辰巳国際水泳場で行っている日本潜水会ダイビング練習会の決まり。


特 ブラックアウト防止について。

 ブラックアウトとは息こらえによる失神です。

@ブレイクポイント(苦しさの限界)を超えないでください。

Aスタティック 静止して息を堪える練習はしないでください。

これらについては、フリーダイビングに特化した講習がありますが、日本潜水会の練習会では行っていません。

B25mの壁をターンしないでください。プールの斜辺を泳がないでください。(ターンされる場合にはコーチに申し出てください)

 @特定のプログラムを持つ講習会ではありません。したがって、危険な行為だと見える場合を除き、指示することはなく、自由意思で行われる練習会であり、すべて自己責任で行われます。コーチ、指導、アドバイスが必要な場合には申し出てください。近くで泳いでいる人に聞いても親切に教えてくれるはずです。また、古くからの人は、聞かれたら教えてあげてください。自由に楽しくがコンセプトです。

受付場所は、入り口を入って突き当りの階段を下りた階の丸いて―ブル付近です。
 21−22時の時間帯は遅刻すると入場できませんが、19−21時の時間帯の場合には、遅刻の場合、カウンターで「日本潜水会です」と告げてカードをもらって入ってきてください。
  
 費用は、

自分でフィン・マスク・スノーケルを持ち込んでのスキンダイビングは、2000円、スキンダイビング器材レンタルのスキンダイビングは3000円です。

21時から22時の1時間枠は1000円となります。

スクーバダイビングを希望される方は、別にご連絡ください。ご相談に応じます。
 タンク1本とレンタル器材を含めて6000円です。

 自分の器材(BCD、レギュレーター など)を持ち込めば4000円です。
 なお、スクーバダイビングは原則としてCカード保持者です。
 練習会そのものは、基本的にスキンダイビング.練習会ですので、事前にメールでご相談ください。
 Cカードを持たない方は、ご相談の上、別途指導料2100円をいただきます。 

 
 
 器材の販売、大型店の安売りとおなじ価格にしています。
 フィンは使ってみてから決めるように薦めていますので、申し込んで頂ければ、フィンのサンプルをお貸ししています。 おすすめしているフィンは、ミュー、ワープ が中心です。

 水着などは

 自由ですが、長袖の水着ラッシュガードをお勧めします。
 冬は寒いので、ウエットスーツを着る方もおりますが、ウエイト希望の場合は、事前にメールで申し込んでください。有料、500円です。
 
 保険について
 絶対的な自己責任ですが、入会金をかねて、スポーツ安全保険に加入をお願いしています。
 4月1日から3月31日で、1800円です。途中入会はでも1800円で、3月31日更新になります。
 このプールはクラブ単位で貸切を申し込んでいますので、クラブである証としても保険に入っています。
 入会金はすべて保険代ですから、実質的に入会金はゼロです。

 Aスポーツ安全保険(日体協のスポーツ練習中の出来事をカバーする保険です)に加入を義務付けています。この練習会、いつも唱えているのが自己責任、この練習会も自己責任を大原則としています。保険を義務付けるのはおかしい。そして、こんなプールで危ないならば、御蔵島なんて行かれない。ちょっと意味が違います。

なお、スポーツ安全保険は、このグループ活動だけに適用されている保険であり、皆様の日常生活、またダイビング活動でも、このグループで行う場合以外には適用されていません。

辰巳の国際水泳場は、公の施設です。勝手に不特定多数の人に自由に来てもらって入場料をとるということ、本来は許可にならないはずです。団体、グループとして登録しています。グループならば、グループであるという証的なものが必要。スポーツ安全保険は、団体、グループ、クラブ に対して加入が認められる保険です。保険加入の名簿があるということが、自由な練習を旨とする僕たちの唯一の団体である証でもあります。また、一度だけの参加に年間の保険、しかも今年度は辰巳休館のために、残りは半年です。さらに、この後、年が変わってからも、3月末までで切り替えになる年間保険に加入することは、厳しいというお考えもあります。しかし、このプールでの練習、死亡事故は無いとしても、スキンダイビングは、ブラックアウト、救急車を呼ぶ可能性はいつでもあります。その時に責任体制を問われます。不特定多数の人にたいして、入場券の転売的なことをしていたとされてしまいます。

「日本潜水会」という1967年に発足した団体の名前で加入しています。

なお、ブラックアウトは、上達途上の人、それも息の長い人が、起こす可能性が高いのです。きちんとした管理体制で、号令をかけて行っているわけではない、フリーな練習会です。ブラックアウトには、くれぐれも、注意してください。水底で動かないで息をとめる練習、25mを折り返すような練習は、必ず、バディの監視のもとにおこなってください。

 B健康診断書の提出も求めておりません。健康診断書は健康を保証するものではなく、本人が健康状態を判断するものであり、その判断に基づいて参加されるのが常識であり、当然であると考えています。

C事故の賠償について、主催者日本潜水会に対して訴訟が発生した場合には、その金額をカバーする保険には加入しておりませんので、@ABを盾にとってあくまで争います。そのようなことのないように、ダイビングは危険のともなうスポーツであることを十分に理解されて、安全を第一として練習されるようお願いいたします。

D練習の服装は、スイミングキャップが必須、参加者のほとんどは、ラッシュガードのような、体を覆うものを着けておられます。ウエットスーツを使われる場合には、ウエイトのレンタルを申し出てください。ウエットスーツは着ない人が大半ですが、冬季の練習は寒いので、着る方もおられます。

Eできるだけ、開始前においでいただくことをお願いしますが、もしも遅刻されたばあいにはプールカウンターで「日本潜水会です」と言ってカードをもらって入ってきてください。

ただし、21時からの練習の場合には、21時10分ぐらいを過ぎると、カウンターに人がいなくなってしまうため入場できません。遅刻のないようにお願いします。

19時から21時と連続して21時から22時の場合には、20時30分以後に入られた場合には21−22時までの料金で泳いでいただけますので、20時頃においでになって入場されることをお勧めします。21時から22時だけの練習の場合には、20時45分までは入場できません。

F辰巳国際水泳場へのアクセスなどについては、辰巳国際水泳場のURLを参照してください。最寄りの交通機関からのバスが運行されています。