Air Mnagenent
 ほとんどのダイバーにとって、空気管理とは、残圧計に注意していて、500ポンドよりも下がったら、浮上することである。
 500÷14.7=34
 残圧30で浮上すれば良いわけだ。

ソロダイビングでは、もう少し、厳密な空気管理が要求される。
 
 タイプのちがうダイビングでは、それぞれ別の空気管理が行われる。
 ケーブダイビングでは、空気の1/3が消費されたら、引き返さなければならない。1/3でケーブの外にでる。残りの1/3は、緊急用である。
 沈船ダイバーも彼らなりの空気管理のフィロソフィーを持っている。
 一言でいえば余裕を持つことである。 Cthie Cush は、東海岸の沈船ダイバーでありライターであるが、このことについて述べている。

 Tダースほどのダイバーが、中部大西洋の沈没船に降りているアンカーラインにとりついて潜って行く姿を見ると、シングルタンク、ダブルタンク、古いタイプのタンク、新しい充填圧の高いタンク、ポニーボトル、manifolds(二本タンクの連結管)cheater bars
 あらゆるタイプの空気供給源を持ち込んでいるのが見られるはずである。空気が充てんできるものならば、何でも持って行くみたいだ。

※アメリカ人ダイバーは、洞窟潜水、沈船潜水が好きである。どちらも彼らの冒険心を刺激し、満足させる。洞窟潜水はテクニカルダイビングを生み出したし、沈船ではアンドレア・ドリア号が有名である。このようなダイビングについては、「ラスト・ダイブ 沈黙の世界に挑んだ父と子、その栄光と悲劇:バーニー・チョードリー著 光文社刊」が面白い。アメリカのダイバーの馬鹿さ加減がよくわかる。僕も、洞窟では、竜泉洞で80m近くまで潜ったし、沈船では、相棒の吉村朝之とトラック島で全ての沈船を潜りつくした。吉村は、世界的な沈船ダイバーであり、著書に「トラック大空襲・光文社刊」がある。僕の冒険については、すでに本にまとめて、原稿を預けてあるが、まだ出版するという便りがない。多分、まじめに書きすぎたからだと思う。もっと冒険的な要素を強調して、書けばよかったと反省している。僕も本当に馬鹿だったのだから。
 その馬鹿な僕たちでも、トラック島の沈船、水深70mに沈む駆逐艦「追風」に潜る時には、大変だ。なお、この追風は、吉村が、自費で、何にもならないのに、捜索して発見した。ダイビングショップ、ブルーラグーンの協力は得たが、(ガイド料金はきちんと払って)独力で発見した。世界に誇れると思うのだが、日本人で知る人が少ない。
 その追風に潜る時の空気管理だが、僕たちの場合はシンプルだ。一直線に潜る。その後を別のタンクを持ったガイドがついてくる。船の甲板の上に予備のタンクを置くと、ガイドは20mほど上に待機する。透明度が良いから、駆逐艦のほぼ全体が、20m上方からは見渡せる。空気が無くなる前に予備タンクまでもどり、それで浮上する。なお、甲板に置いた予備の他に、もう一本ガイドは予備をもっている。ボートからは、別の予備タンクが二本ほど束ねられて、水深8mほどのところに吊るされている。減圧停止のためのタンクである。減圧停止はおよそ1時間である。
 もしも、減圧症にかかったら、トラックには再圧タンクは無い。

 洞窟、沈没船ダイバーの他、サーチ&レスキューダイバーチーム、軍隊のダイバー、調査ダイバー、作業ダイバーなどもそれぞれ忠実に守っている空気供給と管理法則を持っている。どのようなダイビングをするかによって、その分野でのエキスパートダイバーと連絡をとり、どのような空気管理がなされているか確認しなければならない。
 ここで述べるガイドラインは、洞窟潜水、沈没船の中に入ってゆく潜水、深い潜水、その他、リスクの高い活動と目されるダイビングについては適用されない。
 浮上時に残す空気圧は、洞窟や沈没船ダイビングだけではなく、普通のダイビングでも重要である。緊急の際にバディの空気を頼ることもできない。ソロでは、バックアップ空気源が必要である。

 このあたりで、参考にしている「Solo Diving」のデータを再確認しておこう。
  著者は、Robert Von Maier アマゾンで中古で1400円ぐらいである。
  中古がたくさん出ているということは、日本でも読んでいる人が多いのだと思う。
  議論するようにしながら読んでいるから、僕と意見の違うところも多いけれども、良い本だと思う。

 水面まで浮上するためにどのくらいの空気を残しておけば良いかの表が示されている。
 この数字は最小限度のものであり、低水温、うねり、流れ、激しい運動の場合には、より多くの残量を必要とする。この数字は、タンクの大きさに関係なく使える数字である。
 浮上の上昇率は、毎分60フィートとして、セフティストップに使う空気も含まれている。
 ※、タンクの容量に関係なくと言われても、信じがたい。英語に自信が無いから、語訳かと見直したが、表には何もタンクの容量は書かれていない。8リットルでも12リットルでも大差はない。なんて言えないが、目安としては使えるかもしれない。
 なお、アメリカの圧力表示は、psi ポンドパースクェアインチ で、14.7 psiが1気圧、1キロである。最近使われている Mpa.になったら、もう、僕の頭はパンクする。国際単位などとたわけたことを言わないで、ポンドとフィートで押し通すアメリカは偉い。
  水深            残圧
 0−50フィート 0−15m   35キロ
 51−60    15−18m  40
 61−70    18−21m  47
 71−80    21−24m  54
 81−90    24−27m  61
 91−100   27−30m  68
101−110   30−33m  74
111−120   33−36m  81
121−130   36−39m  88
131−140   39−42m  95
141−150   42−45m  102

 ※ このように数字を並べてみると、ええっ という感じになる。
   大瀬崎の先端に行って、45m潜るとする。水面から45mまで3分で行く、残圧計は、170ぐらいだ。数枚撮影をして、上がり始める。途中で残圧計を見ると、100ぐらいである。この程度なら無減圧なのだが、20mぐらいからはゆっくりゆっくり上がる。7mのあたりで5分ぐらい遊んで、あがると残圧は60ぐらいである。
 102という数字は合っている。
 20mから上がるのも、40は残して浮上しないと、安全停止はできにくいだろう。たぶん、安全停止をして、水面で20ぐらいのはずだ。
 浮上に必要な残圧の見当をつけるには、良い表だと思う。