早稲田大学

プール練マニュアル(スキンダイビング)

 

※1コマ2時間として最低3コマ行うこと。

 

1コマ目

・器材のつけ方

  マスクのつけ方、フィンの履き方

・シュノーケル呼吸、シュノーケルクリア

  最初に顔に水をつけない状態でシュノーケルを加えさせて呼吸をさせ、それから顔を半分くらいつけて行う。ここで、シュノーケルを口から離さないことを徹底させる。その後シュノーケルクリアの練習。

・マスクブロー、マスククリア、マスクリカバリー

  マスクブローはサブPでは分かりにくいかもしれないけど、こういう風にやるんだよということを教えて体験してもらっておこう。マスククリアはまずマスクの半分くらい水を入れて行う。出来たらマスクにすべて水を入れて行う。マスクリカバリーは最初は難しいかもしれないから、マスククリアが上手に出来るのであればやってみよう。

・泳力確認

  フリッパーとドルフィンの練習。前や後ろからなどいろんな角度から見て、フォームのチェック。目線(斜め前方を見ているか)は徹底させる。その後マスクなし、シュノーケルなしでのフリッパー。十分にフリッパー、ドルフィンをやったら、時間がまだあると思うので、ヘッドアップ、あおり、かえる、スライドキックの練習。

  耳抜き(時間があれば)

陸・水面でこんな風にやるんだよ!と教える。

 

   耳抜きの練習方法

@事前に潜降・浮上・OKサインの確認しておく

A三年が指示を出し、一緒に潜降(あるならはしご使って)

B耳抜きの確認後、サインを出し浮上

注 浮上時のスピード、息を吐くこと、水面を見ることを徹底させること、シュノーケルクリアも忘れずに!!

 

2コマ目

・耳抜き(陸上で説明)

・アップ(やる前にシュノーケルクリアの確認をしておこう)

  フリッパー、ドルフィン、片フィンドルフィン、マスクはずし、シュノーケルはずし、ヘッドアップ(きつそうな人がいたら無しにしてもいいよ)

・マスククリア、マスクリカバリー

  この時点でマスクリカバリーが問題なく出来ることが理想

・耳抜きの練習

  上記と同じ方法で

・フィートファースト

  2〜3メートルくらいでいいよ。耳抜きをすること、浮上時の注意(上記参考)、シュノーケルクリアをやらせてね。

・ヘッドファースト

  フィートファーストと同じように

・フィートファーストとヘッドファーストを繰り返し練習。出来るのならば、ヘッドファースト→水深2〜3メートルで5メートルくらい泳ぐ→浮上もやってみる。あと、ローリングヘッドファーストも。

・ジャイアントエントリー、バックロールエントリー

  エントリー手順、方法の確認。顔に水がつからないようになるまで。バックロールは手順・方法の確認と恐怖心をなくす程度で。

 

※ジャイアントエントリーはエントリー場所が一箇所しかないので、一班がジャイアントしてそのほかの班はフィートファースト、ヘッドファーストの練習という感じで、臨機応変に効率よくやりましょう。

 

3コマ目

・アップ

・マスククリア、マスクリカバリー

・ヘッドファースト

  やる前に水面で耳抜きが出来るか確認しておいてね。もちろん水中で耳抜きが出来ているかも。あとは反復練習。うまい人は、5メートル垂直潜水、マスク拾い、フィン拾い、三点拾い(これは両方出来たら)

・ジャイアントエントリー

・あおり、かえる、スライドキック

 

※アップとマスクリカバリーまで終わったら、順番は自由にやって。苦手なところを克服できるように

 

あくまで目安。それぞれの上達度にあわせてムリせずに行うこと。

 

 

 

プール練マニュアル(スクーバダイビング)

 

1時間1本。合計4本行う スクーバをやる条件はスキンを2コマ以上行っていること

今のところスーツを着るかはタンクの種類によって決める。スチールだったら使う予定。

 

1本目

・ブリーフィング

  今日やることの説明とその注意点をあらかじめ言っておく。あと潜降・浮上・OK・残圧報告・排気のサインの確認もしておく。

・器材のセッティング

  2回やる。1回目は一緒に。一度解除して2回目は先にやらせる。

・バディチェック

  いつもどおりに。BCの吸排気ボタンの位置を頭に叩き込ませる。パージボタンとその使い方の説明もしておいて。あと耳抜き出来るかも確認しておいて。

・エントリー

  BC吸気忘れずに。エントリーしたらまずレギクリアを水面でやっておく。終わったら、シュノーケルからレギに付け替えてディセント。

・ディセント

  はしごを使って。こまめに耳抜きの確認をしながらゆっくりと。

・レギクリア、レギリカバリー(2種類)

  自分たちが先に見本を行う。一通りやったらパージボタンを使ったレギクリアの方法も教えておく。レギリカバリーは、腕をまわすやつと左手でタンクの底を持って右手でホースの根元から引っ張るやつ2種類。

・マスククリア、マスクリカバリー

・残圧チェック

・泳いでみる

  好きに泳がしてみる。水底に這いながらでいいです。フィンワークとか見てあげて。

 

  時間は40分以内、プールの休憩時間にかぶらないように時間には気をつけて。

 

 

2本目

・ブリーフィング

・器材のセッティング

  1本目と続けての人は1回、そうじゃない人は2回やる

・バディチェック

  耳抜きの確認、サインの確認をしておいてね

 

・エントリー

  エントリーしたら反対側まで水面移動してディセント

・レギクリア、レギリカバリー、マスククリア、マスクリカバリー

・ノーマスク潜水、BC脱着

  BC脱着は要注意!!しっかり手順、コツを教えておいて

  肺のトリミング

  ブリーフィングでしっかりやり方を教えといてね

@    BC完全排気して水底にうつぶせ

A    上半身が浮いてくるまで空気を吸う

B    上半身が浮いたら、息を吐いて沈み、また息を吸って上半身を浮かせる

C    繰り返し何度か行う

 

・フィンピボット

  ブリーフィングでしっかりやり方を教えといてね

   フィンピボットの手順

@    BC完全排気して水底にうつぶせ

A    息を吸って止めて、上半身が浮いてくるまでBCにちょっとずつ空気を入れていく

B    上半身が浮いたら、息を吐いて沈み、また息を吸って上半身を浮かせる

C    繰り返し何度か行う

・泳ぐ

  水底から1メートルくらい浮いた上体で泳ぐ。水底と身体が平行になっているか、手を使わずに泳げているかなどチェック。出来る人はあおりとかでやれるといいね。

・浮上(普通に)

・オクトブリ水中移動&浮上

  時間があれば。ブリーフィングでサインとやり方を教えておく。

  普通に潜降して、水中でオクトブリ→移動→オクトブリ浮上

 

3本目

・ブリーフィング

・セッティング

  問題なく出来たなら一回でよし。まだ怪しかったら二回やって。

・バディチェック

  耳抜きの確認を忘れずに

・ジャイアントエントリー

  エントリーしたら反対側まで水面移動。混んでいたら時間の無駄なのでその場でいい。

・マスククリア、マスクリカバリー、レギリカバリー

・ノーマスク潜水、BC脱着

・オクトブリ水中移動&浮上、バディブリ(陸・水面・水深1m)

  ブリーフィングでサインややり方をしっかり教えておいてね

・フィンピボット

・泳ぐ

  あおりやかえる、スライドキックで

 

4本目

・ブリーフィング

  苦手なこととか聞いておいてね

・セッティング

・バディチェック

・ジャイアントエントリー

  水面移動も

・マスクリカバリー、レギリカバリー

・ノーマスク潜水、BC脱着

・フィンピボット

・中性浮力

  その場で浮いて、同じ深度を維持する練習。水深3〜4メートルくらいで。急浮上注

意!!

・泳ぐ

 

※残圧チェックは適当に。必ず一回はやって!

 

まあこんな感じで。とりあえずその日何の練習をしないといけないのかは頭に入れておいてね。

安全に楽しく!!一年生に自信を持たせて新人合宿にいけるようにしよう!!

 

 

 

 

 

プール練評価表

時間なかったからリストだけ

 

スキン

  水慣れ

  器材装着

  シュノーケル呼吸・クリア

  マスクブロー・マスククリア・マスクリカバリー

  耳抜き(陸・水面・水中)

  フィートファースト

  ヘッドファースト・ローリングヘッドファースト

  マスク・フィン・三点拾い

  フィンワーク(フリッパー・ドルフィン・あおり・かえる・スライドキック)

  ジャイアント・バックロール

 

スクーバ

  セッティングと解除

  ディセント

  アセント

  サインの理解

  耳抜き

  マスククリア・マスクリカバリー

  レギクリア・レギリカバリー

  ノーマスク潜水

  BC脱着

  肺のトリミング

  フィンピボット

  中性浮力

  オクトブリ水中移動・浮上

  バディブリ

  フィンワーク