第2章  Self Sufficientiver Diver
 
 「Solo Diving」にも、self-sufficiencyと言う言葉がたびたび出てくる。
underwater-self-sufficiency どのように訳したらよいのだろうか。英和では、自給自足 自信という言葉が出てくる。
 自己責任のダイビングとか、直訳で自分ですべてをやるダイビングとでも言おうか。
 スクーバという言葉そのものが self contained だから、自分の責任で、自分のすべてをやることが、当然なのだが、現在の日本では、他からの安全管理が得られて当然という風潮になっている。
 日本でもセルフダイビングという言葉が使われている。ガイドダイバーとかインストラクターに引率されて、潜水するダイビングをガイドダイビング、自分たちだけで、たちというのは、最低単位が二人だからだが、自分たちだけで海に行き潜水することをセルフダイビングと呼んだりしているらしい。まだ言葉として確定しているわけではなくて、どこかの誰かが使っている言葉だから、らしい、と書いた。
 潜水は危険な活動だから、安全管理を必要としていてるのだが、スクーバは、どうにも安全管理ができない。だから、安全管理が必須である業務では、デマンドバルブを付けたフルフェースマスクにホースで送気するフーカーが主流になる。スクーバは、危なくて使えないというのが作業ダイビングだ。
 その危ないスクーバでなければできない調査活動とかスポーツをやろうとするのだから、自給、自己コントロールは当然なのだが、それが他者の責任になっている。
 他力本願が普通になってしまっているから、本来原則であることをことさらに、セルフと呼ばなければならない。
 
 
  Self Evaluation:自己評価  この本は、やたらにセルフという言葉が出てくる。

「 self-sufficiency へ至る道は、全てのダイバーについて一様ではない。あるダイバーには、なぜか生まれついての才能がある。水の中での行動がすべて、容易に出来てしまう。センスの無い人にとっては、ダイビングはそれほど容易なことではない。
 
 ダイバーを観察すると、自立どころではなく、基本的な技術をやり直さなければいけないように見える人も少なくない。
 ダイビングを安全に行うためには、特にソロダイビングの場合には、次の質問を真剣に考えなくてはいけない。
 1)このダイビングの危険性はどこにあるだろうか。バディは、このタイプのダイビングになれているだろうか。この地域、ここの海況になれているだろうか。?
 2)信頼できるバディが必要であるならば、彼にとっても自分は信頼できるダイバーであるだろうか?
 3)もしもソロで潜るならば、自分のフィジカルな能力、技術、トレーニング、経験(これがセルフサフィシエントの物指しであるが)を考えて、この潜水を安全にできるだろうか?
 4)特別な道具は、用意しなくて良いだろうか?(ライト、ライン、マーカーブイ等)
 5)このダイビングを安全にやり遂げるために、何か付け加えて考えなくてはならない事があるだろうか?」

 ソロ・ダイビングの本なのだが、バディが信頼できるかとか、自分はバディにとって信頼に値するだろうかとか、書いている。要するに信頼できなかったら一人で潜れと言いたいのだろうか、よくわからない。
 
 僕は、離れ離れになってもパニックにならずに平然としていて、できれば水中で再び一緒になり、一緒になれなくても自力でベースにもどれるダイバーが、二人一組で助け合うのが、バディ・システムであると思っている。ソロダイバーが二人でバディシステムだ。けれど、この「Solo Diving」には、そんな風には書いていない。ソロはあくまでもソロであり、バディ・システムはキャンセルしている。
 信頼できなくても、信頼されなくてもバディで潜らなければならない。出来れば、信頼できないダイバーとはバディでもぐりたくないが、僕がバディにとって信頼できるかどうかは、よくわからない。フィジカルな能力としては、信頼してもらっては困る。フィジカルで至らない部分をメンタルで補おうとするのが、年老いてしまった僕のスタイルだ。
 
 Self-Regukation:自己規定

 自分の規定を持っていれば、虚勢を張ることが無くなり、バランスの取れた考え方に変わる。
海が厳しくて、潜るべきかやめるべきか迷う時、、「結果はわからないがとにかくやってみよう」と言うのは悪い答えであり、結果がわからないことをやるのは間違っている。
 船酔いがひどく、疲れ果てているのに、ボートを雇ってしまっているので、とにかくやろうとするダイバーが居る。船酔いと疲れの組み合わせは最悪の結果になりかねない。
 海況とは、波、うねり、潮流、透視度である。海況をチェックしたら、自分の状態をチェックして、ダイビングを決める。
 
 自己評価も自己規定も、スクーバダイビングのメンタルな部分だ。
 いろいろぐずぐず書いているが、こんなものは、海を前にした現場ではあんまり役に立たないな、などと考えてしまう。
 本当かどうかよくわからないけれど、このごろ、僕の信奉している考え方は、右脳と左脳の違いというか判別パターンのちがいである。右脳はイメージで覚えているから、とっさの判断に間に合う。左脳は言葉と文章で覚えているから、判断に時間がかかる。もちろん、右脳は間違いやすいから、いつもいつも、イメージで正しい判断ができるように訓練していなくてはならない。幸い?年をとってもイメージの方は忘れにくい。顔は思い出せるのだが、名前が思い出せないことがしょっちゅうである。