須賀略歴へ                       
 
    須賀次郎 個人年表
 ※ (  )は、自分がかかわったことではない。時代背景
1935  昭和10年  須賀次郎 誕生
1936  昭和11年  (2・2・6  事件)   
1943  昭和18年  (ジャック・イブ・クストーアクアラングのプロトタイプ製作)
1953  昭和28年  (ロバート・ディーツ:千葉県小湊でアクアラングを紹介)      
1953  昭和28年  (クストーのアクアラング開発ストーリー「海は生きている」刊 )    
1954  昭和29年  (小湊で学生実習事故発生(2名死亡)
1955  昭和30年  東京水産大学入学・スキンダイビング開始
1956  昭和31年  奄美大島でスクーバの体験・写真あり
1956  昭和31年  (クストーの映画「沈黙の世界」公開)
1957  昭和32年  (日本潜水科学協会 後の海中開発技術協会 創立)
1957  昭和32年  水産大学ダイビングクラブ創立
1959  昭和34年  東京水産大学増殖科卒業
1962  昭和37年  3月潜水士制度第一回試験 
1963  昭和38年  8月9日 千葉県館山で90M実験潜水
1964  昭和39年  読売ランドに水中劇場「竜宮城」オープン 水中舞台監督に就任
1964  昭和39年  (伊豆海洋公園(東拓海洋公園)オープン 東京オリンピック)
1965  昭和40年  5月 水中射撃連盟 神津島コンテスト
1966  昭和41年   7月 潜水指導書「アクアラング潜水」出版
1966  昭和41年  2月4日:全日空機羽田沖に墜落 航空局の依頼で水中現場写真を撮影する。
1966  昭和41年  (シートピア実験のため日本潜水科学協会は(社)海中開発技術協会となる。)   
1966  昭和41年  水中スポーツ連盟 八丈島スピアフィッシングコンテスト
1967  昭和42年  水中スポーツ連盟 大島スピアフィッシングコンテスト
1967  昭和42年  12月 日本潜水会創立
1968  昭和43年  (関東学生潜水連盟創立      小笠原変換協定)
1968  昭和43年  (7月雑誌「ブルーゾーン」創刊 編集発行人 野尻 純康)
1969  昭和44年  6月(株)スガマリンメカニック設立
1969  昭和44年  ロレックス杯水中スポーツ大会
1972  昭和47年  全日本潜水連盟設立        沖縄日本復帰
1972  昭和47年  水中写真の撮影 出版
1975  昭和50年  沖縄海洋博、スポーツ競技会 写真展
1976   昭和51年  スポーツダイビング入門出版
1980  昭和52年  釜石湾口防波堤調査工事、ヘリウム酸素混合ガスを使用して、水深70m、船上減圧潜水 を行う..
1981  昭和56年  岩手県竜泉洞探検 NHK特集
1982  昭和57年  流氷に初めて潜る。日本テレビ山中プロデューサーの番組
1982  昭和57年  福島県沼沢沼発電所取水口トンネルの調査工事、水深30m、長さ400mの行き止まりト ンネル。水温3度
1982  昭和57年  山中プロデューサーの木曜スペシャルで神の子池(鴨の子池)発見
1982  昭和57年  (PADI潜水指導協会、パディ・ジャパンとなる。)
1986  昭和61年  ニュースステーション立松和平と須賀潮美の番組始まる。
1988  昭和63年  社会スポーツセンターによる社会体育指導者講習始まる。
1993  平成5年   網走流氷館 ハイビジョンマルチの撮影
1993  平成5年   函館 昆布館 全天周イマジカビジョンの撮影
1994  平成6年   全日本スポーツダイビング室内選手権大会第一回
1994  平成6年   東京都立葛西水族園 3D立体展示映像「伊豆の海」撮影
1996  平成8年   2月 60歳を記念して水深100mへの混合ガス潜水を行う。
1996  平成8年   ダイニック天究館にて「日本列島水中の旅」スチル写真展開催
1997  平成9年   東京都立葛西水族園 3D立体展示映像「珊瑚礁の海」撮影
1998  平成10年  東京都立葛西水族園 3D立体展示映像「知床の海」撮影