日本のテレビ水中撮影の歩み  トップページにもどる。 年表 Index にもどる。 スクーバの歴史
西暦 和暦
1953 昭和28年2月 NHKテレビ本放送の開始
1954 昭和29年8月 NHK:水産大より借用のPYS社製(英)IO(イメーシやォルシコン)水中カメラを科学研究所の水槽に沈め、初の水中番組「水中カメラ」放送
1957 昭和32年春 NHK:フィルモ(16mm映画カメラ:スデリンクや式)用水中プリンプの制作(アルミ製)

昭和32年7月 NHKカメラマン、夏期実習の学生に混じって1週間の特訓(水産大館山

昭和32年8月 NHK:短編映画「海底の探訪」を放送。水産大学生の海底地図作製の模様を取材。NHKカメラマンによる最初のテレビ番組の水中撮影。
1958 昭和33年6月 NHK:「海底の科学」初島沖、水産大のPYS社製(英)のIO水中カメラ、


NHK:潜水作業球内カメラ、船上2台のカメラで10mの海底から最初の本格的生中継
1959 昭和34年3月 NHK:イメージオルシコン・トランジスタ水中テレビカメラ試作完成 30m耐圧プリンプ、フオーカスはリモコンで調整

昭和34年8月 NHK:トランジスタ水中カメラによる「海底の散歩」 イルカの生態(三津浜水族館)
1963 昭和38年 NHK:アリフレックスく16mm映画カメラ:モーター駆動、400fマガジン付)用水中プリンプの制作(アルミ製)
1963
(ニコノスT型発売)

昭和38年8月 千葉県館山で実験潜水:館石昭は水深90mでボレックス手巻きの16mmシネカメラで撮影する。放送はTBS
1963 昭和38年 NHK:ボレックス用純正水中プリンプ(スイス製)の導入
1966 昭和41年2月 NHK:「全日空機羽田沖墜落事故」海底の機体、尾翼などを撮影

昭和41年 NHK:ボュー(16mmシネ・モーター駆動)水中プリンプ製作(アルミ製・須賀・島野製作)
1967 昭和42年 NHK:アリフレックス(12−120ズームレンス付き)用水中プリンプの製作水中三脚・プロクサーによる接写可能
1967 昭和42年12月 潜水指導組織 日本潜水会創立 NHKカメラマン河野・竹内 両氏が参加。以後NHKの水中撮影班は、日本潜水会(後に全日本潜水連盟)の指導員となるように訓練を積むことになった。
1970 昭和45年 NHK:アリフレックス+5.9mmレンズ水中プリンプ製作(チタン製・後藤アクアティクス製作)
1971 昭和46年 NHK:ソニーDXC−5000(1インチヒやシ寸コン]2)最初のカラーカメラ用水中プリンプの制作(アルミ製)
1975 昭和51年3月 日本初の水中レギュラー番組「マチャアキ海を行く」放送開始・東京12チャンネル。撮影したカメラマンは、後藤道夫・益田一・田口哲・中村宏治・黒川治雄・加藤孝・中野修三・五島正哲等、後に活躍する人たちがこの番組で育った。
1984 昭和59年7月 NHK特集『日本列島夜の海」水中多元生中継
1985 昭和60年2月 日本テレビ放送網 慶良間と札幌を結んで民放初の水中生中継:撮影・須賀
1986 昭和61年2月 ニュースステーション水中レポートシリーズ・「立松和平の心と感動の旅」はじまる。