§ 3  Diving Fitness & Physiology
 フィットネスと生理学
 フィットするとは、好調の持続である。 1.ちょうど良い 2.準備万端ととのっている。3.体調も良い。そんな状態である。なかなか望めない状態ではある。
 ダイビングのレディネス(mental pureparedness)が整っていること、心の準備ができていることが、underwater-self-sufficiency  水中での自立状態の尺度になる。
 トレーニングが十分であり、教育(知識)の獲得に欠陥がなく、経験が十分で、技能に習熟(skill puoficiency)している。そして、精神的に準備が出来ている。まとめて、フィジカルフィットネスとレディネスが、ダイバーの安全に最も重要な要素である。
 @経験・知識に基づく判断力、A技能の習熟度、B身体的能力、C心の準備
 ソロ・ダイビングは、バディに頼らず、自分ひとりで危険を避けなければならないから、より高いフィットネス状況が要求される。
 ソロダイビングでは、浮上したときに潜り始めた時よりも波が高くなっていても、あるいはボートに戻ろうとした時に予想していたよりも強い流れに出会った時も、バディに相談できるわけでもなく、バディに曳航してもらうこともなく、自分一人ですべてを解決しなければならない。
 自分のスタミナがどのくらいあるか、自分の身体能力の限界がどの程度か知らなければならない。どうやってそれを確認するのか?
 自分の限界を知ること、 自分の強さと弱さを知ることが大事である。
 君は強いスイマーだろうか?
君のフリーダイビング能力はどの程度か?
 君のトレーニングと経験は、君がやろうとしているダイビングに十分だろうか?
 自問自答するリストは際限もなく続く。
 すでに述べた、海の状況の難易度、自己評価、自己規定、と照らし合わせて判断する。もしも、自分の判断でトレーニングが不足であると思えば、資格のあるインストラクターから指導を受けなければならない。フィトネスが不十分であれば、鍛えなければならない。
 未知の場所に潜る時、新しいスタイルのダイビングをしようとする時、慎重に熟知したダイバーと一緒に潜らなければいけない。読んだ知識、聞かされた話だけに頼るのは賢明ではない。
 
 鍛えるということは、口で言うほどたやすいものではない。フィットネスについては、たくさんの良い本がでているから参考にすることができる。フィットネストレーニングは、毎日、少なくとも20分は行わなければならない。

ソロ・ダイビング 12

 フィットネスについて
 
 ※当たり前のことが書いてあるだけであるが。

 Swiming
スクーバダイビングは、水中での活動であるから、水中で行う運動が薦められる。
 もっとも良く知られている水中運動は水泳である。水泳は耐久運動である。そして、循環器系のためによいと推奨されている運動として知られている。これは、ダイバーにとってもっとも重要なである。循環器のフィットネスを増強させることは、疲れを少なくし(耐久力をつける)空気消費量を小さくする(潜水時間が長くなる)そして、最近の研究結果では、窒素酔いに対する耐性も増強されると言われている。
 水泳は、スタミナとエアロビクス能力を高め、ダイバーの安全性を高める。
 BC.を使う最近のダイバーは、泳ぎが下手になったと言われる。良いスイマーであることは、スクーバダイバーにとって大切なことだと信じている。しかし、そのことは、よいスイマーがすべてよいダイバーであるということではない。自立したよいダイバーがよいスイマーであるとは限らない。
 自分の家にプールを持っていなかったとしても、近くにYMCAや、ヘルスクラブのプールがあれば、水泳の練習をすることができる。また、いつもダイビングする場所に近いならば、そこで水泳を練習することもできる。

 ※、アメリカでは、バックヤードにプールを持っている家が普通にあるのだ。それにしても、自分の庭のプールでは、ダイビングのためのスイミング訓練には、小さいかもしれない。

 Free ,Skin,and Breath-hold Diving
 フリーダイビング、スキンダイビング、息こらえダイビングもスクーバダイビングに密接に関連する水中運動である。
 フリーダイビングは、スイミングと同様に耐久運動である。使われれいる器具は地域差によってさまざまであるが、基本的にはマスクとフィンである。ウエットスーツ、ドライスーツ、ウエイト、ブーツ、そしてスノーケルをつかう。(マニュアックなフリーダイバーはスノーケルを使わないが)時にBC.を使うこともある。
 フリーダイビングは、スイミングと同様な意味で、推奨されるが、スイミングがプールだけで行われるのに対して、フリーダイビングは、スクーバダイビングと同様に海で行う。フリーダイビングは、エアロビック能力を高めるだけではなく、スクーバダイビングを行う環境である海に慣れ親しむこともできる。
 またフリーダイビングは、潜って良い、セフティリミットを深くすることができる。そして、自立するダイビングに重要な、水なれを competence することが出来る。このことはソロ・ダイビングに重要な要素である。

 ※ ここでは、フリーダイビング、僕たちのいうスキンダイビングであるが、スクーバダイビングを行うための絶対条件とはしていない。フィットネスのために必要としている。フィットネスは、ダイビングのために重要な条件ではあるが、僕たちがダイビングを習い始めた時のようではない。ソロ・ダイビングには、フリーダイビングは必須であるが、一般のレジャーダイビングにとっては必要としていないと考えているのだろうか。僕は一般のレジャーダイビングもソロ・ダイビングもない。みんなスキンダイビングのトレーニングは必要、スキンダイビングがスクーバダイビングの基礎だという考えは一つの信念になっている。


 Eric hanauer 1990年のディスカヴァーダイビング誌に書いている。
 フィットネスは、強さ、スピード、柔軟性、エアロビクス(有酸素運動能力)から成り立っている。中で、特にエアロビクスは、ダイバーにとってもっとも重要である。波打ち際を抜ける時、強い流れに逆らって泳ぐ時、空気が無くなってしまって、長い距離をボートまで泳がなければならなくなった時、などに要求される。基本的に、45秒以上続ける運動はエアロビック能力を増強することができる。大部分のダイビング活動は、45秒以上続くので、耐久力は、スピードよりも重視される。

 脈拍数を最大の80%に維持して20分以上継続する運動によって、耐久力は改善される。
それは、一定のペースを保って行われる水泳、ランニング、エアロビクス、自転車などの運動によって達成される。許容される最大脈拍数は、220マイナス年齢である。したがって、30歳であれば、190であり、その80%は、152である。これは一般の数値であり、l個人差があることは言うまでも無い。

 Contraindication to SCUBA Diving スクーバダイビングの禁忌
 Smoking  喫煙 Obesity  肥満
 Alcohol Abuse アルコールの濫用
 Drug Abuse   薬物依存
 Stress   ストレス