「これを守れば潜水事故では死なない」・あなたの命を守る本。古い友人の鷲尾さんが書いた。鷲尾さんは、スキンダイバーという雑誌を出していた事もある。雑誌、マリンダイビングの編集長もやっていた。
マリンダイビングに投書してきた、自分の起こしたダイビングでのニヤミスについての質問に、Q&A の形で答えている。最後の方は、彼とマリンダイビングのカメラマンが体験した危機一髪について書いている。
鷲尾さんは業界の人だし、この本も業界に迷惑をかけないように書いてある。
僕はこういうタイプのダイビングの本は読まないようにしているのだが、なんとなく、図書館で手にとって借りた。
前半部分の内容は、インストラクター必見だな、と思った。そこで買う事にした。アマゾンで調べたら、1円+送料で出ていた。早速買った。
こんな質問をするうような人たちが、エントリーレベルの講習を受けてCカードをもらったダイバーなのだ。何時事故を起こしても不思議はないし、何時死ぬかもわからない。インストラクターとかガイドダイバーは、そんなダイバーたちの面倒を見て、とび職なみの収入にもならず、、もしも事故を起こせば、責任を追及され、裁判で訴えられ、賠償責任保険で自殺を免れる。僕もいまだにインストラクターの端っこで生きているから、身につまされる。

 Q&A の項目をあげてみよう。これで全部ではない。

 △泳力にも体力にも自信が無いが  △海岸に行ったら急に怖いと思った △器材のセッティングが上手に出来ない △自分の器材で無いと不安なのですが △器材のチェックを怠ってトラブルに △いわばで転んで死にかかった △エントリーする時海が怖くて進めない  △すぐ船酔いするがどうしたらいいか?△船からエントリーしようと思ったら波が高い

●カメラマンの彼とバディを組むのが苦痛 ●バディが居なくなってパニック寸前●彼とバディを組んでもすぐに離れてしまう。●オクトパスで妻の一命をとりとめた ●娘がいない。どうしようもう発狂寸前に・・・●水中で迷子にならないためには、どうしたらよいか ●フォト派ダイバーと潜っていてエア切れに ●ガイドを水中で見失いエアエンボリズムリズムに●蹴られてマスクが飛び、パニック寸前になった
 
 質問に対して、鷲尾さんらしい答えをしている。僕は、鷲尾さんの書いた答えとほとんど全部の項目で違う答えが頭に浮かんだ。
 「△海岸に行ったら急に怖いと思った」 と言う質問に、僕ならば、すぐにダイビングをおやめなさいと答えるだろう。●ガイドを水中で見失いエアエンボリズムリズムに」答えは、そんな事では命がいくつあっても足りないでしょう。
 ほとんどの質問に、僕ならば、おやめなさい的なニュアンスの答えをするだろう。
 鷲尾さんはちがう。やはりこのように書かなくてはいけないのだろうな、彼の立場としては、と思った。
 そして、インストラクターとして模範的な回答が書いてある。そんな意味で、インストラクター必見だと思った。
 実は、このあたりに、ダイビングの安全の根幹的な問題点のひとつがある。
 気質的に、あるいはDNAかもしれないが、ダイビングに適性のある人と無い人が居る。それぞれに、別の指導をしなければいけないだろう。そして、ダイビングのスタイルも別のものにするべきだ。このことについてのマニュアルが無い。 
 

さて、●は、バディシステムに関係している。
バディシステムがパニック、ニヤミスの原因になることがいかに多いかがわかる。このことを書きたくて、鷲尾さんの本をあげたのだが、脱線しそうになっている。

これを守れば潜水事故では死なない の鷲尾さんが編集したもので、2000年の発行、これを守ればは、2001年の発行だから、こちらの方が先である。
まず、こちらを取り上げて、次に、これを守れば説明しやすかったのだが、アマゾンに発注して、あとから届いたので、読む順序が逆になった。
ほぼ同じようなことが書いてあるが、バディシステムの問題については、先のこれを守ればの方が多く質問を取り上げている。

Q&A の項目を挙げてみた。
「これを守れば」と二冊で項目がダブっているものもあるし、答えの傾向も同じである。
、初心者から発展途上のダイバーが読むものとしては悪くは無い。
 インストラクター、ガイド、指導者としては、項目をリストアップして眺めると参考になる。
 自分の考えを持つインストラクターならば、きっとだれもが、鷲尾さんの答えとはちがう答えを出すだろう。
それぞれの項目を取り上げて、ディベートしたら、下手なインストラクターマニュアルよりも、ためになる。
最近思うのだけれど、自分と同じ意見の本を読んで、そうだそうだと納得するよりも、違う視点の人の本を読んで、自分は違うと頭の中で反論した方が勉強になる。

ビギナー編
 足が急につってしまった。どうしたらよいか。
 ナイトダイビングで急にライトが消えた
 風邪気味で潜っておぼれ掛けてしまった
 窒素酔いで、頭がもうろうとしたが・・
 ウエイトオーバーで一気に海底へ
 流されて魚網にからまりそうになった
 すぐに船酔い、波酔いを起こしてしまうのですが
 エントリーしようとしたが、波が高くて怖いが
 クマノミを夢中で見ていたらエア切れになった
 奥歯に激痛が走りパニック寸前
 バルブが完全に開いていなかったために死にそうに
 ウエイトを忘れて流されてしまった
 
器材編
 マスクが飛び鼻から水が入ってパニック寸前に
 マスクが曇ったのでマスククリアーをしたが
 フィンが脱げて体が逆さになってしまった。
 フィンのストラップが切れて体のバランスが崩れた
 レギュレーターが突然フリーフローしたが
 BC.にエアーがどんどん入ってきてびっくり
 二度も吹上を経験してドライ嫌いになったが
 タンクがはずれレギュレーターも飛んでびっくり
 ダイビング器材のトラブル解消法を教えて
 
スノーケリング編  スキンダイビング編
 ブラックアウトにならないためには
 沖縄でスノーケリング中に流された
 サンゴの浅瀬に打ち上げられて血だらけに

女性ダイバー編
 二日酔いで潜ったら失神寸前
 バディが行方不明で水中を必死に探したが
 波に転がされて、ごろた石で起き上がれない
 貧血気味で潜ったら急にフィンが外れた。
 
ベテランダイバー編
 荒れた海にエントリー無謀ダイバーにびっくり
 水深20mの海底で突然エアーが止まった
 二日酔いで潜ってパニック寸前

カメラ派ダイバー
 ダイバーの吐いた泡を撮影中にエアーエンボリズムリズムに
 沈船に閉じ込められてもう死ぬかと思った
 マクロの写真を撮っていて減圧症になった
 小笠原で行方不明になったMさんのことが知りたい。

シニアダイバー編
 海に潜ったら、胸が急に苦しくなった
 マンタを負っていたらエア切れになってしまった
 オクトパスでかろうじて一命を取りとめた

漂流に関しては、鷲尾さんとあまり意見が変わらない。

漂流編
 ボートダイビングで潮の速い時は不安ですが
 水中に潜ったら潮が速いどうしたらいいか?
 水面に浮上したら、船が無く、潮に流された
漂流マニュアル編
 浮上したら船は500m先に居た
   (インドネシアの漂流)

  僕はパラオでの漂流の新聞切り抜きなどを集めて持っているがインドネシアの方は、紛失してしまっているので、資料として役に立つ、どちらの漂流もグループ全員が死に、ガイドだけが助かっている。どちらの原因も、ボートオペレーターの未熟だ。

 信用のおけるガイドを雇う
 潜るスポットを理解しよう
 水中で流れが速かったら中止する
 浮上後、船を呼ぶブイを立てる
 漂流マニュアル10を実行してみよう
 セーフティグッズを持ってゆこう
 セーフティグッズとエマージェンシーグッヅの違いは?

サメ 編
危険な生物編
海外ダイビング編
耳抜きトラブル編
ボディトラブル編
現地ガイドの覆面座談会

サメ編から現地ガイドまでは、ここで、論ずるほどのことは無い。

漂流と海外ダイビングについてだが、

「信用のおけるガイド、ボートオペレーターを選ぶ」
「潜るスポットを理解しよう」

同じ考えである。僕はほとんど世界中のダイビングスポットをテレビ番組のロケで回ったが、今、友達を連れてゆく海外はトラック島だけである。トラックは、危ないと言われる沈船ダイビングのメッカであり、潜る水深も深い。それでも行くのは、ガイドとボートオペレーターを信用しているのと、自分も回数多く潜り込んでいて、スポットを理解しているからだ。

トラック環礁の外側の君島環礁は、数百メートルから切り立ったドロップオフで、環礁の外側だから、透明度もすごい。ドロップオフに沿って、流れがあるが、一定で、流れ着く先は、環礁の中に向かっている。安全なドリフトダイビングができる。そして、ガイドは2隻のボートを用意してくれる。
今年の秋、またトラックの君島環礁に行きたい。行く!

重ねて言えば、僕は国内でもほとんど同じ場所にしか、お客を連れてゆかない。しかし、少し、レパートリーを増やさなければと考えている。

初心者から中級のダイバーにとっては、漂流の可能性のある海外のダイビングスポットに行くのは、冒険だ。同行するインストラクターがいれば、そして、そのインストラクターを信じられるならば、良いのだが、自分たちだけで出かけるとなると、これから後で述べるような自立したダイバーでなければ、やめた方が良いと思う。
どうすれば自立したダイバーになれるのか、どのように指導して行けば良いのか、それがこれから書こうとするテーマである。