トレーニングすることが基本的に好きな人は、ぜひ、辰巳国際水泳場で行われている練習会にお出かけ下さい。
練習会は辰巳国際水泳場の行事ではなくて、須賀次郎が日本潜水会というクラブ名で個人的に行っているものです。

 受付場所は、入り口を入って突き当りの階段を下りた階の丸いて―ブル付近です。
 21−22時の時間帯は遅刻すると入場できませんが、19−21時の時間帯の場合には、遅刻の場合、カウンターで「日本潜水会です」と告げてカードをもらって入ってきてください。
 
 
 費用は、

自分でフィン・マスク・スノーケルを持ち込んでのスキンダイビングは、2000円、スキンダイビング器材レンタルのスキンダイビングは3000円です。

21時から22時の1時間枠は1000円となります。

スクーバダイビングを希望される方は、別にご連絡ください。ご相談に応じます。
 タンク1本とレンタル器材を含めて6000円です。

 自分の器材(BCD、レギュレーター など)を持ち込めば4000円です。
 なお、スクーバダイビングは原則としてCカード保持者です。
 練習会そのものは、基本的にスキンダイビング.練習会ですので、事前にメールでご相談ください。
 Cカードを持たない方は、ご相談の上、別途指導料
2100円をいただきます。 

 
 
 器材の販売、大型店の安売りとおなじ価格にしています。
 フィンは使ってみてから決めるように薦めていますので、申し込んで頂ければ、フィンのサンプルをお貸ししています。 おすすめしているフィンは、ミュー、ワープ が中心です。

 水着などは

 自由ですが、長袖の水着ラッシュガードをお勧めします。
 冬は寒いので、ウエットスーツを着る方もおりますが、ウエイト希望の場合は、事前にメールで申し込んでください。有料、500円です。
 
 保険について
 絶対的な自己責任ですが、入会金をかねて、スポーツ安全保険に加入をお願いしています。
 4月1日から3月31日で、1800円です。途中入会はでも1800円で、3月31日更新になります。
 このプールはクラブ単位で貸切を申し込んでいますので、クラブである証としても保険に入っています。
 入会金はすべて保険代ですから、実質的に入会金はゼロです。

スキンダイビング、トレーニングプログラム

 

 練習会は、完全に自己責任です。

 練習もフリーですが、須賀がいつもやっているプログラムがあります。ご参考までに記しておきます。

 @ウォーミングアップ 400mフィン・マスク・スノーケルを着けて水面を泳ぐ。

  最初はゆっくり、最後の100mはダッシュします。

 Aスキンダイビング 5m潜って、水平に25m泳ぐ。

  須賀は歳ですから、最初は15mぐらいで浮上します。数回繰り返して、25mまで到達したら、この練習を終了します。それぞれの実力相応に潜って、無理をしないようにしてください。絶対に無理をしない、ということが自己責任です。5m潜って水平25mというのは出来なければいけないというものではありません。初心者で練習に来ている方では、スキンダイビングで5m潜れる人はほとんど居ません。無理をして鼓膜を痛めてはいけません。潜れなくて当然です。やっているうちに潜れるようになると思って下さい。

 ここまでで、だいたい25分です。

 このプログラムは、須賀の個人的な練習プログラムですから、これっでなければいけないということはありませんが、大体これまでのみんなの練習を見ていますと、最初は水面を泳ぎ、次に5m潜る、同じようなことをやっているようです。

残りの時間、それぞれのテーマで自由に泳いでください。初心者はバディシステム厳守です。


 この練習会では、特別な保険には加入しておりません。保険は受益者負担、参加者にアンケートを取りましたら、不要としう方が大部分でした。しかし、現在、加入の検討を進めてはいます。
 皆様の健康管理も含めて、すべてプールに泳ぎに来ている一般の方と同様、自己責任とさせて頂いています。現在の時点では、完全な自己責任です。お互いに仲間の様子を気遣って監視してくれていること、息を停止して底に横たわっている練習をしないこと、(呼吸停止してしまっていることがわからないから)25m以上の水平潜水をしないこと、無理はしないこと。くれぐれも安全第一で練習を楽しんで下さい。
 最近ではフリーダイビングの練習が他で行われるようになり、その技術の練習に来られる人も居ます。どんな練習をしても良いのですが、25mを折り返しターンするような練習、スタティックな息こらえ、例えば梯子につかまって息をこらえる、などをする方は、絶対に仲間と一緒に、バディを完全に守って、ブラックアウトしてから、数秒で水面にリカバリーできる態勢で行って下さい。絶対にプールガードに救助されるようなことが無いようにしてください。プールガードに救助されたりする事態が起こりますと、この練習会が続けられなくなる可能性があります。他にもこのプールを利用して、スキンダイビングの練習をしているグループもありますが、その人たちにも迷惑をかけることになります。もしも、一人で来られて、限界一杯の練習をされたい方は、主催者に知らせて下さい。できる限りのサポートをします。
 

  スクーバダイビング練習について


 @健康状態が、水準に達していない人
 Aフィン・マスク・スノーケルを着けての泳ぎが、一定の水準に達しない人
 B水中での潜水器材の取り扱いに習熟していない人
 C水中で浮力を調整して、中性浮力で水中に浮かんで静止できない人
  Dスクーバダイビングについての知識の獲得に熱心で無い人

 上のような人ののスクーバダイビングは潜在的に危険です。
 スキンダイビングについての制限条件はありません。泳げること、自分で自分の行動に責任を持てる人、ぐらいです。