はじめに


さて、
Solo Divingという本だが、ペーパーバッグで120ページ、Rovert von Maier という人が著者で、20年のダイビング経験、5000回潜水して、1000人ぐらいの人をインストラクターとして教えたダイバーで、他にも、デープダイビングの本、沈船ダイビングの本も書いている。とあった。

送料も入れて3000円ぐらいだった。

 アメリカでは、どんなことを考えているのだろう。ソロ・ダイビングという言葉もアメリカがルーツであるようだ。この本を読みながら、バディシステムと、ソロ・ダイビングのことを考えよう。

 

まず、誤解の無いように、書いておくけれど、バディシステムを否定しているわけではない。と書かなければならないほど、バディシステムは大事だと刷り込まれている。

 水中は、声も聞こえず、見通しもきかない。バディシステムの維持は至難のわざだ。バディシステムを完全に成立させ、維持するためには、ルールとシステムが必要であり、それが完全に守らなければバディシステムは維持できない。

 千変万化する自然、ダイビングの目標も様々、人もそれぞれだ、通り一遍のルールでは守れないだろう。だいたい、ルールというものは破られるもの、ダイバーは、ルールを破ることが大好きだ。さあ、どうしよう。

 バディシステムは、ソロ・ダイビングと並行して、考えて行かなくてはならないと思っている。
 とにかくソロ・ダイビングの本を読むことに向けて離陸しよう。

 

まず、この本の裏表紙

副題に、The art of underwater Self-sufficiency と書いてある。水中で自立する技術 とでも訳そうか。

 「安全に潜るために、水中での危機を避けるために、すべてのレベルのダイバーは、自立したダイバーになるべきである。」

 括弧は訳した部分である。

 これまで僕たちが使っていた日本語では、「一人前のダイバー」である。自立したダイバーの方が良いかも知れない。最近では自己責任のことをセルフなどと読んでいるダイビングスポットもあるようだ。

 本の内容だが、

「バディシステムの長所と短所を考える。

そして、なぜ一部のダイバーは一人で潜るのか。

自己評価 健康診断、フィットネス、マネージメント、エア切れの対処、保温、浮上、難易度の高いダイビングなどについて触れる。」

 

 この、ソロ・ダイビングと言う本、タイトルから考えて、当然だが、まず、バディシステムに疑問を呈している。

 僕は、バディシステムは、絶対に必要と思っている。バディシステムを論じるために、ソロ・ダイビングとはどんな考えなのか知ろう。その視点で、ソロを考えている。

 前書きを読んだ段階でも、僕の意見を述べておこう。

 

 まず、バディシステムで潜ったら、まったく安全と言うわけではない。バディシステムのためにかえって危ない場面もある。しかし、だからと言ってバディシステムは、不要と決め付けてはいけない。

ダイビング事故の一つの特色だが、天気も良く、透明度も悪くない。波も流れも無い。そんな時に何かの原因で、ダイバーが亡くなる。理由は本人でなければわからないが、バディが居れば、そのバディがたとえレスキュー資格が無かったとしても助けられたに違いないと思う事故だ。事故の原因は、単純にバディシステムから離れたからだ。ソロで潜っていたからだとも言える。

 逆に、厳しい条件の海だったならば、高い波、強い流れ、特別深く、60m以上に潜るとき、バディは、僕を助けてくれない化も知れない。僕もバディを助けられないだろう。そんな時は一人で潜った方が良いのだろうか。そんな時は、僕を助けてくれる屈強で、キャリアのあるダイバーを探してアシストにする。プロのダイバーは、危ない仕事をする時には、必ず良いアシスタントを探す。彼の役割はただ一つ、僕を助けることだけだ。ほかの事は何もしなくて良い。

 僕が普通にソロで潜る時は、まず、波が穏やかである事、そして、上に船外機付きの小さいボートに付いてもらう。信頼する船頭に僕の気泡を追ってもらう。何とか水面まで上がれば、必ず助けてくれる。

 下手くそどうしだったらどうする。どうにもならない。インストラクターなりガイドダイバーなりに、救助とリードを任せて、いわゆるガイドダイビング、僕の表現では、フォーメーションシステムで潜る。上手になるまでは、これで潜るしかない。


 Buddy 英和辞書をひくと、(男の)仲間、相棒 米国のスラング、略式の言葉
と出てくる。
英英で見ると、「a system in which people in a group are put in pairs to keep each other safe or to help each oteer 」 つまり、危険に対応するために二人一組で動き助け合うこと、だろう。

 訳文がこなれていない事は、ご容赦ください。下書きのようなものです。。

「ソロダイビング」

第一章

創世記
子供の頃、みんなで一緒に居れば安全だと教えられたことがあります。
 なにか悪い事をして、校長室に呼び出された時、だれか同級生で共犯者が一緒だと、気が楽になったものです。
少なくとも一人で呼び出されて行くよりは良かったはずです。
 やがて私はスクーバダイビングの魅力にとりつかれ、
みんなでやれば怖くないという古い原に、もう一度出会う事になります。

スクーバダイビングで教えられたバディシステムという考え方のルーツは、決して一人で泳いではいけないという古いYMCAの教えにあるようです。
 もう一つ 軍隊でのダイビングにその根源があるというの説明もあります。

 かって、軍隊の潜水は、ネイビー、マークXのようなヘルメット式の送気式の潜水器、で行われていました。
 スキューバが使われるようになり、テザーケーブルとかアンビリカルと呼ばれる送気ホースや、通信のケーブルが使われない場合、つまり、送気式ではなくて、スクーバでは、バディシステムが実施さるようになった。

 私は、アメリカ合衆国、および英国の引退したダイバーに聞いたところ、彼らは、トレーニングされている間、自分の安全についてバディに頼れと教えられた事は無かった、と言います。
 一方、、私たちは、まず最初に、私の仲間が私の安全のために必要であるだけでなく、一人になることが、事故の原因になると教えられています。

 危急の際にバディがどこかに行ってしまっていたら、どうしたらよいのだろう、?
 さて、私は規則にしばられることの間違いに気づきました。
 ダイビングを繰り返し、年月がたつうちに、一度ならず、バディが必要になる事態に遭遇しました。
 私は時折バディとダイビングをします。信頼でき、自立したダイバーであり、彼らの安全について、頼られる事がないダイバーと一緒に潜ります。

 ※僕の訳が悪いのかと、眼をこすった。この著者は、ダイビングのことをまるで知らない。米国海軍のダイビングマニュアルさえも、しっかり読んでいないのではないかと思うほどだ。
 昔のYMCAにバディシステムのルーツがあるというけれど、なにか根拠があるのだろうか。昔から、戦闘は、二人一組になって、一人と戦えば勝つに決まっている。空軍の空中戦だって、アメリカ空軍もドイツ空軍も二機編隊で戦った。
 潜水も小戦闘だから、二人一組で戦う。
 米国海軍のヘルメットダイバーのことがかかれているが、送気式の潜水では、もとより、スクーバのようなバディがあるわけではない。二人で接近して潜れば、ホースが絡み合うので、難しくなる。
 バディがどこかに行ってしまったらどうしたら良いのだろう。など、今頃の気の利いたインストラクターならば、そんな事を言ったら場家にされる。

 第一章の最初からこんな出だしでは、訳を続ける気力が無くなるが、まあ、アメリカ人の程度の低さ、がわかるし、せっかくだから続けよう。

 しかし、丁寧に全部訳すのはほとんど意味が無い。要点だけを意訳することにしよう。
 

 

 状況判断
 技術レベルが高く、能力があり、他を頼らないバディと一緒に潜れば、一人でもぐるよりも、安全度が高くなることは間違いない。
 水中環境で自立するために必要な技術を持たず、信頼できないのならば、さらにトレーニングが必要であり、講習も必要である。
 資格を取ったばかりのダイバーに、アンドレア・ドリアー号(有名な沈船ポイント)に潜らせることなどできない。
 経験豊かな沈船/大深度ダイバーは、一般のダイバーならば禁止されるような、深さと難しさのあるダイビングでは、適切なバディを見つけることは、とても難しい。慎重にソロ・ダイビングを行うことの方が良いと言います。足てまといなバディならば、一人の方が良い。
 
 ケルプダイビングや洞穴潜水の場合には、知識のある適切なバディを探す必要があるが、まず、そのバディと一緒にトレーニングをしてみて、メンタルな面も確認しておかなくてはならない。
 状況によってはソロダイビングの方が良いということは明らかなのですが、それが、どんな状況なのかと言うことは簡単には決められない。
 スポーツ潜水は、内在する危険の程度、そして、安全に目標と達成するために、どのような技術、また特別なトレーニングが必要であるかに基づいて、三つのカテゴリーに分類できる。

 下記の分け方には必ずしも賛成しないが、考え方としては面白い。
 
Low-Risk
低い危険性 
潮流、海流、打ち寄せるうねり、波浪などが少なく、波の打ち寄せる鋭い岩礁もなく、危険な生物も居ない、危険の少ない海域でのダイビングであり、岸からのエントリーが安全にできて、長い距離水面を泳がなくても良い。もちろんボートからのダイビングでも良い。
出来れば、定期的にライフガードが巡回していれば理想的である。水深は12mを越えない。

Moderate-Risk
岩礁、リーフ、ケルプの状況が通常であり、打ち寄せる波、うねりも穏やかであり、様々な種類の海の生き物が多く、浅い深度の沈船などがあり、岸からの泳ぐ長さはある程度あっても良い。もちろんボートダイビングでも良い。低い危険性であるダイビングよりも若干遠くても良い。
水深は18mを越えない。
この海域で安全に潜水するためには、低い危険性の海域よりも高い水準のセルフ・サフィシェンシイの度合いが、技術、経験が要求される。

High-Risk
危険なポイント
危険要因のリストは、広範囲にわたる。洞穴、急峻な海底渓谷、深い岩礁、沈船は言うまでもなく危険が大きい。ハッチが封印されていなかったり、通路があったり、ケーブルが絡んでいたり、爆弾が残っている。など浅い水深の沈船でも、危険な場合もある。
深い沈船への侵入は、特に訓練されて経験豊かなダイバーだけに許される危険な活動である。
 潜在的に危険である動物と故意に接触することも高い危険性がある。
 強大な力を持つうねり、高い波浪、予測できない強い流れも危険が大きいし、アイスダイビング(極度に冷たい水中に潜る事も含めて)も危険である。高所潜水、その他、さまざまな局所的な危険がある。
 60フィート(18m)を上回るダイビングは、状況によっては、いつでもリスクの大きいダイビングだと思わなければならない。セルフサフィシエントの程度、技術と経験の差がものをいう。

 しかし、危険度のランク分けは、自足、技術と経験の程度で大きく左右される状況です。セルフサフィシエントの程度の高いダイバーならば、危険が少なく、自立していなければ、低い危険度の場所でも危険が大きいということです。
 したがって、危険度のカテゴリーは、固定的なものではなく、低い危険、中程度の危険、高い危険の単なる例と考える。
常識は、非常に大切なキーワードです。
低危険場所であっても、バディを必要としないということではありません。


 
 「Solo Diving」にも、self-sufficiencyと言う言葉がたびたび出てくる。
underwater-self-sufficiency どのように訳したらよいのだろうか。英和では、自給自足 自信という言葉が出てくる。
 自己責任のダイビングとか、直訳で自分ですべてをやるダイビングとでも言おうか。
 スクーバという言葉そのものが self contained だから、自分の責任で、自分のすべてをやることが、当然なのだが、現在の日本では、他からの安全管理が得られて当然という風潮になっている。
 日本でもセルフダイビングという言葉が使われている。ガイドダイバーとかインストラクターに引率されて、潜水するダイビングをガイドダイビング、自分たちだけで、たちというのは、最低単位が二人だからだが、自分たちだけで海に行き潜水することをセルフダイビングと呼んだりしているらしい。まだ言葉として確定しているわけではなくて、どこかの誰かが使っている言葉だから、らしい、と書いた。
 潜水は危険な活動だから、安全管理を必要としていてるのだが、スクーバは、どうにも安全管理ができない。だから、安全管理が必須である業務では、デマンドバルブを付けたフルフェースマスクにホースで送気するフーカーが主流になる。スクーバは、危なくて使えないというのが作業ダイビングだ。
 その危ないスクーバでなければできない調査活動とかスポーツをやろうとするのだから、自給、自己コントロールは当然なのだが、それが他者の責任になっている。
 他力本願が普通になってしまっているから、本来原則であることをことさらに、セルフと呼ばなければならない。
 
 
  Self Evaluation:自己評価  この本は、やたらにセルフという言葉が出てくる。

「 self-sufficiency へ至る道は、全てのダイバーについて一様ではない。あるダイバーには、なぜか生まれついての才能がある。水の中での行動がすべて、容易に出来てしまう。センスの無い人にとっては、ダイビングはそれほど容易なことではない。
 
 ダイバーを観察すると、自立どころではなく、基本的な技術をやり直さなければいけないように見える人も少なくない。
 ダイビングを安全に行うためには、特にソロダイビングの場合には、次の質問を真剣に考えなくてはいけない。
 1)このダイビングの危険性はどこにあるだろうか。バディは、このタイプのダイビングになれているだろうか。この地域、ここの海況になれているだろうか。?
 2)信頼できるバディが必要であるならば、彼にとっても自分は信頼できるダイバーであるだろうか?
 3)もしもソロで潜るならば、自分のフィジカルな能力、技術、トレーニング、経験(これがセルフサフィシエントの物指しであるが)を考えて、この潜水を安全にできるだろうか?
 4)特別な道具は、用意しなくて良いだろうか?(ライト、ライン、マーカーブイ等)
 5)このダイビングを安全にやり遂げるために、何か付け加えて考えなくてはならない事があるだろうか?」

 ソロ・ダイビングの本なのだが、バディが信頼できるかとか、自分はバディにとって信頼に値するだろうかとか、書いている。要するに信頼できなかったら一人で潜れと言いたいのだろうか、よくわからない。
 
 僕は、離れ離れになってもパニックにならずに平然としていて、できれば水中で再び一緒になり、一緒になれなくても自力でベースにもどれるダイバーが、二人一組で助け合うのが、バディ・システムであると思っている。ソロダイバーが二人でバディシステムだ。けれど、この「Solo Diving」には、そんな風には書いていない。ソロはあくまでもソロであり、バディ・システムはキャンセルしている。
 信頼できなくても、信頼されなくてもバディで潜らなければならない。出来れば、信頼できないダイバーとはバディでもぐりたくないが、僕がバディにとって信頼できるかどうかは、よくわからない。フィジカルな能力としては、信頼してもらっては困る。フィジカルで至らない部分をメンタルで補おうとするのが、年老いてしまった僕のスタイルだ。
 
 Self-Regukation:自己規定

 自分の規定を持っていれば、虚勢を張ることが無くなり、バランスの取れた考え方に変わる。
海が厳しくて、潜るべきかやめるべきか迷う時、、「結果はわからないがとにかくやってみよう」と言うのは悪い答えであり、結果がわからないことをやるのは間違っている。
 船酔いがひどく、疲れ果てているのに、ボートを雇ってしまっているので、とにかくやろうとするダイバーが居る。船酔いと疲れの組み合わせは最悪の結果になりかねない。
 海況とは、波、うねり、潮流、透視度である。海況をチェックしたら、自分の状態をチェックして、ダイビングを決める。
 
 自己評価も自己規定も、スクーバダイビングのメンタルな部分だ。
 いろいろぐずぐず書いているが、こんなものは、海を前にした現場ではあんまり役に立たないな、などと考えてしまう。
 本当かどうかよくわからないけれど、このごろ、僕の信奉している考え方は、右脳と左脳の違いというか判別パターンのちがいである。右脳はイメージで覚えているから、とっさの判断に間に合う。左脳は言葉と文章で覚えているから、判断に時間がかかる。もちろん、右脳は間違いやすいから、いつもいつも、イメージで正しい判断ができるように訓練していなくてはならない。幸い?年をとってもイメージの方は忘れにくい。顔は思い出せるのだが、名前が思い出せないことがしょっちゅうである。