どるふぃん 7−1 1963年夏


 この年は、異常に寒く、倉田先生が書いている。
「暖冬異変が転じて今冬の異常寒波は陸の上だけでなく、海の中にもおよび、-中略− 冷水塊が拡大して、黒潮の流路が沖合はるか迂回したためである。昭和22年以来の大規模な魚類のへい死が起こり、瀬戸内海、関東近海一沿に、一時は全く磯魚が姿をけした。」
あのころは地球は氷河時代に向かっていると思っていた。そして、今は暖冬である。ダイバーは、暖冬を願っているが、海水温度が2度上がると魚が少なくなる。北に向かう?そのために地球全体で魚が少なくなり、造礁珊瑚が消える。



 田辺英蔵さんが「ハワイで潜れば」を書いている。
 ハワイのダイバーが背負子式のハーネスを使っているのが珍しく、写真が出ている。僕も、ずいぶん後になってからだが、ハワイでシャークハントのテレビを撮影し、サポートしてくれた現地のダイバーたちがこの背負子を使っていて、良いなと思った。背負子の後ろにタンクを入れる篭があり、タンクを入れて肩に引っかければもうそれで終わり。シンプルこの上ない。
 田辺さんも書いている。「ショイコ、つまりハーネスについてだが、これは幅約3センチ、厚さ2−3センチの金属板を曲げて作ったかんたんな背負子で、その円筒になったところにタンクをストンと入れて、無造作に太いゴムひもでとめるだけのものなのですが、大変具合がよろしい。ハーネスを体のサイズに合わせる必要もなく、ハーネスなしでごろごろしているタンクを入れるだけでOK、この式が何故日本でも普及しないのかしらん?」
 僕も今でもそう思っているが、B.Cダイバーになってしまった今では、使えないかもしれない。



 新製品紹介でマスクが紹介されている。日本アクアラングのパシフィカ、鬼怒川のアクアジェットどちらも水抜き弁がついている。これさえあれば、マスククリアーは楽勝だと普及した。手を使わなくても、マスクのおでこの部分をカメラに押し当てて息を吐き出せばよいので、カメラマンには便利で、僕も使っていたことがある。どうして消滅してしまったのだろう。格好が悪いからだろう。格好と言えば、ここで、写真はないがクレッシイのピノキオが紹介されている。二眼式の今のマスクの元祖である。カーブしたガラスの三面マスク、パノラミカも紹介されている。これも、今は死滅したマンモスのようなマスクだ。



 同じコーナーに僕の作った東亜スクーバレギュレーターも紹介されている。値段は18000円だ。
「マウスピースの部分が金属製で角度が手で簡単に変えられる。ドライバー一つで分解できるなど、使う身になっての改良が行われている。」
とある。

 静岡県水産試験場の稲葉繁雄さんがこれより10年前に、潜水病になり、ふかしと潜函工事の再圧タンクでなおした記事がでている。まだ、潜水病治療タンクが少なく、こうするより無かった時代である。そのころはすでに、いくつかの治療タンクが出来ていたが、友人の一人が潜水病になったとき、やはり潜函工事のタンクでなおした。
稲葉さんには、伊豆半島に行くたびに、ずいぶんお世話になった。




どるふぃん 7・2 1963年の秋号

表紙は、水中銃をかまえている。この銃はスプリング式で、あまり威力はなかったが、かっこうが良い。

「クローズド・サイクル潜水機について、梨本一郎先生」
純酸素を呼吸する、第一世代のリブリーザーを紹介している。酸素中毒と酸素欠乏の危険が述べられている。




戦艦陸奥に潜った工藤昌男さんの記



この潜水は、ぼくの90n潜水の前に放映された、番組も同じく「カメラ・ルポルタージュ」オリンパスの提供であった。数少ない水中の映像が連続して同じ番組に登場した。
 伊藤則美さんがカメラマンで、主体、それに工藤さん、加藤桂二君、この人は、後に日本潜水会のメンバーになり、関東学生潜水連盟、法政アクアクラブの創立者に一人になる、加藤芳雅さんのお兄さんだ。岡弘文:渋谷にビルを持つお金持ちの息子さんで、後にずいぶん一緒に潜水した。林賀信勝:この人が、陸奥に参加していたとは、今の今まで知らなかった。日大の水産から山形の水産試験場に勤務し、人工魚礁の潜水で、減圧症になり、後遺症が残った。後遺症の保障で県、国と戦ったが、報われなかった。
文は、工藤さんらしい。
「基地 山口県岩国市柱島、久本旅館、柱島は文化最低、無気力で人のよい南洋的原住民の島、食物最低。おまけに水を飲むと腹をこわす。煮沸してもだめ、特に東京の人間は一週間以内に、90%までひどい腹痛と下痢に襲われるが生命には別状なし。」
「海況 水深36−40m 底質ほとんど泥、陸奥の艦体の最淺部は約10m、素潜りで爆発口に行くことも可能。潮流早く、しかも複雑にして予測不可能で約2ノット。透明度、よければ10m、悪ければ、1メートル、大潮の時に最悪、その二―三日後が最良。」
 番組は、ガラスの鉢を海底で伏せて、お灯明をとぼして、慰霊したしーんが印象二残っている。



 「足ひれ考 宮沢徹二さんが、アメリカの雑誌「スキンダイビング」を訳したもの、フィンの動きをダウンストロークとアップストロークを区別した。まだ、この時点では、フィンで早く泳ごうという概念はあまりなかった。
 
 この号に限らず、会員紹介で懐かしい人がたくさん出てくる。そのころよく一緒に潜りに行った大図勝哉さん。どうしているかな。
 とても全員は紹介しきれない。


どるふぃん、7・3 1964年の冬号



意味不明の水中写真が表紙である。風船が浮かんでいて、それも透明感のある南の海ならいざ知らず、本州太平洋岸の透視度8mぐらいのどんよりだ。なんだかわからない姉ちゃんが、フィン・マスク・スノーケルを着けずに素潜りで潜っている。
このころのどるふぃんの表紙を選ぶ基準がどうもわからない。とにかく写っていればよいのだろうか。しかし、もうニコノスは販売され、裏表紙はニコノスの広告であり、定価は28500円、アクアマスターレギュレーターとほとんど同じだ。たびたび言うが、僕の月給は3万円そこそこ、ラーメンは30円だった。
が、手の届かない価格ではない。みんなニコノスを買った。それでも写らなかったのは、超広角のレンズがまだ発売されていなかったからだろうか。



 63年の僕と館石さんの大深度潜水について、二回に分けて、掲載されている。詳しいことは、何度も書いているから省略して、この潜水は二つの潜水方式を比較するような形で行った。一つは通常の開放式スクーバで、背中に背負うタンクの容量を増やした。9リットルを5本組にした。もう一つは、送気式のフーカーでフルフェースマスクを使った。



 後になって考えれば、併用式、ホースで空気を送りながら、背中のタンクを脱出ように使う、これが正解であり、2ウエイの空気供給源を持つことになる。現在の作業潜水の主力である、フーカー、潜水士テキストでは全面マスク式がこの方式だ。
 二つの方式を別々に使ったために、危機一髪の目にあって、それで、併用式を考えついたのだが、こんな簡単なことをなぜ、最初からやらなかったのだ。痛恨である。それでも死ななかったのだから、良かった。

第一回潜水科学討論会が開かれて、ここでも深く潜ることの話題が論議されている。あまり具体的なことは話題にならず、深く潜ることは、良いとか悪いとかの話で、結局は、深い潜水もやらなければ、というところで終わっていた。
深く潜ることは、今も昔も潜水のテーマである。現在もテクニカルダイビングの目標は、深く潜ることだ。それも半端ではない深度を目指している。

倉田先生の「島の海」は、大島岡田港沖、水深12mで発見された元禄小判を中心に島の海で沈んだ船について書いている。
これは新聞でも話題になったが、以来、僕も潜る時には小判がないかときょろきょろしている。僕のダイビングが海底から30pを移動するようになったのは、このためかも知れない。最近でも、小判の話が持ち込まれた。トップシークレットなので、場所については言えない。



気になるのは、囲み記事で、「沈船の魚礁価値は確かだが、コンクリートブロック投入の人工魚礁の多くは無価値であることが、ダイバーや水中テレビによって明らかになりつつある。」と書いてあるが、以後40年余、僕は人工魚礁の調査で生計をたてていた。

ユージン・カーンさんは、協会をCMASに加入させる交渉が進んでいることを述べている。これが実らなかったことについては、周知の通りであるが、理事会で参加を決定し、CMASに伝えたと書かれているのだが、なぜ、話が進まなかったのだろう。歴史だから、「たら・れば」は言っても仕方がないが、加入していれば、と思ってしまう。




 どるふぃん 7・4 1964年の春号
原稿を書いているときに、表紙の写真を仲間の一人が、見て、「何ですかこの写真は」とたずねられた。「うーん、意味不明 」女の子が、フィンもマスクも着けず、スイム眼鏡を着けて、伊豆西海岸の、それほど透明度が良くない海に潜っている。女の子は、グラマーでもないし、美人でも無いように見える。しかし、じっと眺めていると、何か奥の深い世界があるのかもしれないと思えてくる。その世界が何なのか、やはりわからない。当時、有名だった水中写真家(本人は水中写真家ではないと言っていたけれど)伊藤則美さんの写真だ。友人だから、「あれは何だったのですか?」と聞いてみたい気もする。

 クストーのコンシェルフ計画が紹介されている。この水中居住は、「太陽のとどかぬ世界」という題名の映画になって公開されるが、まだこの記事では映画には触れていない。これがきっかけになって、1970年度は、世界の先進国家が競うように海中居住プロジェクトを始める。

 どるふぃんの編集責任者もしていた、田辺英蔵さんが、「ダイバーズ ドリームボート」、帆走もできる機走もできる「蒼竜」を作った。後に出版された、田辺さんの「キャビン夜話」は、僕の愛読書になった。僕の愛読書とは、2回以上読んだ本で、大事にとってある本で、新書版で1−5まで五冊をとってある。
 どるふぃんの後で、この本も紹介したいけれど、当時、僕は田辺さんと仲良くなかった。といって、喧嘩をしたわけではない。別の世界に住んでいて、話す機会も無かった。



 田辺さんは、後楽園の社長の御曹司、金の匙をくわえて生まれてきた。僕は、東亜潜水機で、月給3万円で休日も無く働いていた。
 でも、このヨットは、ダイビングのコンプレッサーも積んでいて、本当にダイバーの夢の船だった。
 やがて、1984年だかに、台風で破損してしまうが、僕は一度もこの船の実物を見ていない。田辺さんとあるパーティであって、キャビン夜話の愛読者ですと言ったら、ありがとうございますと社交辞令で終わった。残念である。

 前号に引き続いて、僕の大深度潜水もこの号に載っている。

 「ラング潜水と漁民とのトラブルについて」 菅原御大が書いているが、アクアラングダイバーが、何の統制も無く、海に潜り、石を返してトコブシをとるは、魚を突いて追い散らすは、おぼれかかって助けを求めるは、良いところが全然無くて、いたるところの海でお断りされている状況をのべている。
 が、まだ、スピアフィッシングをやめようという動きはない。漫画風のイラストがおもしろい。当時のすべてを物語っている。描いた人の名前が載っていない。









セコニックのマリンメーター 水中露出計が紹介されている。この露出計には、ずいぶん世話になった。最近まで、どこかにあった記憶があるけれど、度重なる片付けでどこかに消えてしまった。




 新宿に今もある「東京アクアラング・サービス」の広告
 当時のオーナーは青木大二さんで、親友だったけれど、今は音信不通。どこにいるか知らせてください。
 ぼくの作ったTOAスクーバが、彼女のかたわらにある。
 タンクは消化器改造型だ。
 
目次に戻る