンが紹介されている。
ローライマリンは、アクアラングを作ったクストーと海底探検、海底映画撮影では双璧だったハンス・ハース(Hans Hass)がプロデュースした。ハンス・ハースは、オーストリア人で、第二次大戦ではドイツの側だ。ローライもドイツのカメラメーカーで、6x6のブローニーカメラでは、世界一だった。
ジャック・イヴ・クストーが、オープンサーキットのアクアラングを作ったのに対して、ハンス・ハースは、閉鎖循環式の純酸素を使用するリブリーザーを作った。これも、ドイツの呼吸器メーカーとして世界で名を馳せているドレーガー社の製作である。写真で見るように、軽量で、水深10m以内ならば、2時間でも潜れる。が純酸素を呼吸するので、10m以上は潜れず、間違うと酸素中毒になる。ハンス・ハースも自分のチームで、犠牲者を出している。
  ハンス・ハースと奥さんのロッテ・ハース、ローライを持って、純酸素のリブリーザを着けている。



ローライは、と言うより当時のカメラはすべて、現在のような超広角ではないから、よほど水がきれいでないと、良い写真は撮れなかった。それでもローライマリンは、ダイバーだれでものあこがれだった。当然価格も高く、僕にはついに手が出なかった。
キャノンマリンとニコンマリンは、同じようなハウジングで、ニコンマリンは18万円、キャノンマリンは12万円とでている。
当時の僕の東亜潜水機での給料は3万円強だった。ローライマリンは、ここには価格は出ていないが、25万円ぐらいだった。




そして、いよいよ、
「新しい水防カメラ ニコノス」が、日本光学の小秋本さんの記事で紹介されている。
これは、ジャック・イヴ・クストーが作ったカリプソというカメラをライセンス生産した物で、写真にでている35oレンズは、ニコノスの最後まで陸上撮影用に使われた。このレンズは、ニコンの広角レンズで、陸上撮影用としてはとても良いレンズだった。カリプソも35oレンズが付けられていて、スペックはほとんど同じだった。
 やがて、ニコノスは28oの水中専用レンズが作られ、カリプソよりもニコン光学が作るようになって良かったと思えるようになった。
 このニコノスT型は、大きさと良い、信頼性と言い、これまで作られた世界最高の水中かめらだった。ニコノスは、やがてX型まで作られて、フィルムがデジタルにその座を譲るまで、世界の水中カメラマンの常用かめらになったが、僕は、ニコノスX型は、何回水没させたかわからない。T型は、カメラを引き出すレバーがすり減るまで、20年近く、水没させずにつかうことが出来た。オーリングというものは、円筒形のシールでなければ水漏れの可能性のあるものであり、ジャック・イヴ・クストーのグループの卓越した設計で、円筒を扁平にしてオーリングのシールを完璧にした。
 ニコノスになって、ようやく、僕たちでも買える値段になった。ローライは、あこがれたけれど買えなかった。ニコノスは20年使った。その差は天と地だ。
 ニコノスが発表されたのは、1963年だった。



 そして、この号の最後に、「ショッピングガイド、東亜潜水機」
 僕の写真がでている。
 「記者のカメラにポーズする東亜潜水機三代目社長三沢さんは、眼鏡の奥で鋭い眼がきらりと光る紳士、そのうしろで潜水協会員の須賀さんのまんまるな温顔が笑っている。須賀さんはスキューバダイビングがメシより好きで、特製ガン作りが特技、(そんなことは無かったが)仕事以外ではあまり潜られない(全く潜らなかった)三沢さんの右腕として、水陸両棲の活躍をしておられる。」
 東亜潜水機のことを書けば際限もない。幸せな日々であった。