Dive Management Guideline

  昨日の調査ダイビング、二人で出かけているし、二人で水に入っているが、水中ではほとんど別々に行動している。透明度が1m以下、底うねりで身体が大きく振られている状態では、バディ・システムは成立しないし、危ない。
 海が悪い時に別々なのだから、透視度が良く、静かな時でも当然、一人で作業したり、二人の人手が必要な時は二人で作業する。例えば、一人が枠を持ち、海藻にかぶせる。もう一人が、枠の中の海藻の本数を数えて記録する。そして、上から撮影したら、次の地点に移動する。
 一人で済ます作業、例えばスチルの撮影とか、ビデオの撮影は一人ですませる。
 それでも、だいたいはどこに仲間のダイバーがいるかは、だいたいの検討はつけているが、もしも何かがあってもバディを探して助けを求めるようなことはあり得ない。水深が最大で16m、平均では8−10mだ。バディを探す何十分の一かの努力で水面に頭をだせる。水面にはボートが待っている。30秒以内で、ボートにつかまれる。
 それでもバディ・システムは、バディで潜らなければならない立場のダイバーにとっては鉄則である。僕たちのようなダイバーとどこで線を引くのか、またどのようにすれば、ソロで潜れるのだろうか。これはマネージメントの問題になる。

  誰がソロ・ダイビングで潜ってよいか? プロならば良いというのが僕の考えだ。
 プロとは何かと言うと、他に生きる道がない者、それにすべてを賭けている者、のことだ。いくらダイビングが上手でも、研究者はダイビングのプロではない。言うまでもなく、レジャーダイビング、スポーツダイビングでも、他に生きる道がある者はプロではない。
 そこで問題になるのは、プロではないスポーツインストラクターの場合だ。必ずバディ・システムで、例えば、インストラクターとガイドダイバーとか、インストラクターとアシスタントとか、二人一組で指導する。もちろん、プロのインストラクターであり、お客が危急の際には命を賭ける気持ちであれば、ソロでも良い。
 しかし、一人のインストラクターが指導している状態と言うのは、実質的にすでにソロなのだ。カメラマンがカメラで撮影するという行為の代わりに、初心者を引率しているわけで、たしかに初心者とは言え、何かの時には助けてくれるだろうが、助けてくれなかったとしても、文句はいえない。
 リサーチダイビングとインストラクターの両方をやっているダイバーが多い。もちろんガイドダイバーの多くはリサーチダイビングができるし、仕事にもしている。ほとんど全部ソロだと言ってまちがいない。よく素人のレジャーダイバーが、ソロをやっているがこれは馬鹿だとは思うけれど、僕も馬鹿だから仕方がない。となると、絶対にソロが許されないダイバーは、まず、学生、研究者、命を賭けてはいけない一般のダイバーとなる。


The Ostridh Syndorome

 ソロダイビングを支持する人に質問してみる。「スポーツダイビング業界では認められないソロダイビングを、インストラクターとして認めるのか?」
 ボブディランの歌に、「規則に縛られないで正直に生きたい。」説明を加えると、スポーツダイビングについての規則は、明確でもないし、常に妥当というわけでもない。
 原則に従えば、ソロで潜ろうとは思わない。だから、ソロダイバーはアウトローだと思っている。それはただ、自分に正直であるだけである。
 現在のスポーツダイビング業界は、言ってみれば、オストリッチ症候群とよばれているような状況に直面している。オストリッチ、ダチョウは、狼狽したり、トラブルに直面すると頭輪を砂の中に突っ込む、スポーツダイビング業界のリーダーと目されているひとたちも、同じようなものだ。この非合理的な考え方で、ソロで潜ろうとするダイバーは、認められない。
 Dive Planning Rures
 スクーバダイビングには、守らなければならない、たくさんのルールがある。とりわけ単独で潜ろうとする場合には、守らなければならない。
 誰でも知っている原理として、常に呼吸を続けること、また、同様に、自分の吐き出す気泡の一番小さい泡よりも早く浮上してはいけないというのもある。これらは、初心者講習会の早い段階で教えられる。
 以下に示す二つのルールは、それほど広く知られてはいないが、重要である。特にソロダイビングでは重要なルールである。
 このルールは石に刻んでおかなければならないほど重要だ。
 ルール1
 フリーダイビングで潜れる深さの2倍以上の深さに潜ってはいけない。
 ルール2
 エキジットしようとするポイントまで、フル装備をつけて水面を楽に泳げなければならない。
 インストラクターは、スポーツダイバーの深度限界は130フィートだと教える。テキストにもそう書いてあるだろう。しかし、そのテキストには、バディと一緒に潜ることで安全が保たれるとも書いてあるはずである。
 ルール1で示した深度制限に留まれば、安全である。ダイバーはエア切れ事態を想定しなければならない。
 ESA Emergency Swiming scent を行わなければならない。フリーダイビングで潜れる2倍の範囲に留まっていれば、安全にESA で浮上することができる。そして、この範囲であれば、安心していられる。
 スクーバダイバーとして自立する適性と能力は、フリーダイビング能力に直接的に左右されると、いつも教えている。つまり、
息こらえ潜水の能力のあるダイバーは、その能力のないダイバーよりも優れたダイバーになれる。
 
  ※ ダイビングをならい始めた頃、50年前だから、1950年代だけれど、素潜りで潜れる深さまで、スクーバで潜ってもよいと教えられた。残圧計もなく、時計も水密はロレックスだけの時代だ。タンクの空気は何時でも、なくなるまで吸っていた。そんな時代である。
 今はコンピューターもあるし、もちろん、残圧計がついていないレギュレーターはない。しかし、それはエア切れになりにくいということであって、エア切れに名ってしまえば、昔も今も変わらない。息を止めて落ち着いて行動できる時間の長さが生死を分ける。もしも、空気がこなくなっても、あるいは、何事かが起こっても、楽に水面まで上がれるという自信がパニックを防ぐ。
 今でも、水深30mを越えると、何かの時に水面まで上がれるだろうかと不安になる。25mあたりまでならば、何の心配もしていない。
 垂直に何メートル潜れるかを、スクーバで潜れる深さの基準にしようと、ソロダイビング」では述べているが、水平に何メートル潜れるかを基準にする方が良いと思っている。垂直に潜る深さは、耳抜きの問題もあるし、肺のスクイズの問題もある。水平ならば純粋に息を止めて活動できる時間になる。
 水平に25mは、ダイバーとしての必要最小限だろう。
 50mを目標にさせると、一般のダイバーには、危ない。特に高齢者には無理をさせると危険である。
 水平に25m潜れれば、水深25mまでは大丈夫、僕は今、水平に40mまで潜れるから、水深40mまでは大丈夫と思っている。 窒素酔いの問題もでてくるから、水平40m潜水、スクーバでの水深リミットを40mとするのが良いと思う。
 
 本文にもどろう。
 このソロダイビングと言う本、表現が簡潔でない。
 でもそれは、僕の書いている文章も同じで、技術に関することは、ストレートに書けば良いのに、なんとなく、周辺のことから説明を始めたり、たとえ話のような表現をしたりしてしまう。
 とにかく、オストリッチ症候群とか、英文で持って回った表現をされると理解できなくなってしまう。
 本文にもどる。

 第二のルール、エキジットする地点、つまり戻るべき基地だが、基地からスクーバ全装備をつけて、水面を楽に泳いで戻れる距離以上に離れてはいけない。これはだれでも知っているというルールではないが、特にソロダイバーにとっては、大事なガイドラインである。水中でも、水面でも、ダイバーがなにかトラブルを起こしたとき、できるだけ急いで水から上がらなければならなくなる。迫っている危険の度合いにもよるが、バディはいないし、とにかく、楽に泳ぎきれる距離いないに居たい。もしも、ルール2の距離よりも離れていれば、水から上がらない前につかれはててしまうだろう。
 ルール2の範囲に留まるためには、いくつかの基本ルールがある。もっとも重要なのは、エキジット地点と適切な距離を保つ、つまり、あまり離れないでいられるナビゲーション能力である。流れや波は、コースをはずれる原因になる。流れと波を読まなければならない。潜る地点について良く知っているかどうか、その海域に詳しいバディが居るならば、助けになるのだが。
 ルール2の方が、準備と計画が要求される。特に一人で潜る場合には重要である。

 ※このごろあまり、というよりほとんど経験しないのだが、魚突きをやっていた20代の昔は、潜っていて水面にでたら、岸が遠くて、自動車はマッチ箱、人間はアリのように見えるようなことがあった。たいていの場合一人で。さすがに、おそろしくなった。パニックとは、「お家に帰りたい症候群」だなとおもったりした。東伊豆では、流されて隣の町からバスで戻ってきたこともあった。
 新島から流されて房総半島まで来たダイバーも居た。僕は東伊豆で流されたから隣の町ですんだけれど、島だったら房総まで流される。
 パラオでも、インドネシアでも、グループで流されて、多人数が死んだ事故があった。二つの事故とも、ガイドダイバーだけは、泳ぎ抜けて助かっている。
 こんな時、一人だったら助かったのに、グループで弱い人がいたから一緒に流されて死んだ。と考えたりする。
 最近のレジャーダイビングのツアーでは、岸からのエントリーでは、80で戻りかけて20ぐらい余してもどれるところまでしか行かない。浮上して水面を移動していると、事故だと思われてしまう可能性がある。基地まで水中を泳いで戻ってきて20ぐらい余す。